「kawasaki・GPz900R(Ninja)」孤高の存在 

この記事は3分で読めます

「kawasaki・GPz900R(Ninja)」

あわせて読みたい記事:【旧車】 芸能人が愛する「KAWASAKI(カワサキ)」まとめ

あわせて読みたい記事:【特攻の拓】「音速の四天王」が乗っている伝説と言われるバイク!

あわせて読みたい記事:【ホットロード】 映画に登場する旧車がバイクファンを唸らせる!

1986年全米で公開され大ヒットとなった映画「トップガン(TOP GUN)」(日本では1987年公開)の中で、主人公「マーベリック」(トム・クルーズ)が乗っていたのが、「kawasaki・GPz900R(Ninja)」でしたね。「トム・クルーズ」さんの出世作となったこの「トップガン」で出ていた「GPz900R」もまた大人気となりました。そして、今もなお愛車として乗っているライダーは「ニンジャ乗り」と言われるほど人気があります。一体どんなバイクだったのでしょうか?

  • military-622846_640

すべて最新技術の新設計モデル

  • 1040044_00_1996_03
  • (photo:goobike)

それまでのカワサキのバイクの最高峰は「GPz1100(ZX100A型)」であり、伝説の名車「Z-1」から継承されていた空冷4気筒エンジンを採用し、熟成の域に達していました。それゆえに、これ以上のパワーやトルクの向上、軽量化などチューニングは限界になっていました。そのためにコンパクトかつハイパワーユニットが必要とされ、さらに軽量な車体と組み合わせる開発が進められることになりました。


大歓迎されたデビュー

  • mincara.carview.co.jp gpz900r
  • (出典:mincara.carview.co.jp)

「GPz900R」のデビューは、1983年のパリ・モーターショーでした。その年には、アメリカのサーキットでもデビューと試乗会が行われる大注目のデビューだったのです。というのも、カワサキはアメリカにおいて「Z」シリーズは、レースで多くの勝利を遂げており、絶大な人気を誇っていたからです。それゆえに市販車デビューとなった1984年は、バイクファンから大歓迎されるデビューとなりました。


唯一無二のデザイン

  • www.bikebros.co.jp 900r
  • (photo:www.bikebros.co.jp)

今、見ても斬新でクールなアッパーカウルは、エアロダイナミクスを考慮したカワサキ渾身のデザインです。現行のバイクと比べても劣らない空気抵抗値を実現し、古さを感じさせないデザインです。またダイヤモンドフレームを採用し、車体は900ccでありながら現行400ccくらいのサイズのスリムさで足つきの良い車体に仕上がっています。初期モデルは、16インチホイールを採用しているために低く構えたスタイリングを実現し、旋回性能も向上しています。全体として、シャープなスタイリングですよね。


新設計の「エンジン」

  • GPZ900R_A16Ninja
  • (photo:wikipedia)

搭載されていたエンジンは、908cc 水冷4気筒 DOHC 16バルブのエンジン。このエンジンは、ウェットライナー(スリーブを直接冷却)が採用されていたり、サイドカムチェーンが採用されていたりとバイク用エンジンでは初採用の最新技術が投入されていました。さらにDOHCは、ロッカーアーム式の1カム2バルブの駆動となっていました。しかし、これはカジリが生じてしまうという「GPz900R」の泣き所ですが。でも、エンジンだからこそ「GPz900R」の独特の「フュルフュルルル….」という吸気音と900ccの低く鳴り響くエンジン音が魅力的なんですよね。初期モデルは、最大出力115PS/9,500rpm、最大トルク8.7kgm/8,500rpmを発生させ、最高速度は250km/hオーバーのポテンシャルを発揮します。


「GPz900R(A1型)」1984年モデル スペック

  • blog.livedoor.jp 900r
  • (出典:blog.livedoor.jp)
  • 型式:ZX900A
  • 全長 × 全幅 × 全高:2,200 × 750 × 1,215(mm)
  • 車両重量:228kg
  • エンジン形式:水冷並列4気筒 DOHC 16バルブ(ZX900AE型)
  • 排気量:908cc
  • 最大出力:115PS / 9,500rpm
  • 最大トルク:8.7kgm / 8,500rpm
  • ミッション:6速リターン
  • ブレーキ(F/R):油圧ダブルディスク / 油圧ディスク
  • 最高速度:250km/hオーバー
  • 0-400m加速:10.9秒

「トップガン」モデルは?

  • ninjasokuho.blog.shinobi.jp 900rair-show-609100_640
  • (出典:ninjasokuho.blog.shinobi.jp)

映画「トップガン」で空軍基地で戦闘機「F-14トムキャット」とカッ飛んでいたり、市街地を「ポルシェ356スピードスター」とカーチェイスしたりと、「ここぞ!」というときにカッコ良く登場していました。劇中の「GPz900R」は、1985年モデルの「A2型」のファイヤークラッカーレッド×エボニーのカラーリングでワッペンタイプのステッカーがタンクのサイドとサイドカバーに貼られていましたね。

  • ninjasokuho.blog.shinobi.jp 900r1
  • (出典:ninjasokuho.blog.shinobi.jp)

でも劇中仕様の配色でペイントされて、市販モデルとは変更されていました。今見てもカッコいいですね。

  • www.pinterest.com 900r
  • (出典:www.pinterest.com)

「カスタムモデル」

  • www.bikebros.co.jp 900r1
  • (出典:www.bikebros.co.jp)
  • carcast.jp 900r1
  • (出典:carcast.jp)
  • www.bikebros.co.jp 900r2
  • (出典:www.bikebros.co.jp)
  • carcast.jp 900r
  • (出典:carcast.jp)
  • www.bbb-bike.com 900r
  • (出典:www.bbb-bike.com)

「現在の中古車相場」

新車価格は、中古車は50万円くらいから探せますが程度良いものなら200万円オーバーですね。

現在は、旧車あるゆえに純正パーツも手に入りにくくなってきており、仕方なくカスタムする方も多いようです。

カスタムパーツも豊富ですから自分好みに仕上げていく楽しさがあると思います。


まとめ

映画「トップガン」で「Ninja」というモデル名を世界中に広めたカワサキの「名車」、「GPZ900R」は、性能的には旧車なので速さや乗りやすさは二の次にして味のある唯一無二、カワサキの孤高のモデルです。まさに「ニンジャ乗り」は永遠の存在でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。