【カワサキ Z1000J】 ジェイソン「ERK キヨナガ」仕様

この記事は4分で読めます

【カワサキ Z1000J】 ジェイソン「ERK キヨナガ」仕様

あわせて読みたい記事:【旧車】カワサキ Z1000J:ローソンが勝利させたジェイソン

あわせて読みたい記事:【特攻の拓】「音速の四天王」が乗っている伝説と言われるバイク!

あわせて読みたい記事:「Kawasaki KZ1000S1」 アメリカ限定コンプリート

1981年に登場したのが「Kawasaki Z1000J / KZ1000J」であり、いわゆる「J系」です。日本国内仕様、ヨーロッパ仕様は「角」タンク、「Z1000R」と同様のデザインを採用しています。そして、アメリカ仕様「KZ1000 J1(1981年モデル) / J2(1982年モデル)」には、「丸」タンクが搭載されており、テールカウルはエンド部分がヒップアップしたデザインです。またテールレンズがクリアとスモークの2層構造になっておりコダワリのデザインです。ホイールは、7本キャスト、マフラーは左右2本出しにリバースコーンのデザインのものを装着しています。


「カワサキ Z1000J」:スペック

  • 全長×全幅×全高:2,240 × 820 × 1240(mm)
  • 車軸:1,525mm
  • 地上高:120mm
  • 車体重量:222kg
  • エンジン形式:空冷4サイクル並列4気筒 DOHC 2バルブ
  • 排気量:998cc
  • ボア × ストローク:69.4 × 66.0(mm)
  • 最大出力:102PS / 8,500rpm
  • 最大トルク:9.3kgm / 7,000rpm
  • サスペンション(F/R):テレスコピック / スイングアーム
  • ブレーキ(F/R):ディスク

「カワサキ Z1000J」の軌跡

「Kawasaki」は、「Z1000J」のエンジンを1981年モデルの「KR1000」レーサーに使用し、エンジンは最大出力:142psへとスープアップさせ、見事に世界耐久選手権のシリーズチャンピオンを獲得し王座奪還を果たしたのでした。なんとライダー部門では1位~3位を独占する快挙を成し遂げたのでした。

  • livedoor.jp 1
  • (出典:livedoor.jp)

また、アメリカの「AMAスーパーバイク」シリーズにおいては、輸出仕様のモデル名「KZ1000J」ベースのレーサーで「エディ・ローソン」がシリーズ戦に参戦し、4勝を挙げ、1981年シリーズタイトルを獲得しました。さらに1982年も参戦し連覇を遂げています。

  • blog.kcg.ne.jp 1
  • (出典:blog.kcg.ne.jp)

そして、この「エディ・ローソン」がチャンピオンを獲得したことを記念して発売されたのが、「Z1000R1」、つまり「ローソンレプリカ」です。また、こうしたモータースポーツの活躍によって、カワサキの1000ccレーサーには、「グリーン・モンスター」、「モリワキ・モンスター」と呼ばれるようになりました。


「カワサキ Z1000J」:「ERK キヨナガ」仕様

カスタムで多く見られるレーサーレプリカ仕様ですが、1980年代初等の「ローソンレプリカ(Z1000R)」は、旧車カスタムの代表格です。市販車での「ローソンレプリカ(Z1000R)」は、「カワサキ」が「エディ・ローソン」の1981/1982年AMAスーパーバイクチャンピオン獲得を記念して、それぞれの翌年となる1982/1983年型に市販した角タンクの「カワサキ Z1000R(Z1000R1とZ1000R2で、タンク上に記念ステッカーを貼付。ただし1983年型はエディ・ローソンの世界GP参戦によるヤマハへの移籍との関係でそのステッカーの文字も「スーパーバイクレプリカ」となる)」です。しかし、「エディ・ローソン」自身の1981年のチャンプ獲得時の愛機は、そのベースモデルとなる丸タンクの「Z1000J(当地ではZ1000呼称)」でした。さらに「Z1000S(Z1000S1)」は、1981年の「Z1000J(エディ・ローソン)」車のデッドコピーによって作られた市販レーサー(ローソンはほとんど使っていない)です。

