【フェラーリ J50】限定10台! 日本限定モデルの価格と画像

この記事は3分で読めます

【フェラーリ J50】限定10台! 日本限定モデルの価格と画像

あわせて読みたい記事:【フェラーリ ディーノ】50年の時を経て復活する名車のスペック

あわせて読みたい記事:【日産 フェアレディZ(S30)】ロッキーオート「カーボンZ」

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード8】 「Furious8」:登場車種一覧リスト

「フェラーリ・ジャパン」社は、2016年12月13日に、日本での活動50周年を記念した日本限定モデル「フェラーリ J50」を、都内で開催した発表会の場で世界初公開しました。1台1台ユーザーのリクエストに合わせてテーラー・メイドで作られる「フェラーリ J50」の価格は、「250万ユーロ(税別)」ということですが、すでに完売状態にあるということです。

タルガボディを採用する「フェラーリ J50」は、「フェラーリ 488 スパイダー」をベースモデルとしており、フェラーリのスペシャル・プロジェクト部門が開発を担当したスペシャルモデルです。

  • 20161213-10256853-carview-002-2-view

コンセプトは、「極めて低いフォルムのロードスターを創造したい」とのことで開発されており、ウィンドウスクリーン上端から後方に向かって下降するサイドウィンドウのカットライン、低く抑えられたノーズから大胆に立ち上がり、ドア後方のエアインテークへと溶け込む黒いスウェッジラインという2本のラインにより、そのコンセプトを実現させたということです。

  • 20161213-10256853-carview-001-2-view

また、エクステリアデザインでの特徴としては、中央部をより低くしてホイールアーチの盛り上がりを強調することで「フェラーリ」社のミッドシップ・スポーツカーならではの力感を際立たせたボンネット・セクション、フロントボンネットの2つのカーボンファイバー・エアチャンネル、ダイナミックなプロファイルのフルLEDのヘッドライト、透明なポリカーボネート製のエンジンカバー、ボディのワイド感を強調する4灯式のテールランプ、「フェラーリ J50」専用設計の20インチ鍛造アルミホイールなどがポイントとなっています。

  • 20161213-10256853-carview-003-2-view

さらに、シート後方に収納できる2分割タイプのタルガトップにはカーボンファイバーを採用しています。インテリアはブラックをベースにファインレザーとアルカンターラ仕上げとし、特別なスポーツシートを装備している。

  • 20161213-10256853-carview-004-2-view

今回、展示された「フェラーリ J50」のボディカラーには「スリーレイヤード・J50」と呼ばれる3層塗装のメタリックレッドを採用しています。これは「フェラーリ」社で用意する赤色のうち、47番目にあたる新色ということです。

  • 20161213-10256853-carview-006-2-view

発表会では、「フェラーリ・ジャパン」社の代表取締役社長の「リノ・デパオリ」氏が今年日本各地で開催した50周年イベントについて振り返るとともに、「フェラーリ S.p.A. コマーシャル&マーケティング部門 シニア・バイスプレジデント」の「エンリコ・ガリエラ」氏によるプレゼンテーションを実施しました。

  • 20161213-10256853-carview-005-2-view

「エンリコ・ガリエラ」氏は、「フェラーリ」と日本との関わり合いについて触れ、「日本とフェラーリの絆は1966年から始まった。50年前、イタリアの小さな村にフェラーリは拠点を置いていたが、そこにある日本人が275GTを買いに来た。それが日本に来た初めてのフェラーリとなり、そこから素晴らしいストーリーの展開が始まった。というのもそれ以来、新車種が日本に入り出して成長を続けた。現在、日本は世界でフェラーリの自動車文化がもっとも高く確立している国の1つで、お客様やコレクターの方がいるのみならず、フェラーリの歴史をよくご存知の“ファミリーのメンバー”とお呼びする方々がいらっしゃる。フェラーリにとって日本は世界で4番目に大きな市場になる」とコメントしました。

  • 20161213-10256853-carview-009-2-view

そして、今回世界初公開された「フェラーリ J50」については、「初めての日本市場向けのモデル」「完全に新しいデザインでなければならない」とし、「名前についてはシンプルで分かりやすいものにした。ポイントの1つは50周年、もう1つは日本ということでアイコニックな名前にした。ジャパン・フィフティの意」と説明しました。

  • 20161213-10256853-carview-008-2-view

また、具体的なポイントとして3つを挙げ、1つは「未来的」であること、もう1つは「エキゾチック」であること、最後に「ユニーク」であることとしました。

  • 20161213-10256853-carview-007-2-view

1点目の未来的については、「今の市場にないものを作ろうということで、デザインは白紙の状態から始めた。無論、既存のシャシーなどは使用しているが、デザインは新しいもの」と説明しました。また、2点目のエキゾチックについては「我々は新しいクルマのなかにもフェラーリの歴史から何かを持ってくる。今回は308 GTSのエレメントを用いた」と述べるとともに、3点目については「なぜユニークかというと、V型8気筒 ターボエンジン搭載車の中で唯一オープンエアとスケルトン・エンジンベイを組み合わせているから。このV型8気筒 ターボエンジンはターボラグがなく、世界でもさまざまなターボエンジンがあるが、これを解決したエンジンはなかった。そういった意味で(ターボエンジンの)頂点と言えるだろう」と、「フェラーリ J50」の特徴について語っています。

  • 20161213-10256853-carview-000-2-view

まさに、日本での活動50周年を記念した日本限定モデル「フェラーリ J50」は、スペシャルモデルのスーパーカーといえるクルマです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。