【ハーレーダビッドソン】伝説のルーツに迫る!史上初のモデルは?

この記事は2分で読めます

【ハーレーダビッドソン】伝説のルーツに迫る!史上初のモデルは?

あわせて読みたい記事:【映画】 「High&Low」に登場のカッコいいバイク まとめ

あわせて読みたい記事:【特攻の拓】「音速の四天王」が乗っている伝説と言われるバイク!

あわせて読みたい記事:【旧車】 芸能人が愛する「KAWASAKI(カワサキ)」まとめ

アメリカンバイクの王道であり、数々の伝説を築いてきた「ハーレーダビッドソン」は、アメリカの「ハーレー・ダビッドソン社」によって作られたモーターサイクルです。そして、「ハーレーダビッドソン」のモーターサイクルの命とも言えるエンジンの歴史は1903年、ウィスコンシン州ミルウォーキーから始まりました。

モーターサイクルの設計担当の「ウィリアム・シルヴェスター・ハーレー」氏と制作組立担当の2人の「(アーサーとウォルター)ダビッドソン」兄弟によって第一号モデルが誕生しました。史上初の記念すべきモデルは、「単気筒エンジン」のモデルでした。その後、上記の3人にダビッドソン家の長男である「ウィリアム」が加わり、1903年に「ハーレーダビッドソン社」が設立され、社長に「ウォルター・ダビッドソン」が就任しました。

  • harley_davidson_logo
  • (出典:wikipedia)

この社名に決まったのは、ハーレーエンジンの設計を担当したのが「ウィリアム・シルヴェスター・ハーレー」であったために、「先にハーレー、後にダビッドソン=ハーレーダビッドソン」という社名になったものです。その後、「ハーレーダビッドソン社」は1907年に株式会社となり1909年になって最初の「Vツインエンジン」を搭載したモデルを開発しました。

その当時、性能の良い「Vツインエンジン」を搭載したモデルとしては、既に「インディアン社」が市場に投入していましたが、第一次世界大戦が勃発した関係で市場の信用を失ったことで、「ハーレーダビッドソン社」が勢いを増していくことになりました。

その後も「フラットツインJD」や「Vツイン型」のエンジンモデルもモータースポーツで大活躍させることに成功しました。1929年には、「Vツイン型サイドバルブ」エンジンを開発しエンジンの性能を向上させていきました。

その後、「ハーレーダビッドソン社」のエンジンの歴史は、現代の代表モデルのエンジンであるバンク角45度の「Vツイン型エンジン」に至るまで様々なモデルが開発されてきました。


「記念すべき第一号機」

  • menu1-1

「ハーレーダビッドソン」の第一号機は、「ダビッドソン兄弟(アーサーとウォルター)」、「ウィリアム・シルヴェスター・ハーレー」の手によって開発されたモデルです。

  • 02

この当時、彼らが作り出したエンジンは、「Vツインエンジン」ではなく、「単気筒エンジン」であり、排気量:409cc、出最大出力:3PSというスペックでした。トマトの空き缶を利用したキャブレターなど、手作り感あふれる一台だったようです。そのために、「若者が手作りして生み出したもの」という評価となっていました。年間50台ほどを生産していた同社ですが、1906年には一気に170台という生産台数に増加しました。
そして、1909年にはハーレーの代名詞とも言える「Vツインエンジン」が開発され、現代のハーレーへとつながるモデルがリリースされていくことになったのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。