【スズキ GSX250R】オールマイティなスポーツモデルが発売 

この記事は2分で読めます

【スズキ GSX250R】オールマイティなスポーツモデルが発売

あわせて読みたい記事:【ホンダ】 モーターショーで注目の「CBR250RR」遂に発売!

あわせて読みたい記事:【カワサキ ニンジャ250】600台限定モデル スペック・価格

あわせて読みたい記事:【ヤマハ YZF-R25】限定モデルのスペック、価格、発売日は

2輪メーカーの「スズキ(SUZUKI)」社がEICMAミラノショーにて、250ccのスポーツバイクである「GSX250R」を発表しました。この「スズキ GSX250R」は、スポーツバイクでありながら街中などでも使い勝手がいいというモデルとして開発されています。

  • 548276e1-s

パワートレインとなるエンジンは、水冷2気筒エンジンで、低中速に重点的にパワーを置いているトルク重視の特性にセッティングされています。

  • 20ba5daa-s

ハンドルはセパレートハンドルが装備されています。しかしながらセパレートハンドルだと前傾になりがちで、街乗りには不向きなイメージとなりそうですが、街中でも快適なポジションに設定してあるようです。ステップの位置も低めに設定されておりロングツーリングのことも考慮されています。

  • 066b240b-s

エクステリアデザインは、カウルはかなりスポーティーなイメージで「スズキ GSX-R1000」などをイメージしているデザインとなっています。テール周りもスッキリとしていてスポーティーな感じが出ています。ヨーロッパ向けに2016年冬から発売とされています。

  • 4255d4c5-s

スズキのプレリリースでは下記のように説明されています。

「新型「GSX250R」は2016年冬より、新型「V-Strom250」は2017年夏より、中国への投入を皮切りにグローバル展開する。新型「GSX250R」は、街乗りにおける日常的な扱いやすさを持つスタイリッシュなスタンダードスポーツバイクである。搭載される248cm3の2気筒エンジンは、フリクション低減や燃焼効率向上など、街乗りで多用する低中速の扱いやすさを重視した出力特性となっている。スズキのスポーツバイクの伝統を継承したスポーティーな外観や、セパレートタイプのハンドルバー、前後分離式シートなどを採用しながらも、快適なポジションを実現した。」


「SUZUKI GSX250R」:スペック

  • 38d1bf83-s
  • 全長:2,085mm
  • 幅:740mm
  • 全高:1,110mm
  • シート高:780mm 
  • 装備重量:178kg
  • ホイールベース:1,430mm
  • フロントタイヤ:110/80-17 M/C 57H
  • リアタイヤ:140/70-17 M/C 66H
  • フロントブレーキ:NISSIN製2POT / 290mmシングルディスク
  • リアディスク:NISSIN製1POT / 240mmシングルディスク 
  • フロントフォーク:正立フォーク
  • リアサスペンション:モノショック(7段階調整可能)
  • エンジン形式:SOHC 水冷パラツイン (2気筒2バルブ)
  • 排気量:248cc
  • ボア × ストローク:53.5 × 55.2mm
  • 圧縮比:11.5:1 
  • 最高出力:18.4kw(25.017PS)/ 8,000rpm
  • トルク:23.4Nm / 6,500rpm
  • 燃料タンク:15L 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。