【トヨタ TNGA パワートレイン】新型の「D.F.E」とは?

この記事は2分で読めます

【トヨタ TNGA パワートレイン】新型の「D.F.E」とは?

あわせて読みたい記事:【ランキング】世界で最も革新的な企業:TOP50 トヨタは上位

あわせて読みたい記事:【ポルシェ ミッションE】初の電気自動車(EV)発表 スペック

あわせて読みたい記事:【テスラ】追加アップデートでポルシェ 918と同等のスペック?

「トヨタ自動車」は12月6日、新世代のパワートレインを今後5年間で19車種・37バリエーションに展開していくと発表しました。新世代パワートレインは従来型に比べ、燃費を20%向上できるということです。

「トヨタ」は、この新世代パワートレイン群を「トヨタ ニュー グローバル アーキテクチャー(TNGA)」として展開します。「TNGA」は、プラットフォームのみならず、パワートレインを含むクルマの土台部分を総称する呼び方で、クルマの基本性能である「走る」「曲がる」「止まる」をレベルアップさせる構成要素と位置づけられています。

  • 20161206161322

今回、発表された新パワートレインは、新設計の排気量:2.5リッター直列4気筒直噴ガソリンエンジン、FF用8速オートマチック、FR用10速オートマチック、2.5リッターハイブリッドシステムなどです。

  • 20161206161319
  • 排気量:2.5リッターエンジンは、ガソリン車、ハイブリッドの両方に積まれる予定で、スペックはガソリン車が最高出力:205ps、最大トルク:250Nmを発生します。ハイブリッド版では最高出力:177ps、最大トルク:220Nmを発生するスペックです。このパワーユニットは燃費を約20%向上すると共に、加速性能も向上したということです。また、高い走行性能と環境性能を両立させた新世代エンジンをトヨタでは「Dynamic Force Engine」と呼称し、展開していくということです。
  • 20161206161320
    トランスミッションについては、多段化による燃費性能の向上に加えて、アクセル操作に対する反応の良さを追求し、ドライビングを楽しむための追求もしています。20161206161321
  • FR用10速ATについては、世界最速レベルの変速スピードを誇り、FRプレミアム車などへの搭載が計画されているということです。
  • 20161206161324

    この新世代パワートレーン群の開発テーマは、「ダイレクト&スムース」。燃費が良いことに加え、走りのフィーリングも高められているということです。

「トヨタ TNGA 新型 エンジン・トランスミッション・ハイブリッドシステム」

  • 20161206161325
  • 次世代車両技術「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」により、エンジン・トランスミッション・ハイブリッドシステムを一新し、2017年以降、搭載車種を一気に拡大予定です。
  • 2021年までの5年間で、エンジンは9機種(17バリエーション)、トランスミッションは多段化AT、新機構のCVTなど4機種(10バリエーション)、ハイブリッドシステムは6機種(10バリエーション)を投入予定です。

「2.5L ガソリン・ハイブリッド用 エンジン」

  • 「Dynamic Force Engine」と呼ぶ新型エンジンです。
  • 高速燃焼技術、可変制御システムなどを採用し、様々なエネルギーロスを減らし、熱効率向上と高出力を両立しています。
  • 熱効率は、ガソリン車用で40%、ハイブリッド車用で41%を達成しています。
  • 高レスポンス化と全速度域での高トルク化など、新技術を採用しています。

「8速・10速オートマチックトランスミッション」

  • 8速はFFモデル、10速はFRモデル用です。
  • ギヤ歯面の摩擦係数を低くする新たな加工を施してエネルギー伝達ロスを削減し、クラッチ機構内の摩擦材形状を最適化しています。
  • 回転時のクラッチの損失トルクを、従来の6速ATと比較し約50%低減し世界トップレベルの伝達効率を達成しています。
  • ギヤをワイド化し、高性能・小型トルクコンバーターを新開発、ロックアップ領域を拡大しています。
  • アクセル操作に素早く、滑らかに反応することで、ダイレクト感あふれる走りを追求しています。
  • 10速ATはトータルギヤ数を増やしながら、低中速域を中心に、各段の使用領域を最適化するクロスギヤを採用し、FRプレミアム車にふさわしいスムースかつ世界最速レベルのクイックな変速を実現しています。

「ハイブリッド・プラグインハイブリッド システム」

  • FR用の高性能マルチステージ「THS II」を新開発しています。ハイブリッド車のイメージを一新する高い発進加速性能とダイレクト感溢れる走りを実現し、高速走行時のシステム効率向上に加え、高車速域でもエンジン間欠運転を可能にし、高速燃費を向上しています。
  • プラグインハイブリッドシステムは従来のモーター走行に加え、これまで発電機として使用していたモーターを、走行用としても使用するデュアルモードドライブシステムにより、力強いEVモード走行を実現しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。