【日産 フェアレディ240ZG】Gノーズ装備の硬派モデルの性能

この記事は3分で読めます

【日産 フェアレディ240ZG】Gノーズ装備の硬派モデルの性能

あわせて読みたい記事:【日産・フェアレディ Z(S30)】 実在した悪魔のZ まとめ

あわせて読みたい記事:【日産 フェアレディZ】S30型BMD仕様の鈴鹿最速スペック!

あわせて読みたい記事:【ヘイオイラーズ 甦るスカイライン神話】登場人物・車種 まとめ

世界的なスポーツカーのヒット作となった「日産 フェアレディZ(S30型)」は、1969年に登場しました。この「日産フェアレディZ」は、日本はもちろん北米市場でも大ヒット作となりました。そして日本国内での人気が高まるにつれ、輸出専用モデルだった「ダットサン 240Z」を日本にも導入して欲しい、という要望が寄せられました。当時、日本市場向けには2種類の2Lエンジンを用意し、「Z」、「Z-L」に搭載されていたSOHCモデルの「L20型」エンジンと「スカイラインGT-R(ハコスカGT-R)」に搭載され「Z432」に搭載されていたDOHCモデル「S20型」でした。

一方海外では、2.4Lの「L24型」エンジンを積む「240Z」の性能が高く評価されていました。ファンの声に応えて、1971年より「ダットサン 240Zの」日本導入が決まり、「日産 フェアレディ240Z」として国内でも販売開始しました。

  • 632-1_000080-3

グレード体系はベースグレードの「240Z」、豪華仕様の「240Z-L」、そして最上級グレードの「240ZG」の3種類で、中でも国内専用グレードとして設定された「240ZG」は独自のエクステリアが備わるのが特徴でした。他のグレードが2Lエンジン搭載車と同一のエクステリアであったのに対し、「240ZG」には「Gノーズ(グランドノーズ)」と呼ばれる「エアロダイナノーズ」と「ヘッドランプカバー」、FRP製の前後「オーバーフェンダー」が装備されました。

  • 632-1_000080-1

特に「Gノーズ(グランドノーズ)」と呼ばれる「エアロダイナノーズ」は、「日産 ファエレディZ」の持ち味であるロングノーズが強調されると共に、一段とスマートなプロポーションが実現しました。さらにエクステリアデザインの向上のみではなく空力特性を改善する効果があり、Cd値は当時としてトップレベルの0.39を実現していました。

  • 632-1_000080-5

ボディサイズは全長:4,305mm×全幅:1,690mm×全高:1,285mmで、他の「日産 フェアレディZ」シリーズより全長が190mm長く、全幅が60mmワイドなディメンションでした。

  • 632-1_000080-2

また2,305mmのホイールベースや4輪ストラット式サスペンション、F:ディスク式 / R:ドラム式のブレーキなどは他の「フェアレディZ」シリーズから変更はなかったものの、タイヤがグレードアップされ「フェアレディZ」シリーズ初となる175-HR14のラジアルタイヤが装備されました。

  • 632-1_000080-10

車両重量は1,010kgで、他の「フェアレディ240Z」シリーズより若干重かったものの、2L車の最上級グレードの「Z432」よりは30kg軽量でした。

  • 632-1_000080-4

搭載されるエンジンは、他の240Zシリーズや北米仕様と同一の直列6気筒SOHCツインキャブレター仕様の「L24型」で、最高出力:150ps/5,000rpm、最大トルク:21kgm/4,800rpmのスペックでした。これは、2L車に搭載された「L20型」よりも最高出力:20ps、最大トルク:3.5kgm高い数値でした。また、「Z432」に搭載された2Lエンジンの直列6気筒DOHC3連キャブレター仕様の「S20型」エンジンより最高出力が10ps劣ったものの、最大トルクは3kgm勝る上発生回転数が低く、遥かに扱い易い性格を備えていました。

  • 632-1_000080-9

組み合わされるトランスミッションは5速MT又は3速トルコン式ATで後輪を駆動する点は他の「フェアレディ240Z」シリーズと同様であったものの、「Gノーズ」の効果で動力性能は僅かながら勝り、MT仕様の場合で最高速度は5km/h高い210km/h、0-400m加速は0.1s速い15.8sでした。

  • 632-1_000080-8

実は、このパフォーマンスは「Z432」と同一の数値であると同時に、当時の国産車として最速を誇りました。しかし、その後発生した石油ショックや公害問題の煽りを受け、「フェアレディ240Z」は「Z432」共々1973年に生産終了となりました。

  • 632-1_000080-6

インテリアデザインはスパルタンな仕様でブラックで統一されダッシュボードのデザインは、後の「フェアレディZ」に継承されていくセンター3連メーターが特徴です。またセミバケットシートも「フェアレディZ」ならではの仕様です。

  • 632-1_000080-7

さらに拘りの注目点は「フェアレディ240ZG」には専用色も用意されていたことです。それが写真の「グランプリマルーン」のボディカラーです。当時は、メタリックカラーはアメリカのモデルのイメージが強く、ソリッドカラーは欧州の高級車に多用されていました。

  • 12472320_1164759323534062_7880791634303271780_n

そこで上級の限定グレードであることをアピールするべく、ソリッドカラーを検討する過程で「マルーン」カラーが候補に挙がったということです。「マルーン」カラーは、ベルベット生地など高貴なものに使用されていたが、実は赤系の顔料の耐久性が向上したことで実用化できた色なのだということです。


「日産 フェアレディ240ZG」:スペック

  • 00510000331000590059_01
  • 全長×全幅×全高:4,305mm×1,690mm×1,285mm
  • ホイールベース:2,305mm
  • エンジン型式:L24型
  • エンジン形式:2,4L 直列6気筒SOHCツインキャブレター
  • 最高出力:150ps/5,000rpm
  • 最大トルク:21kgm/4,800rpm
  • トランスミッション:5MT / 3AT
  • サスペンション(F/R):4輪ストラット式サスペンション
  • ブレーキ:F:ディスク式 / R:ドラム式
  • 最高速度:210km/h
  • 0-400m加速:15.8秒

「中古車相場」

  • 1396279746956314

「日産 フェアレディ240ZG」の中古車相場は、下記のような相場です。

  • オリジナルのノーマル仕様:600万円~
  • レストア済:980万円~
  • 「240ZG」仕様:350万円~
  • 「240ZG」カスタム:700万円~

いずれにしてもプレミア価格となっており、今後も価格は値上がりしていくモデルです。


まとめ

「日産 フェアレディ240ZG」は、ファンの要望によって登場した特別なモデルであり、スペックも「S20型」エンジン搭載の「Z432」と同等の最高速を誇るポテンシャルを備えたモデルとしても大変人気でした。硬派な「Z」としてこれからも世界中でファンをとらえていく名車といえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。