【カワサキ バルカン 70】伝説のマッハがモチーフの限定モデル

この記事は2分で読めます

【カワサキ バルカン 70】伝説のマッハがモチーフの限定モデル

あわせて読みたい記事:「KAWASAKI MACH III」 通称 カミナリ・マッパ

あわせて読みたい記事:「KAWASAKI・KH400」 有終の美を飾ったマッハの伝統

あわせて読みたい記事:【旧車】 芸能人が愛する「KAWASAKI(カワサキ)」まとめ

「カワサキ」社のイタリアのカスタムビルダー「Mr.Martini」とコラボした「Vulcan(バルカン)70」は、イタリア国内限定100台で販売されたネオクラシックモデルです。車体価格は、日本円で130万円台でした。(10,990ユーロ)

  • mrmartini_kawasaki_viste_moto-12

では、どのようなネオクラシックモデルなのかというと、2ストローク3気筒エンジン搭載、「白煙マシン」、「ウィリーマシン」など数々の伝説的な逸話を持つ「カワサキ マッハ」シリーズをモチーフとしているのです。

  • kawasaki_500_h1_mach_iii_1973_h1d

「カワサキ マッハ」シリーズといえば、特にヨーロッパ市場において人気のモデルです。カフェレーサースタイルのカスタムペースや、オリジナルを再現するカスタマイズなど、マッハ愛好家は多いのです。日本においても「カワサキ マッハ」シリーズは、「PMC」社や「ドレミコレクション」社をはじめ、多くのスペシャルパーツビルダーによって多様なパーツが供給されており、中古市場においても高値で取引される状況が続いていることをご存知かもしれません。

今回、発売された「カワサキ バルカン70」は、「カワサキ マッハ」シリーズの中でも、「カワサキ 500SS(マッハIII)」をモチーフとしているようです。

  • kawasaki_mrmartini_comparison_3x_001

実は「カワサキ マッハ」の誕生した1960年代から1970年代、「カワサキ」社は北米を中心としたマーケットで、最速の称号を得るべく高性能な車体の開発を行っていました。1966年に2ストロークモデルの「カワサキ A1(サムライ)」の開発、そして1967年に最速を取り戻すために開発された「カワサキ A7(アベンジャー)」とマーケットでは一定の成功をおさめました。その中でさらに高性能なモデルとして誕生したのが、3気筒の2ストロークエンジンを持つ「マッハシリーズ」です。この「カワサキ 500SS(マッハIII)」は軽量な車体と強力なエンジンで、当時は乗り手を選ぶじゃじゃ馬なモデルとして、人気と羨望を集めたモデルでした。今回のデザインモチーフとなったのは、1973年のごろのモデルと思われます。

  • mrmartini_kawasaki_viste_moto-21

「バルカン70」というモデル名のとおり、1970年代の世界的なバイクブームとその時代の「レトロな世界観」を、デザイナーである「マティーニ」氏は、表現すべくデザインを提案しています。

  • mrmartini_kawasaki_viste_moto-6

主な変更点は、限定モデルの証であるシリアルナンバーが振られた、「オリジナルペイントのタンク」、「ハンドル」と「ヘッドライト」、「シート」と「テールカウル」と「テールランプ」そして「サイドパネル」と「ウインカー前後」となっています。また「ステップ」は、前方のフットレスト式だったものを改めて、ロードスポーツのポジションに変更しており、特徴的な2本出しの「エキゾーストはZARD製」に変更されています。

  • mrmartini_kawasaki_viste_moto-3

受注生産で、限定100台となっています。しかしながら「カワサキイタリア」のディーラーのみでの販売ということで、国内でお目にかかることはなさそうです。

  • mrmartini_kawasaki_007_001

最近ではメーカーとカスタムビルダーのコラボに端を発した、「ヤマハ」社の「XSR900・XSR700」のように、最終的には正規モデルとして発売されるということも起き始めています。これからこういった「メーカー+ビルダー」という新たなモデル作りが進んでいくかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。