【ポルシェ 911 RSR】ミッドシップ仕様の勝つためのマシン

この記事は2分で読めます

【ポルシェ 911 RSR】ミッドシップ仕様の勝つためのマシン

あわせて読みたい記事:【フェラーリ ディーノ】50年の時を経て復活する名車のスペック

あわせて読みたい記事:【アウディ R8 Star of Lucis】 スペック・価格

あわせて読みたい記事:【シボレー コルベット グランスポーツ】 最新のスペック・価格

「ポルシェ」社が2017年のルマン24時間レースを含む「FIA世界耐久選手権(WEC)」等に参戦するための新たなLMGTEマシンの「ポルシェ 911 RSR」(MY2017)を公開しました。「ルマンのための」と位置付けられ、「ゼロから新開発されたGTレーシングカー」との触れ込みも付いているレーシングマシンです。

  • 20161117125742

完全新開発となる「ポルシェ 911 RSR」は、サスペンション、ボディ構造、エアロダイナミクスコンセプト、エンジン、およびトランスミッションがゼロから設計されたという「勝つためのマシン」です。新たなエンジンコンセプトによって大型のリヤディフューザーの装着が可能になり、LMP1クラスのマシンである「ポルシェ 919 Hybrid」から採用したトップマウントリヤウイングとの組み合わせで、ダウンフォースとエアロダイナミクスの効率は大幅に向上しています。

  • 20161117125753

エンジンは、水冷の水平対向6気筒、自然吸気の排気量:4,000ccのパワーユニットです。この軽量なエンジンの存在が、「車両開発において、エンジニアに大きな自由を与えた」とされています。テクニカルデータによれば「ミッドシップレイアウト」であり、出力的にはリストリクターサイズに応じて最高510psを発生しています。

  • 20161117125745

そして最大の特徴ともいえるのが、「コリジョン・アボイド・システム」と呼ばれるレーダーサポートによる衝突警告システムです。これは、夜でもLMP1マシンなど上位カテゴリーの「プロトタイプ」のマシンの後方からの接近を早期に検知するものです。まさに「ルマン」を意識した新装備といえるシステムの装備です。

  • 20161117125751

メンテナンス性の向上等にも意識を配って開発され、テスト距離もこれまでにない長さをこなしているという「ポルシェ 911 RSR」は、来季2017年の「WEC(LMGTEカテゴリー」)および、北米の「IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権」に2台ずつがワークス参戦予定となっています。デビュー戦は、IMSA開幕戦である1月末の「デイトナ24時間レース」となっています。


「ポルシェ 911RSR」:スペック

  • 「世界耐久選手権(WEC)」のGTEクラスなどに参戦するレーシングマシンです。
  • 運動性能を高めるため、ベースの「911」が採用しているRRレイアウトからミッドシップレイアウトに変更、マシンをゼロから作り直した「勝つため」のマシンです。
  • 20161117125743

スペック

  • 全長 × 全幅:4,557 × 2,042mm
  • ホイールベース:2,516mm
  • エンジン形式:水平対向6気筒 4L
  • 最高出力:510ps
  • トランスミッション:6速パドルシフト
  • 車両重量:約1,243kg(各レギュレーションに合わせ調節)
  • ロールケージなどの安全装備のほか、他クラスのマシンとの衝突をさけるレーダー衝突警告システムを装備しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。