【ポルシェ ミッションE】初の電気自動車(EV)発表 スペック

この記事は2分で読めます

【ポルシェ ミッションE】初の電気自動車(EV)発表 スペック

あわせて読みたい記事:【テスラ】追加アップデートでポルシェ 918と同等のスペック?

あわせて読みたい記事:【GLM G4】トミーカイラZZ EV仕様に続くセカンドモデル

あわせて読みたい記事:【Next EV NIO EP9】 世界最速のEVマシンとは?

「テスラモーターズ社」の「電気自動車(EV)」が世界の注目を集める中、「ポルシェ」社が「フランクフルト・モーターショー15」で公開したのが「ミッションE」という「電気自動車(EV)」モデルの発表です。

  • 20161203-10256245-carview-001-1-view

このモデルは、2020年末の市販化を目指す同社初のピュアEVで、「テスラモーターズ社」の「モデルS」などに対抗する4ドアスポーツサルーンとなっています。

  • 20161203-10256245-carview-002-1-view

ドイツの自動車誌の情報によると、「ポルシェ」社では同モデルの販売目標台数を2万台/年に置いているそうです。

  • 20161203-10256245-carview-003-1-view

これは、2015年の全世界における「ポルシェ911」の販売台数が3万台強だったことを考えると、かなり強気の数字と言えそうです。

  • 20161203-10256245-carview-008-1-view

メカニズム的には、「ル・マン24時間耐久レース」で優勝した「ポルシェ 919ハイブリッド」の電動パワートレイン技術を応用しているそうで、最高出力は600ps超と強力なパワーユニットが搭載されています。

  • 20161203-10256245-carview-007-1-view

ポテンシャルは、0-100km/h加速を3.5秒以下でこなしながらも、満充電で500km以上の航続距離(欧州試験モード)を達成しているそうです。

  • 20161203-10256245-carview-006-1-view

ちなみに「テスラモーターズ社」の急速充電システム「スーパーチャージャー」の場合、30分の充電で約270km走行できるのに対して、「ミッションE」では専用開発の「チャージャーシステム(800V)」により15分間で80%の充電が可能で、約400km走行できるということです。

  • 20161203-10256245-carview-005-1-view

「ポルシェ」社によると、「ミッションE」のプラットフォームは様々なモデルに活用できるとしており、718系ボクスターの「電気自動車(EV)」や「プラグインハイブリッド(PHV)」を計画しているとの噂もあるようです。

  • 20161203-10256245-carview-010-1-view

「VW(フォルクスワーゲン)」社をはじめ、「BMW」社、「メルセデスベンツ」社などの世界の自動車メーカーが「電気自動車(EV)」に舵をきるなか、VWグループの「ポルシェ」社においても、「電気自動車(EV)」がバリエーションに加わることは確実とみてよさそうです。

  • 20161203-10256245-carview-011-1-view

今後、どのような開発が進んで発表されるのか「ポルシェ」社の「電気自動車(EV)」に注目が集まりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。