【日産 スカイラインGT-R】ワイルドスピード仕様R34の価格

この記事は5分で読めます

【日産 スカイラインGT-R】ワイルドスピード仕様R34の価格

あわせて読みたい記事:【トヨタ スープラ】 「ワイルドスピード」仕様のスペック・価格

あわせて読みたい記事:【マツダ RX-7フォーチュンモデル】ワイルドスピードX3仕様

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード8】 「Furious8」:登場車種一覧リスト 

歴代の「日産 スカイライン」の中でも「R34型」の「GT-R」といえば人気が衰えない名車の一台です。実は、1999年〜2002年という短い期間の間しか発売されなかった「R34型:スカイライン GT-R」ですが、世界中でこれほどまでに人気なのには、まずは映画「ワイルドスピード」での活躍があるでしょう。さらに様々な追加モデルにあるといえるでしょう。では、その経緯を振り返ってみましょう。


「R34型:GT-R(前期型)」

1999年1月に「R33型」の後継モデルとして「R34型 スカイライン」をベースに標準グレードとして「GT-R」が発売されました。先代の「R33型」と比べて、ボディーサイズがダウンし軽量コンパクト化、さらに「RB26」型エンジン、トランスミッションの改良、そしてインテリアも大幅に改良されました。車両価格:4,998,000円でした。

  • スペック:

  • 型式:GF-BNR34
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,600 × 1,785 × 1,360mm
  • ホイールベース:2,665mm
  • トレッド前/後:1,480 / 1,490mm
  • 室内長 × 室内幅 × 室内高:1,780 × 1,400 × 1,105mm
  • 車両重量:1,540kg
  • エンジン型式:RB26DETT
  • 種類:水冷直列6気筒DOHC24バルブICツインターボ
  • 総排気量:2,568cc
  • 内径×行程:86.0mm×73.7mm
  • 圧縮比:8.5
  • 最高出力:280ps(206kW)/ 6,800rpm
  • 最大トルク:40.0kg・m(392.3N・m)/ 4,400rpm
  • 燃料タンク容量:65リットル
  • 使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
  • トランスミッション:6MT
  • 駆動方式:4WD
  • ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
  • 最小回転半径:5.6m
  • サスペンション(F/R):独立懸架マルチリンク
  • ブレーキ形式(F/R):ベンチレーテッドディスク
  • タイヤサイズ(F/R):245/40ZR18

「R34型:GT-RミッドナイトパープルII」

標準グレードをベースに「GT-R Vスペック ミッドナイトパープルII」と合計で限定300台のみ発売されたモデルです。日本で量産車にマルチフレックスカラーを採用した最初の車と言われており、光の当たり具合、見る角度によって異なる色に見えるという特徴があります。車両価格:5,147,000円(1999年1月発売)


「R34型:GT-R Vスペック」

上位グレードとして発売されました。標準グレードと比較し、アドバンスドエアロシステム、専用サスペンション、フロントブレーキ導風板などが導入されました。車両価格:5,598,000円(1999年1月発売)


「R34型:GT-R Vスペック ミッドナイトパープルII」

「Vスペック」をベースに「GT-R ミッドナイトパープルII」と合計で限定300台のみ発売されました。車両価格:5,748,000円(1999年1月発売)


「R34型:GT-R Vスペック N1」

「GT-R Vスペック」をベースにレース仕様車として生産されたモデルです。レースに必要な機能のみを残し、ツインボールベアリングメタルターボチャージャー、大型空冷式エンジンオイルクーラー、大型リヤブレーキが代わりに導入されました。車両価格:5,998,000円(1999年1月発売)


「R34型:GT-RミッドナイトパープルⅢ」

標準グレードをベースに、「ミッドナイトパープルII」の色の変化と光輝感をさらにアップさせたカラーリングである「ミッドナイトパープルⅢ」を期間限定で取り入れたモデルです。車両価格:5,148,000円(2000年1月発売)


「R34型:GT-R Vスペック ミッドナイトパープルⅢ」

「GT-R Vスペック」をベースに「ミッドナイトパープルⅢ」を期間限定で取り入れたモデルです。車両価格:5,748,000円(2000年1月発売)


「R34型:GT-R (後期型)」

「R34型:スカイラインGT-R」の「後期型」として発売されました。大型リヤブレーキローターが標準装備になり、フロントグリル・バンパーに多少の変更が加えられるなどのマイナーチェンジがなされました。車両価格:5,048,000円(2000年10月発売)


「R34型:GT-R VスペックⅡ」

「Vスペック」の後期型として「VスペックⅡ」が発売されました。NACAダクト搭載のカーボンファイバー製のボンネットを採用することで、4kgもの軽量化とタービン付近の温度の低下に成功しました。車両価格:5,748,000円(2000年10月発売)


「R34型:GT-R VスペックⅡ N1」

「GT-R VスペックⅡ」をベースにレース仕様車として生産されたモデルです。「GT-R Vスペック N1」と同じく、レースに必要な機能のみが残されました。車両価格:6,098,000円(2000年10月発売)


