【フェラーリ 458イタリア】ジャスティンビーバー仕様が競売に

この記事は2分で読めます

【フェラーリ 458イタリア】ジャスティンビーバー仕様が競売に

あわせて読みたい記事:【フェラーリ250GT SWBベルリネッタ】 価値は10億円?

あわせて読みたい記事:【ブルース・スプリングスティーン】愛車シボレーベルエアの落札額

あわせて読みたい記事:【世界で最も稼ぐミュージシャンランキング】現在でもあの人とは?

「ジャスティン・ビーバー」といえば、車マニアとしても有名なセレブアーティストですが、その「ジャスティン・ビーバー」が所有とされる「フェラーリ458イタリア」のカスタムマシンがオークションに登場予定とのことです。実は、これまでも「ジャスティン・ビーバー」は、ラッピングカスタムでこの「フェラーリ458イタリア」のカラーを変更していますが、今回の「最終カスタム仕様」では、ボディカスタムにおいて有名な「リバティーウォーク」のワイドフェンダーキットを装着しています。

今回の仕様カスタムは、「マットブルー」にボディペイント(ラッピング)しており、ホイールやドアミラーなどは、「グロスブラック」のカラーにペイントしています。

エアロにツライチで履かされているワイドホイールは、20インチの「フォージアート」製となっており、そしてミュージシャンらしくハイエンドオーディオを装着済み、とのことです。

カスタムの内容やスペックなどはまだ公開されていなものの、カリフォルニアで事故に遭い、リアを破損した経歴があることが公表されています。予想落札価格は公開されておらず、いったいいくらになるのかは不明ということです。ベースモデルの「フェラーリ458イタリア」に「ジャスティン・ビーバー」というプレミアムが10~20%乗るだけなのか、それとも完全に見境をなくしたリッチな女性ファンが相場を無視した入札を繰り返すのか注目されることでしょう。

なお日本においての中古車相場は、1998万円~2990万円となっております。

フェラーリ、V8のミッドシップモデル「458イタリア(ITALIA)」。スタイリングはピニンファリーナが担当。フロントノーズに装着される小型空力弾性ウイングレット、アンダーフロアのフラット化などにより、大きなダウンフォースを発生させ、また縦長の個性的なヘッドライト、フロントフェンダーのエアインテーク、3本センター出しのエグゾーストエンドなどが特徴的なデザイン。F430クーペの後継モデルにあたり、モデル名となる「458」とは、4.5L V8エンジンを搭載することに由来する。直噴ユニットとし、最高出力570馬力というパワーと環境性能を向上。ミッドシップに搭載し、2シーターベルリネッタ(クーペボディ)。トランスミッションには、デュアルクラッチ式7速2ペダルMTの「F1マチック」を採用する。ボディサイズは、F430クーペより長くワイドで、ホイールベースは延長されている。F:235mm/R:295mmの前後異サイズの20インチホイールを装着。

(出典:goo-net.com)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。