【ナンバープレートのデザイン変更】アルファベットも?2017年から

この記事は1分で読めます

【ナンバープレートのデザイン変更】アルファベットも?2017年から

あわせて読みたい記事:【安全で安心な車ランキング:TOP10】 上位を日本車が独占!

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード8】 「Furious8」:登場車種一覧リスト 

あわせて読みたい記事:【ホンダ】完全自動運転技術で「グーグル」と提携?今後の開発は?

これまでにナンバープレートの図案は幾度も変更されてきたという経緯がありますが、このたびもナンバープレートの図案が変更される模様です。
これは国土交通省が2016年12月28日に発表したもので、右上の分類番号(3ケタ)にローマ字が導入される、という内容(ナンバーの枯渇が理由)なのです。

number

加えて原付バイク同様に(形状までは変わらないものの)背景に図柄の入るナンバープレートが導入が決定しており、「ラグビーワールドカップ2019」や「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」との関連性を強めたナンバープレートが登場するそうです。

number3

さらに加えて検査標章も新しくなり、サイズが現行の3センチ角から4センチ角と大型化(一旦小さくなったのにまた大きく)するということです。 「年」を位置で表すようにして直感的に期限をわかるようにするようです。

その他、各種手続きについてインターネットで経由での申請ができる範囲を拡大し、継続検査、変更や移転登録もオンライン申請が可能になるということです。
関係者にとっては、車庫証明や運転免許証に関する手続きがオンラインでできるようになるといいのに、という意見もあるようです。

なおこれら施行日について、ナンバープレートのローマ字導入と検査標章の変更については2017年1月1日から(と言っても休みなので実際は発行できない?)となってろり、図柄入りナンバープレートの導入、オンライン申請拡大は2017年4月1日からとなっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。