【トヨタ コンセプト-愛i(アイ)】 人工知能(Yui)搭載!

この記事は2分で読めます

【トヨタ コンセプト-愛i(アイ)】 人工知能(Yui)搭載!

あわせて読みたい記事:【ファラデー フューチャーFF91】最速の自動運転モデルの性能

あわせて読みたい記事:【ホンダ】完全自動運転技術で「グーグル」と提携?今後の開発は?

あわせて読みたい記事:【東京オリンピック】 世界が注目する自動運転技術は実現可能か?

「トヨタ自動車」から人工知能を搭載したクルマが数年内に日本の公道を走ることになりそうです。「トヨタ自動車」は、アメリカ時間の1月4日にラスベガスで5日に開幕する家電見本市:「2017 International CES」において、コンセプトカー「TOYOTA Concept-愛i(コンセプト アイ)」を披露すると発表しました。

人工知能を搭載したこのクルマは、人のことを理解し、知識を蓄積することで、ドライバーによって快適なパートナーとして育つということです。

「TOYOTA Concept-愛i(コンセプト アイ)」の特徴は、感情の認識や嗜好性の蓄積といった、人を理解する能力を持つことです。理解の方法としては、ドライバーの表情や動作、覚醒度を認識してデータ化することや、SNS上の行動・会話履歴などからその時の状況や個人の嗜好を推定するようになっているということです。この人を理解する技術を安全面や「Fun to Drive」に役立て、ドライバーに新感覚の体験を提供できるようにしています。

安全面については、人を理解する技術と自動運転技術を組み合わせることで、ドライバーを安全・安心に導くというシステムです。ドライバーの感情や疲労度、覚醒状態に応じて、視覚や触覚など五感に働きかけ自律神経を刺激したり、ドライバーが危険な状態に陥った時は自動運転モードに切り替えたりして、安全な状態に導くようになっています。

さらにドライバーのストレスも把握し、運転に不安を感じた際に自動運転モードへの切り替えを提案するなどするということです。

「Fun to Drive」については、人を理解する技術とエージェント機能を組み合わせることで、ドライバーの気持ちを先回りした提案を行います。具体的にはドライバーの感情・覚醒度に応じて、クルマが会話を誘導したり、ドライバーの嗜好に応じたニュースをクルマ側から提案します。さらに感情・嗜好性をビッグデータとして活用し、他のドライバーのデータ共有も行うことで、未知なる体験や安全な社会づくりに貢献していくということです。

「トヨタ自動車」によると、今後数年内に「TOYOTA Concept-愛i(コンセプト アイ)」の一部の機能を搭載した実験車両の公道実証実験を計画しているということです。


「TOYOTA Concept-愛i(トヨタ コンセプト アイ)」:概要

  • 強力な人工知能システムを搭載した新しいコンセプトモデルです。
  • 人工知能システム”Yui”により、ドライバーの運転パターンや使用スケジュールなどを学習します。
  • インテリアの足元部分のライトの色で、通常走行モードと自律走行モードの切り替えをわかりやすく表示します。
  • ディスプレイや音のほか、触覚を通じて、ドライバーとコミュニケーションを行うインターフェイスシステムを採用します。
  • パワートレインはゼロエミッションを想定します。
  • 数年以内に一部機能を搭載した実験車でのテストを日本でも開始予定となっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。