「対州馬」の赤ちゃん 子馬が産まれていました。

この記事は1分で読めます

20160516132445今日、家族で「対州馬」を飼育している対馬市上県町にある「目保呂馬事公園」に行ってきました。なんと「子馬」が誕生していました。誕生したのは2016年5月1日のようで、産まれたての赤ん坊(牝)です。いやぁ…それは、可愛いこと!茶色の柔らかい産毛に覆われた立ち姿にパッチリした透き通った大きな瞳、そして、か細く長い脚で駆け回っていました。懐っこい子でゲージに近づくと、すぐにこちらに寄ってきてくれて顔をスリスリしてきます。 20160517_125445ときどき、お母さんの乳をもらっては、走り回る!を繰り返していました。母馬も神経質になっているんじゃないかと心配になって近寄ると、ぜんぜん大丈夫で頬を撫でであげました。今日は、天気も良くて他の馬たちも元気にゲージの中を走り回っている様子を楽しめました。我が子も初めてみる「対州馬」の子馬に興味津々で、「カワイイ」と何度も言いながら触れていました。「対州馬」も国産在来種の8種類うちの1種でありながら、「対州馬」の頭数は30数頭です。そんな中、繁殖活動などが行われているため、今回の「子馬誕生」は、大きな喜びですね。私も初めて、産まれて1ヵ月も経っていない「子馬」を初めて見ることができました。これから末のドライブコースに含めて、家族で時々、「子馬」の様子を見に行こうかなぁと思う出来事でした。20160516132950
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。