【ランボルギーニ ウラカンRWDスパイダー】MR仕様のスペック

この記事は3分で読めます

【ランボルギーニ ウラカンRWDスパイダー】MR仕様のスペック

あわせて読みたい記事:【ランボルギーニ】センテナリオのクーペ&オープン比較 ド級の価格

あわせて読みたい記事:【シボレー コルベット グランスポーツ】 最新のスペック・価格

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード8】 「Furious8」:登場車種一覧リスト 

ロサンゼルスモーターショー2016において、「ランボルギーニ ウラカン RWD スパイダー」が発表されました。オープンエア走行という魅力的なライフスタイルとピュアでスリリングなRWDエンジニアリングの両方を味わうことができ、一般道路でのピュアなドライビングを楽しみたい方にぴったりなモデルとなっています。

「ウラカン RWD スパイダー」はフロント、リア共にデザインを一新しています。その結果、4WDの「ウラカン」に比べて、ダイナミックで勇ましいフォルムとなっています。自然吸気のV型10気筒5.2リッターのエンジンから、426kw/580hpが発生します。乾燥重量を1509kgに抑え、パワーウェイトレシオ2.6kg/hpを達成し、ポテンシャルは、0-100km/h加速:3.6秒、最高速度:319km/hを誇ります。「RWD スパイダー」は、世界各地で2017年1月より、二輪駆動クーペと四輪駆動クーペの間の価格で発売される予定となっています。

「ウラカン RWD スパイダー」のダイナミックで美しい外観のアクセントになっているのが、大きなフロント吸気口。この吸気口で冷却用空気と向かい風の流れを調整するため、フロントアクスルへのダウンフォースが高まる。

20161116151738

ウラカン RWDのために、ピレリのPゼロタイヤを特別に設計。タイヤは19インチのKariリムを備えている。スチール製ブレーキも特別なフォルムに設計され、アルミニウム製ブレーキディスクポットを設置した。このため、軽量化だけでなく冷却効果も向上している。

20161116151740

コックピットには、約30センチの高画質TFTインストュルメントパネルを含む最新の「ランボルギーニ・インフォテインメント・システムII」を搭載しています。同モデルにはスパイダーにふさわしいソフトトップを採用しており、時速50km以下ならば、軽量のソフトトップはわずか17秒で開閉が可能で、スパイダーの重心を維持したまま収納できる設定となっています。

オープントップで走行する場合、フィン一体型のダクトにより頭上スペースの乱流が抑えられる設計です。ソフトトップの開閉に関わらず、ドライバーは電動でリアウィンドウを開けることが可能となっています。リアウィンドウを上げると風よけになり、下げるとV10エンジンのユニークなエンジン音が際立つ造りとなっています。取り外し可能な2枚のウィンドガードがキャビン内を横方向に流れる空気力学的ノイズを抑えるので、高速走行時でもキャビン内での会話を楽しむことができるようにもなっています。

「ウラカン RWD クーペ」と同様に、スパイダーのミッドシップ自然吸気V型10気筒5.2リットルエンジンの最高出力は、8,000rpmで426kw(580hp)、最大トルクは540Nm(6,500rpm)。なお、1,000rpmでも最大トルクの75%を発生するよう設計されているようです。

20161116151739

また「ランボルギーニ・ドッピア・フリッツィオーネ(LDF)7速デュアルクラッチギアボックス」も搭載し、スムーズなギアチェンジを可能とし発進制御も備え、停止状態からでも最大限の加速ができる仕様となっています。

この「RWD スパイダー」に合わせて、電動パワーステアリングや「ランボルギーニダイナミックステアリング(LDS、オプション装備)」も特別に調整しています。どのような運転状況においても、運転モードと走行スピードに応じた俊敏な反応と優れた操作性を実現するのです。

また、「ウラカン RWD スパイダー」は、「ランボルギーニ・ピアッタフォルマ・イネルツィアーレ(LPI)」を搭載しています。「LPI」は、車体の重心近くに位置するセンサーシステムで、3Dの車体の動きを全て追跡するシステムです。「LPI」の情報は、「磁性流体サスペンション(MRS、オプション装備)」および「ステアリング安定制御システムへリアルタイム」に送られるようになっています。ステアリングホイールについている「ANIMA(アドバンスト・ネットワーク・インテリジェンス・マネジメント)ボタン」で、ストラーダモード・スポルトモード・コルサモードから運転モードが選択できるようになっています。コルサモードではオーバーステアリング特性が発揮され、RWDによる究極の挙動を楽しむことができる仕様にセッティングされています。

他のウラカンモデルと同じく、気筒休止機能によりエンジン効率が向上し、消費燃料およびCO2排出量を低く抑えられます。エンジンのフル稼働が必要ない場合、シリンダーバンク1台のスイッチが切られ、10気筒のうち5気筒が一時的に休止します。その後、アクセルを踏むと、ドライバーが気づかないほどスムーズに10気筒モードへと戻る上質なエンジンシステムです。


「ランボルギーニ ウラカンRWDスパイダー 」:スペック

  • 「ウラカン」のオープン「ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデルです。
  • 世界発売は2017年1月を予定です。
  • 価格は2輪駆動クーペと4輪駆動クーペの間になるとしています。
  • 20161116151737

スペック

  • 全長 × 全幅 × 全高:4,459 × 1,924 × 1,180mm
  • エンジン形式:自然吸気 V型10気筒 5.2L
  • 最高出力:580ps / 8,000rpm
  • 最大トルク:55.0kgm / 6,500rpm
  • トランスミッション:7速デュアルクラッチ
  • 駆動:MR
  • 車重:1,509kg(4輪駆動スパイダーから-33kg)
  • 0-100km/h加速:3.6秒
  • 最高速:319km/h
  • 新デザインバンパーを採用し、2輪駆動によるトラクション不足に対応しています。
  • タイヤ:専用設計19インチ「ピレリ P ZERO」
  • ブレーキ:アルミ製ブレーキディスク
  • 前後重量配分:40:60(4輪駆動のスパイダーは43:57)
  • 専用セッティングのサスペンションやスタビライザーなどの足回りを採用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。