【アストン マーティン ヴァンキッシュS】スペック・価格・画像

この記事は3分で読めます

【アストン マーティン ヴァンキッシュS】スペック・価格・画像

あわせて読みたい記事:【メルセデスベンツ GLCクーペ】PHVモデルのスペック 価格

あわせて読みたい記事:【旧車】 お笑い芸人の旧車愛がすごい! まとめ

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード8】 「Furious8」:登場車種一覧リスト 

「アストンマーティン」社は11月16日にフラグシップモデルの「ヴァンキッシュ S」を発表しました。次の1世紀を迎えるに相応しいスポーツカーとして、創業100周年の2013年に登場した先代「ヴァンキッシュ」ですが「S」となって新型は、どのようなポテンシャルを秘めているのでしょうか。

新型の「ヴァンキッシュ S」は、従来型の「ヴァンキッシュ」をベースに、エンジンやシャシー、エアロダイナミクスまで徹底的に見直し、驚異的なパフォーマンスにさらなる磨きを掛けたというスペシャルモデルです。

「ヴァンキッシュ S」の凄さは、エクステリアデザインからも伝わってきます。3分割のレーシンググリルや、カーボンファイバーむき出しの新しいフロントスプリッター/リヤディフューザーがよりスポーティな雰囲気を醸し出すとともに、フロントのリフトおよび空気抵抗を最小限に抑えるなど、エアロダイナミクス面でも向上が図られたデザインとなっています。

  • 20161116133321

さらにリアエンドでは、4本出しのエキゾーストパイプを組み合わせることにより、よりアグレッシブなイメージが増幅させられています。「アストンマーティン」社を代表するスポーツGTの名に相応しいスタイルとなっているのです。

  • 20161116133320

さらに、新たにラインナップされたオプションを装着することができます。用意されるアイテムには、カーボンファイバー製ボンネットルーバー、新しい鍛造5スポークダイヤモンド切削ホイールなどが含まれています。

  • 20161116133323

インテリアデザインは、キルトレザーをはじめ、「サテン チョップド カーボンファイバー」と呼ばれる新素材などによってインパネが仕立てられており、カスタマイズの幅も拡大しています。

  • 2016111613331720161116133319

またシートには、豪華な「Bridge of Weir製」のケイスネスレザーをあしらい、ラグジュアリーな雰囲気に仕上げられています。

  • 20161116133318

パワートレインにおいては、排気量:6.0リッターの自然吸気のV型12気筒エンジンです。インテークシステムの改良で吸気効率を高めた結果、最高出力は従来型の「ヴァンキッシュ/573ps」から600psにアップしています。スロットルレスポンスもよりシャープなものへとセッティングされています。また、パワーアップに合わせて組み合わされるトランスミッションは、8段AT「タッチトロニックIII」のキャリブレーションが調整され、より素早いギヤシフトと精密でレスポンスに優れたシフトフィールを実現しています。

そしてサスペンションシステムでは、ダンパーの設定、スプリングレート、アンチロールバーのブッシュもリセッティングされています。しなやかな乗り心地を犠牲にすることなく、よりスポーティでダイレクトな走りを楽しむことができるのです。

「ヴィンテージモデル」とも言うべき最終進化形が、今回発表された「ヴァンキッシュ S」といえるでしょう。もちろん、クーペモデルとヴォランテ(4座オープン)モデルともに設定され、デリバリーはイギリス本国市場を皮切りに2016年12月から開始される予定となっています。


「アストン マーティン ヴァンキッシュS」:スペック・価格

  • 「ヴァンキッシュ」の運動性能を向上させたモデルです。
  • クーペとヴォランテ(オープンモデル)をラインナップ予定です。
  • V型12気筒6Lエンジンの最高出力を573馬力から600馬力にアップしています。
  • エンジン、シャシー、エアロダイナミクスを見直し、走行性能を大幅に改善しています。
  • 20161116133316

スペック

  • 全長 × 全幅 × 全高:4,730 × 1,910 × 1,295 mm
  •  ホイールベース:2,740mm
  • エンジン形式:V型12気筒 6L
  • 最高出力:600ps / 7,000rpm(+27ps)・インテークシステムに改良を施し、吸気効率を高めスロットルレスポンスをアップしています。
  • 最大トルク:64.2kgm / 5,500rpm
  • トランスミッション:8速AT・パワーアップにあわせキャリブレーションを調整し、より素早く、精密なシフトフィールを実現するとともに低速時の質感を改善しています。
  • 車両重量:1,739kg
  • 0-100km/h加速:3.5秒
  • 最高速度:295km/h
  • サスペンション、ダンパー、スプリングレート、アンチロールバーブッシュをリセッティングし、しなやかな乗り心地を犠牲にすることなく、よりスポーティに仕上げられています。
  • 新しいエアロダイナミックパッケージを採用しています。カーボンファイバー製のフロントスプリッター、リヤディフューザーによって、フロントのリフトを大幅に低減しながら、空気抵抗を最小限にデザインされています。
  • 4本出しエキゾーストパイプを採用しています。
  • エクステリアオプションとして、カーボンファイバーボンネットルーバー、鍛造5スポークダイヤモンド旋削ホイール、ペイントグラフィックパックを用意しています。
  • インテリアに、新設定された「フィログラフ」キルトレザーや、「サテン・チョップド・カーボンファイバー」フェイシアパネルを用意し、カスタマイズの幅を拡大されています。

「アストン マーティン ヴァンキッシュS」:価格(円換算)

  • 約3400万円~
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。