【NIVIDIA】GPUのシェアはニンテンドーからテスラまで

この記事は2分で読めます

【NIVIDIA】GPUのシェアはニンテンドーからテスラまで

あわせて読みたい記事:【ニンテンドー スイッチ】 次世代ゲーム機のスペック・発売日!

あわせて読みたい記事:【テスラ オートパイロット】システムの名称が誤解を招き問題山積

あわせて読みたい記事:【自動ブレーキシステム】トラブル原因は洗車?関係メーカーとは?

先日発表された「NVIDIA」社の決算リポート、この発表の同社の目覚ましい成果には注目せざる負えない状況となっているようです。「NVIDIA」社が発表した第3四半期の売上高は、なんと前年同期比54%増の「20億ドル(約2,276億円)」というのです。全ての事業セグメントで売上を伸ばしており、創業者兼CEOの「ジェンスン・ファン」氏は、「飛躍を遂げた四半期となった。全ての製品ラインが好調で、記録的な売上高と利益を計上できた。新製品のPascal GPUはゲーム、VR、自動運転カー、データセンターのAI分野で大きな成功を収めた」とコメントしています。

「NIVIDIA」社のGPUは、「任天堂」社の新ゲーム機「ニンテンドースイッチ」にも採用され、「マイクロソフト」社の「Surface Studio」にも搭載されたものです。「アマゾンウェブサービス」、「マイクロソフト」、「IBM」でも採用され、「アリババ」はデータセンターでサーバーの人工知能の処理を高める「Pascal GPU」を採用しました。さらに、「テスラモーターズ」社は、運転の完全自動化を進めるため、全車に「NVIDIA」社の人工知能エンジンである「Drive PX 2」を使うこと発表しました。

現在、「NVIDIA」社ほど多くの重要マーケットで確固たるポジションを取っているテック企業は少ないゆえに注目に値するのです。ビデオゲーム向けのハイエンドチップセットから、データセンター向けのディープラーニングサーバー、自動運転車向けの弁当箱サイズのスーパーコンピュータまで、現在の「NIVIDIA」社は、最先端領域の成長ギアの役割を果たしているのです。

「ジェンスン・ファン」氏は、「我々はディープラーニングで先行するために、多くの時間とコストを注いできた。当社のGPUディープラーニングプラットフォームはあらゆるAIのフレームワークで機能する。GPUのディープラーニングはコンピュータの次世代をリードするイノベーションを起こした」とコメントしています。

今後、どのように技術進歩が進み、さらにシェアの拡大を広げていくのか、その「NIVIDIA」社の勢いに注目していきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。