【ヤマハ RZ250】 デーククラフト モーターサイクルズ仕様

この記事は3分で読めます

【ヤマハ RZ250】 デーククラフト モーターサイクルズ仕様

あわせて読みたい記事:「YAMAHA・RZ」 峠最速マシンの愛称は「ナナハンキラー」

あわせて読みたい記事:【湘南爆走族】 キャラクターと伝説と呼ばれる名車たち まとめ

あわせて読みたい記事:【旧車】 バイク:人気ランキング TOP10 70~90年代編

「RZ(アールゼット)」といえば、350ccモデルは「ナナハンキラー」と呼ばれるほど軽快、快速マシンとして人気があります。YAMAHA独特の水冷2STエンジンサウンドも魅力のRZは、1980年8月に「RD」の後継モデルとしてデビューしました。輸出仕様の「RZ」は、「RD」として輸出されていました。なぜ「RD」の名称を引き継いでいないのかというと、「R」はYAMAHA社内で「350cc」を意味するコードネーム、「Z」は「水冷」を意味しています。加えてアルファベット最後の文字であるゆえに「究極」の意味も含まれています。開発コンセプトは「正真正銘の最期の2ストロークスポーツ」でした。


「ヤマハ RZ250」:スペック

  • 型式:4L3
  • エンジン形式:水冷2スト・ピストンリードバルブ並列2気筒
  • 排気量:247cc
  • 最大出力:35ps(26.0 kw)/ 8,500rpm
  • 最大トルク:3kg・m(29.4N・m)/ 8,000rpm
  • パワーウエイトレシオ:4.0kg / PS

「デーククラフトモーターサイクルズ仕様」

バイクショップ「デーククラフトモーターサイクルズ」の初期型の1980年型「RZ250」は、オリジナルを崩さずにカスタムされた1台です。「デーククラフトモーターサイクルズ」は、代表の「井上」氏が「WSB(ワールドスーパーバイク)」などで都合13年、「ヤマハ」のファクトリーメカニックを務めていた(YZF-R7+芳賀紀行選手はその核でもある)ショップでもあります。今は、カスタムやメンテナンスを軸にしつつ、「ヤマハ」のレーシングサービスショップにも指定されていて、全日本から草レースまでレース系、そしてもちろんヤマハ系に強いショップです。この「RZ250」は、STDの持つ印象を変えずに、走行性能を現代風に作り込んでいるのがポイントです。元々現オーナーは完全なノーマル車両を友人から譲ってもらったのだが、車体は何年も放置されていたため、普通に乗れる状態にするには、消耗品以外にもかなり多くのパーツ交換が必要だったということです。そこで、乗れる状態にするにもある程度の費用もかかることだし、それなら現代風に、とカスタム化がスタートを始めたそうです。使用パーツの多くは、オーナー自身がインターネットなどで探してきたパーツを装着しています。費用軽減のためでもあったが、ただ闇雲に好きなパーツを購入したというわけではなく、サイズが重要になってくるホイールや同じくスイングアームなどの流用元機種選択には、「井上」氏からのアドバイスがあったということです。

「RZカスタムというと、TZR250や FZR400のパーツを使ってのリヤ・リンクサス化という手法が多く見られますが、RZは元がショック直押しのカンチレバー式サスだから、リンク化ではフレームを3次元的に検討する必要が出ます。またフレームの大改造が必要になってしまう。それで、RZの素性を生かしたカンチレバー式のままでRZの前後18から前後17インチ化して、今のタイヤを履けるように合わせ込んだんです」と「井上」氏は語っています。前輪の小径化にともないがちなトレール不足を起こさないようにオフセット等も調整、これなら流用改としながらもディメンションはほぼSTDのままなので、フィーリングも変わらずナチュラルに仕上げられています。「現代のタイヤが使えて、街乗りからツーリングを不具合なく使いたい。外観もRZから大きくはずれることなく作りたい」という要望は十分達成されているようです。時代が変わっても元の姿を崩さずに、進化という面を取り込むことができるショップがあるからこそ、カスタムは楽しさを提供してくれることを理解できるカスタムマシンです。上下ブラケットも「ヤマハ XJR400」用に変更されてます。ハンドルは「OVER」社製のセミアップバーで、ラジアルポンプ・マスターシリンダーは「ブレンボ」社製レーシングモデルを装着しています。

フロントホイールは、「STDに似ている」ことから6本スポークの「ホンダ NSR250R」用(1.85-18→)3.00-17に移植されています。トレールは90mmを確保し切れ込みを防ぎ、軸距はRZのSTDのままで使用しています。

フロントキャリパーは「ブレンボ」社製4ポッドキャリパーを装着し強力なストッピングパワーを実現しています。また「ホンダ NSR250R」へのFホイール換装にともない、スピードメーターの取り出しをFホイールから「ホンダ NSR250R」同様にフロントスプロケット部に移設しています。

ラジエーターカバーや外装類、エンジンまわりはSTDルックスを維持しています。

並列2気筒の水冷2ストエンジンは当時はSTD仕様で、キャブレターはSTDのミクニVM+フィルターを装着しています。チャンバーはオーナーが見つけたブランド不明品のストレートチャンバーを装着しています。メインフレームには7カ所の補強を追加しています。

前後イメージを統一でき、またOVER製アルミスイングアームの幅内に収まることから、リヤホイールは「ホンダ CBR250RR」用の2.15-18→4.00-17を選択して装着しています。

オフロードモデルの「ホンダ XL-DEGREE」用のスプロケットハウジングを用いるなどでチェーンラインも整えられています。リヤショックユニットは「WP」製で、チェーンやスプロケット、ステップも見直されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。