【ザルーク(ZAROOQ)】サンドレーサーが35台生産で発売!

この記事は2分で読めます

【ザルーク(ZAROOQ)】サンドレーサーが35台生産で発売!

あわせて読みたい記事:【レンジローバー ヴェラール】 ミッドサイズSUVモデルの詳細

あわせて読みたい記事:【スクランブル(OVERDRIVE)】あらすじ・登場車種リスト

あわせて読みたい記事:【これから値上がりしそうな車ベストテン】2017年最新版の公開

非常に珍しいタイプのクルマが登場です。「ザルーク(ZAROOQ)・サンドレーサー」というサンドレーサーモデルのクルマです。
これはUAEの自動車メーカーで、2年前にその計画が公開されていました。中東の自動車メーカーというとライカン・ハイパースポーツを発売した「W MOTORS」が有名ですが、今回の「ザルーク(ZAROOQ)」も「完全に新しい自動車メーカー」となります。

「ザルーク(ZAROOQ)」は、UAE(アラブ首長国連邦)に拠点を置く、多国籍企業という一面もある興味深いメーカーです。設立者としてアブダビ・ヤス・マリーナ・サーキットの前COO、「Mohammed Al Qadi」や、フランスのF3で活躍した「Bruno Laffite」などが名を連ねるメーカーなのです。

ニューモデルとして登場する名称は「サンドレーサー500GT」となり、エンジンは6.2リッターV型8気筒エンジンを搭載しています(2年前のコンセプトモデルはV型6気筒エンジンでした)。

「ゼネラル・モーターズ」製で6.2ℓ自然吸気V型8気筒エンジンの「LT1」型ユニットとなっています。パワーユニットの最大出力:525馬力、最大トルク:67.3kg-mを発生します。組み合わせられるトランスミッションは、5速シーケンシャル・マニュアルギアボックスで、駆動方式:後輪駆動となり、ポテンシャルは、最高速度:220km/hとなっています。

トラベル量17.7インチのサスペンションを装備し、車両重量:1,300kgのシャシーは、ロールケージが張り巡らされたシャシーとなっており、スペインのレーシングチーム「カンポス」が設計しているということです。コンポジットボディはベルギーで製造し、革張りのレザーインテリアはドイツの「マンソリー」が担当しています。同社によれば、今後UAEとモナコにアッセンブリーの拠点を設けるということです。

気になる「ザルーク(ZAROOQ)・サンドレーサー 500GT」の価格ですが「5000万円くらいになる」とされています。


「ザルーク サンドレーサー 500GT(Zarooq SandRacer 500GT)」:スペック・価格

  • アラブ首長国連邦に拠点を置く「ザルーク(Zarooq)」が製作したオフロードマシン
  • 35台を限定生産

スペック

  • エンジン形式:「ゼネラルモーターズ(GM)」製 V型8気筒 6.2L「LT1」
  • 最高出力:525ps
  • 最大トルク:67.3kgm
  • トランスミッション:5速シーケンシャル・トランスミッション
  • 車両重量:1,300kg
  • 最高速度:220km/h
  • 駆動:後輪
  • F1マシンも手がけるスペインのレーシングコンストラクター「カンポス」がボディを設計し、ロールケージも装備
  • レザーインテリアはドイツ「マンソリー」が担当
  • サスペンションストロークは45cmを確保

「ザルーク サンドレーサー 500GT(Zarooq SandRacer 500GT)」:価格

  • 価格:約5,100万円(円換算)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。