【ポルシェRS 2.7】ナナサンカレラの唯一の仕様が発見される

この記事は2分で読めます

【ポルシェRS 2.7】ナナサンカレラの唯一の仕様が発見される

あわせて読みたい記事:【RUF SCR】ルーフの新型SCRはポルシェ911レトロ仕様

あわせて読みたい記事:【RMサザビーズ オークション・パリ 2018】結果:落札価格

あわせて読みたい記事:【ダルマ・LB セリカ】300psを誇った初代レース仕様の軌跡

名車の中でもとりわけ人気の1973年製の「ポルシェ911 カレラRS 2.7」、通称:「ナナサンカレラ」がトリニダード・トバゴ共和国にて放置されている状態で発見され、レストアのためイギリスに運ばれることになったということです。今回公開された動画は、クラシックポルシェのスペシャリストである「Autofarm」によるものですが、「トリニダードに珍しいポルシェがある」と連絡を受けたところからこの物語がはじまることになります。連絡とともに添付されていた写真を見ただけでは年式などが判明しないため希少性もわからず、しかし「Autofarm」のスタッフが現地に飛んで実車を確認し、そこでびっくりすることになるわけです。

振り返ると「ナナサンカレラ」自体は「ポルシェ・911」のヒストリーにおいても「もっとも重要」なモデルだともされますが、総生産台数は1,580台です。そのうち16台のみがこの「ロイヤル・パープル」にペイントされており、そのうちの7台が右ハンドル仕様で、さらにそのうちの一台のみが「リアウイング(ダックテール)レス」の今回、発見された個体ということになります。その「世界に一台」の「ナナサンカレラ」がトリニダードで発見されたということになり、まさに「奇跡」といえるレベルのヒストリーとなったようです。

なおトリニダード・トバゴ共和国はカリブ海に浮かぶ「トリニダード島」と「トバゴ島」で構成される島国であり、南国の強烈な紫外線や島国ならではの潮風にさらされていたことを考えても「かなりいい」状態のようです。ちなみにトリニダード・トバゴ共和国はイギリス連邦加盟国なので右ハンドル仕様です。なおシャシーナンバーは「1576(全生産台数が1,590台なので、最終に近いモデル)」で、1976年当時はイギリス国内向けに販売されています。その後にトリニダード・トバゴ共和国へと輸出されてアフターマーケット製のステアリングホイールやシート、911ターボ風のリアウイングが装着されることになり(オーナーはけっこう”走っていた”のかも)、その後は何らかの理由で「放置」され、その後、上記にあるとおりに「Autofarm」がこの存在を知った、という経緯となります。

なお「Autofarm」では、この「ナナサンカレラ」を「トリニダードRS」と名付けてフルレストアを行う予定のようです。今回は、この車両の紹介のみとなりますが、次回から全てのパーツを外し、本格的にレストアを開始する、と予告しています。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。