【トヨタ AE86】東京オートサロン RK Factory仕様

この記事は2分で読めます

【トヨタ AE86】東京オートサロン RK Factory仕様

あわせて読みたい記事:トヨタの名器「4AG型」エンジン搭載モデル:1980年代 まとめ

あわせて読みたい記事:【トヨタ セリカXX】A60系型は色褪せないデザインとエンジン

あわせて読みたい記事:【ヘイオイラーズ 甦るスカイライン神話】登場人物・車種 まとめ

数え切れないほどの「トヨタ AE86レビン/トレノ」のカスタムマシンが登場してきましたが、「RK Factory」が東京オートサロン2017に登場させる「トヨタ AE86トレノ」は、オリジナルのエクステリアデザインを壊すことなく大人のカスタムマシンへと変貌させています。


「開発コンセプト」

開発コンセプトは、「RK Factory」によれば「走行性能と乗心地・静粛性を最新材料により両立」と「ブラックインテリアにより高質感な室内を表現」、「エンジン制御最適化により信頼性と高出力を両立」を掲げています。


「エクステリアデザイン」

  • 4de378e2c9

エクステリアに装着されているエアロキットは、純正エアロが装着されています。軽量化と共に純正っぽく見えるパーツとしてカーボン製パーツを使用しています。「カーボンサイドプロテクションモール」、「カーボンリヤランプガーニッシュ」、そして「カーボンボンネット」が装着されています。ホイールは、フロント、リアともに「RAYS」製の「TE37V」の15 7.5J +6が装着されています。


「インテリアデザイン」

  • a3bd027447

目立つインテリアの変更点は、シートが「レカロ SP-G」、ステアリングを「momo JET」に「defi」製の追加メーター、「NGK」製空燃比計、インパネとサンバイザーをアルカンターラ仕様へ、天井をブラックファブリックに貼り換え、ブラックトリムにして
質感を向上させています。そしてフロントガラスは、クールベールガラスを装着し、エアコンの負荷低減と内装への紫外線対策を行い、快適仕様となっています。


「パワートレイン」

  • d445d6e8d2

パワートレインは、純正の4バルブの4A-G型エンジンから「AE111型」の5バルブの4A-Gエンジンに載せ替えてあります。このエンジンはハイカム、メタルガスケット等のヘッドチューンが施されています。エンジン制御は、ダイレクトイグニッションにフルコン(アダプトロニックECU)です。吸気系はオリジナルのフレッシュエアシステムを装着し、冷却系はアルミラジエターとオイルクーラーを装着しています。EXマニ、マフラーはオリジナル、組み合わされるトランスミッションは純正の5MT、デフは機械式2way LSDを装備しています。サスペンションシステムは、ショックアブソーバーに「TRACE」、組み合わせているスプリングは、「swift」、ブレーキに制動屋SM400ブレーキパッドを装着しています。


「トヨタ AE86トレノ(RK Factory製)」:スペック

  • 1c3a029cc1
  • 年式:1986年式
  • エンジン形式:直列4気筒 DOHC 20バルブ(AE111型5バルブ4AG)
  • 排気量:1,587cc
  • エンジンカスタム:フレッシュエアシステム、アダプトロニックECU、ダイレクトイグニッション、ハイリフトカムシャフト、強化バルブスプリング、メタルヘッドガスケット
  • 排気系:オリジナルEXマニ、オリジナルマフラー
  • パワートレイン:純正5MT、強化クラッチ、機械式 2WAY LSD
  • エクステリア:カーボンサイドプロテクションモール、カーボンリヤランプガーニッシュ、カーボンボンネット、純正エアロ
  • インテリア:ブラックインテリア、「defi」製追加メーター、「NGK」製空燃比計、「レカロ」製SP-G、「momo」製JET、アルパイン製オーディオ
  • サスペンション(F/R):TRACEショック、swiftスプリング
  • ブレーキ:制動屋SM400ブレーキパッド
  • ホイール(F/R):RAYS TE37V 15 7.5J +6
  • タイヤ(F/R):DUNLOP DIREZZA DZ102 195/50R15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。