【マツダ・RX-7】 SA22C改IMSA仕様のスペック・価格

この記事は3分で読めます

【マツダ・RX-7】 SA22C改IMSA仕様のスペック・価格

あわせて読みたい記事:【セリカLBターボ グループ5】伝説のシュニッツァー仕様の軌跡

あわせて読みたい記事:【マツダ・サバンナRX-7 グループB】WRC参戦モデルの価格

あわせて読みたい記事:【スターレット ワークス】KP47トムス137E搭載:スペック

排ガス規制やオイルショックにより、国産スポーツカーが軒並み低迷していた時代に「マツダ・RX-3」の後継機種として1978年にリリースされたモデルが「SA22C型:初代RX-7」でした。「Designed by Rotary」と銘打たれたパワフル&コンパクトな新開発の「12A型:ロータリーエンジン」を、車重1tを切るcd値0.34のスリム&ライトウェイトボディのフロントミッドに搭載しており、ロールを最小限に抑え、意のままに操ることのできる純国産ハンドリングマシンは「ポルシェ・924」と似かよっていたことから『プアマンズ・ポルシェ』と揶揄されたこともありました。しかし、高パフォーマンスの割に123万円という圧倒的にリーズナブルな価格で瞬く間に人気を博した名車です。

また、「SA22C型:RX-7」はレースの世界でも大躍進をすることになりました。リリース1年後の1979年に、アメリカIMSAシリーズのデビュー戦となるデイトナ24時間レースに参戦した際には、「片山/従野/寺田」のドライブにより、2リッター以下のGTカーを対象とするGTUクラスで突如優勝しています。その後もライバルの「ポルシェ・911」や「ダットサン・フェアレディ240Z」を相手どり、1987年まで8年連続でシリーズチャンピオンを獲得するという輝かしい記録を残しています。1990年9月には通算100勝という輝かしい戦歴を刻むという、マツダが生んだ凄まじいポテンシャルを有したピュアスポーツクーペは、モータースポーツ界をも席巻したのでした。そのIMSAシリーズで活躍したRX-7のイメージを具現化したのが、今回のカスタムマシンです。ワンオーナーで比較的低走行の無事故車を仕入れ、ホワイトボディから新品パーツで全てを組み上げ、ERC製コンプリートエンジン、13B-REWブリッジポート、フルスポット増し、IMSAワイドボディキットなど、全てレーシングスペックで製作。腕に自信のある拝なら筑波サーキット本コースで1分を切ることも不可能ではないというポテンシャルです。そんな過激な仕様ながら、ナンバーも公認で取得し、製作後は1500kmを満たない距離を走行したのみの個体です。エクステリアは、メルセデスベンツの純正色にオールペイントされたメタリックグリーンとなっています。リアゲートを覗くとレース用の安全タンクやロールケージ、内張を剥がし軽量化された室内が見えます。

IMSAワイドボディキットのブリスターフェンダーの内側には、パナスポーツ製特注でフロントが16×11J -70、リヤが16×12J -70のホイールを装備しています。

インテリアは、多くのメーター類やスイッチが所狭しとレイアウトされています。

ボンネットに収まっているのは、 ロータリーチューンの名門「ERC」によって組まれた13B-REWユニットが搭載されています。

仕様はブリッジポート加工が施され、ギャレット製TO4S改タービンで過給されたパワーをHKS製F-CON・V PROでコントロールしています。最高出力:550ps以上を発揮するというポテンシャルです。


「SA22C改IMSA仕様」スペック・価格

  • 年式:1979年式
  • 型式:E-SA22C改
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,300 × 1,990 × 1,250 (mm)
  • 車両重量:1,080 kg
  • エンジン型式:13B-REW ERCコンプリート(ブリッジポート)ギャレット製TO4S改タービン・F-CON V PRO
  • 排気量:650cc × 2
  • 走行距離:6,500km(車両製作後1,500km)
  • トランスミッション:FC3S用純正5速MT
  • LSD:CUSCO RS 1.5Way
  • サスペンションシステム:ERC(競技用車高調整)
  • ブレーキキャリパー:FD3S用
  • など加工)、ボンゴフレンディー用ホーシング加工、ドア・ガラス回り・フロア・ストラットなどのスポット増し、FC:エンジンハーネス FD:サージタンク・アダプター FDイグナイター、ウォーターハウジング、SPKプーリーKIT、P/Sセンタープーリー、圧力センサーハーネス、ボ
  • ブレーキローター:R32スカイライン用
  • ホイール:PANA SPORT Racing リム径 前:11J  後:12J インセット 前:-70mm 後:-70mm
  • タイヤ:F:YOKOHAMA ADVAN A050(M) / R:TOYO PROXES R888 前:205/50R16 後:245/45ZR16
  • その他カスタム内容:ERC:13B ブリッジポート製作=ローター、シャフト、シール、ハウジング、ウェイト、ギア、ピン、プーリーなどの加工・強化・バランス、ブルーアルマイトSPKプーリー、TO4S改ポーテッドシュラウド加工、HKS:ウェストゲートGTⅡ、HPI:インタークーラーRタイプ、ERC Vマウント製作 パイピング、フューエルポンプX2、FD用:コイル、イグナイター、ブラックオルタネーター、フューズBOX新設、HKS:A/Fノックアンプ、カーボンパネル作成、各センサー取り付け、FC用強化エンジンマウント、強化スタビ、ERC:FD用車高調改、ERC:フレンディー用ホーシング強化加工、強化リンク、強化FC用ロアアーム加工、FC用強化ナックル・ハブ加工、ストラットバー、リアストラットはレース用に加工、IMSAボディーキット強化取り付け、オールペン、競技用ステアリング、カーボンバケットシート、ボディー補強、FC用ステアリングBOX取り付け、FC用フロントメンバー取り付け、 ERCフルピロ(ワットリンク・アッパーリンク・ロアリンク・ロアアームッシュ:1600ccインジェクター×3 HKS:ノックアンプ、FC用:V Proハーネス ワンオフステンEXマニ、ワンオフブレーキホース、MSD×3、ブリッツ:ブーストコントローラー・スペックR、ワンオフ電動ファン、オイルクーラー、スロットルボディー、P/S LoマウントKIT、アルミエンジンマウント ワンオフクラッチホース ローターベルハウジング、ブレーキマスターインナーKIT、パイピング、ホース、ブラケット、センサー、エルボウ加工・製作、強化アペックスシール、ローターバランス取り及び加工、ハウジング強化ピン加工一式(ハイブースト用)、キルスイッチ、イグニッションスイッチ、フューエルスイッチ、スタータースイッチ…etc
  • 車両本体価格:4,480,000円 → ASK

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。