【カワサキ Z400FX】当時のカスタム:ベイエリアモータース

この記事は2分で読めます

【カワサキ Z400FX】当時のカスタム:ベイエリアモータース

あわせて読みたい記事:「kawasaki・Z400FX」 硬派 カワサキらしい角「Z」

あわせて読みたい記事:【湘南爆走族】 キャラクターと伝説と呼ばれる名車たち まとめ

あわせて読みたい記事:【旧車】 芸能人が愛する「KAWASAKI(カワサキ)」まとめ

「カワサキ Z400FX」:概要

1979年デビューとなる「フェックス」は、角型「Z」の代表格として「kawasaki・Z400FX」として1979年4月に誕生しています。それまでの「Z」シリーズは、「750RS(Z-II)」をはじめとして丸みを帯びたタンク、丸テールが特徴となっていましたが、「Z400FX」は、角型デザインのタンク、ウィンカー、テールにキャストホイールとなり一新されたデザインであり、車格も大柄に見えるデザインとなりました。

また「FX」の名称は、「F」が4気筒を意味し、「X」は1970年代に航空自衛隊次期主力戦闘機導入計画の「第3次F-X」をしめす「Fighter-Experimental」を略した名称と言われています。現在では常識はずれな価格で取引されている「名車」です。時代を超えて愛されている「フェックス」は、次期モデルが登場後も生産が持続されるほどの人気ぶりでした。その後、「YAMAHA・XJ400」、「SUZUKI・GSX400F」が、それぞれ最大出力:45PSで登場し、最後発となる「HONDA・CBX400F」は最大出力:48PSで登場し、「フェックス(Z400FX)」はポテンシャルではライバルに一歩譲ってしまい、「Kawasaki」は、1982年に後継モデルの「Z400GP」が登場させることになります。ポテンシャル以上の硬派なデザイン性や「kawasaki」のDOHC 2バルブ 400ccの独特のエンジンサウンドの人気は衰えることなく、1982年12月にリバイバルされたのでした。年代別モデルの型は、「E1型」から「E4型」までとなっており、1982年登場モデルが「E4型」となっています。


「カワサキ Z400FX」:スペック

  • 型式:KZ400E
  • 全長×全幅×全高:2,100 × 795 × 1,155(mm)
  • ホイールベース:1,390mm
  • シート高:805mm
  • エンジン形式:空冷4サイクル並列4気筒 DOHC 2バルブ
  • 排気量:399cc
  • 最大出力:43PS / 9,500rpm
  • 最大トルク:3.5kgm / 7,500rpm
  • サスペンション(F/R):テレスコピック / スイングアーム
  • ブレーキ(F/R):ディスク

「カワサキ Z400FX / 当時のカスタム」:ベイエリアモータース

「カワサキ Z400FX」といえば、当時一世を風靡した大人気のネイキッドモデルです。その人気は今もって高く、多くのライダーに愛され続けています。「ベイエリアモータース」が作る「カワサキ Z400FX」は、あえて現代的な要素を取り入れず、このバイクが現役だったころのパーツを用いて80年代のカスタムを再現しているのがポイントです。今のようにバイクをいじることが容易ではなく、カスタムバイクが「改造車」と呼ばれていたころのスタイルは、ノスタルジックな雰囲気を感じさせるほどの仕上がりとなっています。今のバイクにはない、少しアウトローなテイストも「当時モノ」ならではの良さと言えるカスタムです。

当時の雰囲気満点のマフラーは、手曲げのブラック塗装の集合管マフラー。今のように洗練されたスタイルではないが、黎明期ならではの無骨さが魅力です。

「イタリア・ジュリアーリ社」製のシートは当時のデッドストック品です。「カワサキ Z400FX」のスタイルに華を添える美しいラインを持っているのが特徴です。

マスターシリンダーは交換済みだが、ラジアルポンプではなく一般的な別体式をセレクトしており、このこだわりが当時仕様の完成度を高めるポイントといえます。

「ベイエリアモータース」:スペック

集合マフラー、「BEET」製ポイントカバー、タンク別体式フロントブレーキマスター、ステンメッシュフロントブレーキホース、「ジュリアーリ」製シート…etc

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。