そうした意味で、この「ERKキヨナガ」製の「Z1000J」のカスタムを見てみると、カラーリングも含めて1981年のローソン「スーパーバイク」レプリカと言うことができる仕上がりとなっています。丸タンクに濃いめのライムグリーン、紺色のストライプ、ゴールドカラーのホイール。ヘッドライトもメーターも前述のストックシルエット規定によって形状は維持されているから、ゼッケンプレートがない程度と思っていい仕上がりです。足まわりカスタムは、トリプルツリー+(φ38→43mm)インナーチューブのフォークは1997年~「カワサキ ZRX1100」、トラス形状のスイングアームは「カワサキ ZRX(400)」用で、前後17インチホイールは「イタリア・テクノマグネシオ」製をチョイスしています。ホイールを社外品とし、他の大物を純正品とするパターンは純正流用でよく見られるものだが、いずれも「エディ・ローソン」のスーパーバイクを意識しての選択したカスタムです。一方、エンジンは、「カワサキ Z1000J」の直系後継で互換性もある「カワサキ Z1100R」のピストン、同じく「カワサキ GPz1100」用クランク+コンロッド、「カワサキ Z1000S1」用バルブスプリングなどを組み込み、排気量は998cc→1,089ccに拡大(この排気量では純粋にはローソンレプリカと呼べなくなるが、Z1000S1やGPz1100のパーツは、エディ・ローソンらのAMAレーサーを元に開発されたという側面があるから、背景を取り込んでいると言えます)。このパワーの増加に対応するため、J系カスタムでは定番の左後部エンジンマウント補強も行い、エンジンのずれも予防しています。はっきりした考証と、当時の系列モデルパーツ、そしてその後に得られた技術や手法をしっかりと投入、当時の雰囲気を再現しながら現代的な性能を獲得しています。それが「キヨナガ」製の「カワサキ Z1000J」なのです。

オフセット:50mm→35mmの「カワサキ ZRX1100」用ステアリングステムには、「カワサキ Z1000J」の純正3連メーターをマウントしています。ブルーアルマイトが施されたハンドルバーは「ポッシュ」製アルミで、ハイスロットルやバーエンドと色を揃えて統一感を出したカスタムです。

「カワサキ Z1000J」の排気量拡大版である「カワサキ Z1100R」や純正チューニングバージョンと言える、「カワサキ GPz1100」などの純正部品を用いてチューンされたエンジンとなっており、市販レーサーである「カワサキ Z1000S1」純正のカムダンパー機構も装備しています。プラグコードは「テイラー」製をチョイスしています。

スプロケットサイズは、フロントが17Tでリヤが35Tをチョイスしています。カットされたスプロケットカバーはいかにもプロダクションレーサー的なイメージを作っています。ピボット上のフレーム補強も分かる。ステップKITは「WR’s」製の「カワサキ ZRX1100」用を使用しています。

トラス型アルミスイングアームは「カワサキ ZRX(400)」からの流用で、エキセントリックアジャスターを青処理しています。スプリングをライムグリーンとしたリヤショックユニットは「オーリンズ」製で、小ぶりなリヤキャリパーは「ブレンボ」製2Pキャリパーです。

3.50/5.50幅の前後17インチホイールは「テクノマグネシオ」製で、タイヤは「ミシュラン・マカダム」を履いているが、今なら幅広くほかの選択肢も考えるところです。排気系はAMA車の「KERKER」でなく「ヨシムラ・チタンサイクロン」を装着しています。

フロントのφ320mmディスクも「カワサキ」の純正だが、キャリパーは「AP」製CP2696をERKワンオフサポートでマウントしています。キャブレターは「ケーヒン」製でFCRφ39mm、オイルクーラーホースの取り回しは、’80年代のAMAレーサーに準じた仕様となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。