【カワサキ Z1000MK2】 当時仕様のフルチューンレーサー

この記事は3分で読めます

【カワサキ Z1000MK2】 当時仕様のフルチューンレーサー

あわせて読みたい記事:【旧車】 芸能人が愛する「KAWASAKI(カワサキ)」まとめ

あわせて読みたい記事:【旧車】 バイク:人気ランキング TOP10 70~90年代編

あわせて読みたい記事:【特攻の拓】「音速の四天王」が乗っている伝説と言われるバイク!

旧車が価格高騰する中、オリジナルが希少となっていますが、デビュー当時のカスタムも注目されています。今ではバイクのカスタムの世界にもフォークオフセットや車体姿勢、トレール量などのディメンションが重視されてきているものの、カスタムブームが起こっていた1980年代末~1990年初等には、これらの用語も一般的ではなかった事実があります。もちろんメーカーが作る車両は多くのテストの末にこうした要素を決めていますが、ユーザーレベルでそこまでを決めるためのハードルが高かった時代でした。

それでも、元々が市販モデルであること、たとえば純正流用であっても、そうした数値が独自に設定されたパーツを組み合わせると、組み合わせた後に新たな数字は出てきます。つまり、それを適正な数字として認められるだけのデータだったり、走行性能だったりを出せるかということになります。カワサキのZ系のホイールをフロント19/リヤ18インチを前後18インチ、あるいは17インチ化する際に今も取り上げられるのは、基本的にはここがポイントのようです。

当時は現「FSW=富士スピードウェイ」もまだ「FISCO」という通称が使われており、その頃から開催されていたMCFAJクラブマンレース、そのスーパーバイククラス参戦から得られたノウハウをすべて投入、20年前の当時として考えられる限りのチューニング技術と、最高のパーツをフィッティングしたのが、この「カワサキ Z1000Mk.II」なのです。基本はストリート仕様となってはいるものの、保安部品を取り外せばサーキット走行も十分こなせるよう、セッティングがなされています。

main680

車両写真を見て、まず注目できるポイントはワンオフ製作されたインテークマニホールドが装着されたキャブレターまわりのエンジン部分です。この「カワサキ Z1000Mk.II」のエンジンは吸気効率を高めるために「インテークポートのストレート加工」が行われているのです。加えて当時アフターマーケットでようやく目にするようになったFCRキャブも通常のホリゾンタルではなく、ダウンドラフトタイプが装着されています。ただフレームのバックボーンやタンクといったスペース上の物理的制限もあることから、当初からストレートポートを持つ水冷エンジンよりも取り付け角度が緩やかとなってしまうため、このような装着角度でも十分な油面レベルが確保できるようにフロート室の形状変更も同時に行っているようです。パワー追求のために吸入効率を最重視しいち早くフラットバルブキャブを採り入れ、しかもストレートポート化までしてしまうあたり、いかにもレース的なコアな発想方法といえるでしょう。しかもこのエンジン、点火もツインプラグ化されていることも見逃すことができないポイントです。一方、足まわりは「モリワキKYBφ36mmフォーク」+「カワサキ Z650用ステム(オフセットは60→50mm)」、「ビート製5本スポークフロント&ダイマグリヤホイール」での前後18インチといった内容です。いかにも時代といった感じではあるものの、武骨な仕上がり具合なども含め、当時の「ロードゴーイングレーサー」とは、まさにこのような車両のことを指して用いられていたようです。

こうした効率向上や、ステム変更=オフセット/トレール調整してディメンションを合わせ込むカスタムは、この頃始まったというわけではなく、これらの車両が現役だった1970~1980年代にも試みられ、実績を積んでいたようです。ただ一般向けには広がる土壌がなかった(カスタムブーム以後や今ほどまでにこの当時の車両がカスタム化して乗られるとも考えられていなかった)ため、一部レースユーザーやプロショップくらいにしかノウハウが残っていなかったというのが現実だったようです。

オイルクーラー右横に設置されたアナログ式の油温計は、適正油温が真上に来るように角度を調整し、伏せた状態で見やすくセットされています。こうした配慮もレース経験の中から培われたものです。

detail01_b

ピストンは耐久性重視で「コスワース社」製鍛造品を使い、カムシャフトは「ヨシムラST-2」、ミッションはクロスタイプを組み込んでパワーを活用する仕様です。クラッチも「バーネット社」製プレートで強化されています。

detail02_b

エンジンヘッドは大幅改造により吸気側をストレート化し、ツインプラグ化も図られています。このストレート吸気に合わせてFCRキャブはダウンドラフトタイプを使用した上でフロート形状を改造しています。

detail03_b

Fホイールは1.85-19→「ビート社」製の2.50-18インチとなり、ブレーキは「AP社」の製CP2696・2ピストンキャリパーにベンチレーテッドディスクを組み合わされています。フォークはSTD同径のφ36mmの「モリワキ・KYB」です。

detail04_b

アルミ角タイプのスイングアームはワンオフ品です。レイダウン装着されるリヤサスユニットも異なるピッチのスプリングを組み合わせることでプログレッシブな特性を実現したワンオフ品が装着されています。

detail05_b

レース時のレーシングスタイル。18インチ化にともないステムを「カワサキ Z650」の純正(オフセット60→50mm)に変更するのは1970年代からよく使われていた定番的カスタム内容のようです。ハンドルバーはワンオフ製作の一文字タイプを装着しています。

detail06_b

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。