「R34型:GT-R Mスペック」

「GT-R VスペックⅡ」をベースに乗り心地と高級感を重視して作られたモデルです。専用ショックアブソーバー、専用ステアリング、手縫い本革シートなどが採用されました。車両価格:5,950,000円(2001年5月発売)


「R34型:GT-R VスペックⅡ ニュル」

「R34型:スカイライン GT-R」の生産終了を記念して「GT-R Mスペック ニュル」と500台ずつ、で1000台のみ発売された限定モデルです。専用N1ベースエンジン、専用スピードメーターなどが採用されました。車両価格:6,100,000円(2002年2月発売)


「R34型:GT-R Mスペック ニュル」

「R34型:スカイライン GT-R」の生産終了を記念し「GT-R VスペックⅡ ニュル」と500台ずつ、合計で1000台のみ発売された限定モデルです。車両価格:6,300,000円(2002年2月発売)


「ワイルドスピード仕様のR34型:GT-R」

gtr3

大ヒット映画「ワイルドスピード」の故「ポールウォーカー」の愛車として販売されているのが、「日産 スカイラインGT-R(R34型)」です。実際には、撮影用に用意されたレプリカが大半の車のようで、「日産 スカイライン 25GT-t」をベースとしたレプリカが撮影のために何台も用意されていたということです。数台並べられているブルーメタリックカラーのスカイラインの写真は映画「ワイルドスピード4」にて用意されたスタント用の「日産 スカイライン(R34型)」です。

スタント用R34スカイライン20131218_1

これら撮影用に制作した「GT-R」レプリカはイーストベアー製キットによって仕上げられています。

ワーゲンエンジンR34スカイライン20131218_1

この徹底的に軽量化された室内の様子は、ドラッグレーサーのようなスパルタンな仕様です。

ワーゲンエンジンR34スカイライン20131218_3

このエンジンは「RB26DETT」型ではないです。
ワーゲンエンジンR34スカイライン20131218_2

しかも、エンジンも名機「RB26DETT」型エンジンではなく、VW用ビートルエンジン搭載の「GT-R」レプリカも製作されたようです。しっかりとリアエンジン仕様となっていますが、これは撮影でドリフトシーンなどで使用しやすいように工夫されたのかもしれません。それにしても、まさかの空冷フラット4エンジンとは、びっくりです。
ワーゲンエンジンR34スカイライン20131218_4

非常にシンプルで軽量なフラット4エンジンですが、このようなチューンによってVWのフラット4エンジンを搭載した「日産 スカイライン(R34型)」も、まず見かけることはないでしょう。こうした撮影用のカスタムマシンもマニアにはウケそうです。そして今回、車両販売されたと思われるのが映画用に用意された本物の「BNR34型:スカイラインGT-R」です。見るからにレプリカと異なるエクステリアデザインです。
ワイルドスピード4本物R34スカイラインGTR20131218_1

この車両は映画の中では固定撮影シーン用に使用された「BNR34型:スカイラインGT-R」です。実は「GT-T」ベースの「GT-R」レプリカモデルではなくアクションシーンでは使用されなかった本物の「BNR34型:スカイラインGT-R」が販売されているようなのです。レプリカと異なり、どのようなエンジン、インテリアのスペックなのか見てみましょう。
ワイルドスピード販売車両R34スカイラインGTR20131218_6

アルパイン製のオーディオなどあ搭載されているようです。
ワイルドスピード販売車両R34スカイラインGTR20131218_4
ワイルドスピード販売車両R34スカイラインGTR20131218_3

インテリアはMOMO製ステアリング、OMP製バケットシート、ロールケージが装備されています。
ワイルドスピード販売車両R34スカイラインGTR20131218_5

パワーユニットは本物の証である「RB26DETT」型エンジンが搭載されています。「MAGDENパフォーマンスコンピューター」などのロムチューンで最大出力:551psを発生しているようです。組み合わされるトランスミッションは純正のゲトラグ6速ミッションを搭載しています。
ワイルドスピード販売車両R34スカイラインGTR20131218_1


「日産 スカイラインGT-R(R34型)ワイルドスピード仕様」:スペック

gtr2

  • エンジン型式:RB26DETT
  • エンジン形式:直列6気筒 DOHC ICツインターボ
  • 最大出力:551ps
  • カスタムスペック:OMP製バケットシート、MOMO製ステアリング、MATTSWEENEY製ロールケージ、MAGDEN製パフォーマンスコンピューター、イーストベアー製ボンネット、ヴェイルサイド製シフトノブ、ROTORA製ブレーキシステム、ボルクレーシング製RE30ホイール…etc
  • 車両価格:1億4,000万円

車両価格は1億4,000万円という超高額なプライスとなっています。それでも、故「ポールウォーカー」が使用し、大ヒット映画「ワイルドスピード」で登場している、この「日産 スカイラインGT-R(R34型)ワイルドスピード仕様」は、「R34GT-R」のなかでも唯一無二のスペシャルモデルの一台といえる素晴らしいモデルといえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。