【ファラデー フューチャーFF91】最速の自動運転モデルの性能

この記事は2分で読めます

【ファラデー フューチャーFF91】最速の自動運転モデルの性能

あわせて読みたい記事:【ルーシッドモーターズ エア】テスラのライバル?価格や性能は?

あわせて読みたい記事:【GLM G4】トミーカイラZZ EV仕様に続くセカンドモデル

あわせて読みたい記事:【Next EV NIO EP9】 世界最速のEVマシンとは?

「ファラデー フューチャー」社がその市販モデルとなる、「FF91」をラスベガスで開催された「CES」にて発表しました。プレスカンファレンスの様子が動画で公開されており、ステージには実車、そしてスクリーンには自動運転のデモを行う様子が映し出されています。

「ファラデー フューチャー」は、「CES」での発表直前にCEOが退任したり、そこへ至るまでもサプライヤや工場を建設する業者から支払いが滞っていることで訴えを起こされたりと波乱続きですが、それでも実車を公開しました。実際の車両は思いのほか格好良く、まさに「近未来的」なルックスとなっているエクステリアデザインです。ステージ上の車両はボディカラーがシルバーですが、自動運転のデモを行うホワイトとブラックのカラーリングもかっこよいデザインとなっています。

なお自動運転のデモを見ると、枠内に駐車するにも一度切り替えしており、この動きだと周囲の車に迷惑がかかるかもという感じではありますが、それでもテスラ以外のメーカーと比べると進んでいる、と言える仕上がりです。

「FF91」のスペックも公開され、バッテリーは130kWh、モーターは4つ、出力は1050馬力で0-100キロ加速は2.39秒というポテンシャルを備えています。このタイムは、「ポルシェ918スパイダー」、「ブガッティ・シロン」をも超える数字で、2.4秒台を出せるとする「リマック・コンセプト1」すら凌駕するスペックとなっています。ソフトウエアに関してはテスラに劣るかもしれませんが、ハードとしては「テスラよりも上」ということをアピールしており、10個のカメラ、13個のレーダーセンサー、12個の超音波センサーを備え、3Dスキャナも装備している、とのことです。

当然ながらスマートフォンとのコネクティビティも優れており、事前に登録しておくとキー代わりに活用可能(Bピラーに内蔵されたディスプレイ上に認識された旨の表示が出る)。

その他ハード面だとLEDライト、タッチ式の濃度可変ガラス、「NASA」の技術を応用した「無重力シート(60度までリクライニング)」、物理スイッチの殆ど無い操作系(タッチ式)などです。

すでにウエブサイトも開設して購入希望登録も受け付けており、「買う」という人からは「5,000ドル」の保証金も受け取っていますが、問題の「価格」については今のところ発表はなく、まだまだ「絵に描いた餅」感が拭えないところです。

ちなみに価格は「1,800-2,500万円くらい」だろうとは言われています。なお最初の300台は「スペシャル・アライアンス・エディション」とされ、特别カラーや装備が付与される見込みです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。