【トヨタ 2000GT改】 貴重な名車をサーキット仕様カスタム

この記事は2分で読めます

【トヨタ 2000GT改】 貴重な名車をサーキット仕様カスタム

あわせて読みたい記事:【日産・3th スカイライン】 C10型「ハコスカ」 まとめ

あわせて読みたい記事:「R30・スカイライン」 レース・西部警察・ストリート まとめ

あわせて読みたい記事:【トヨタ セリカXX】A60系型は色褪せないデザインとエンジン 

「トヨタ 2000GT」といえば、国産名車の中でも代表的なモデルです。「トヨタ自動車」が「ヤマハ発動機」への生産委託で1967年から1970年までトヨタブランドで生産されたスポーツカーです。型式は、「MF10」と「MF12L」であり、極少数ながら廉価版として、OHCエンジンの排気量:2300ccモデルが製造されました。生産台数は、わずか337台といわれています。当時の「トヨタ 2000GT」のスペックは下記の通りです。

  • file
  • 「トヨタ 2000GT」:スペック
  • 型式:「MF10型」
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,175 × 1,600 × 1,160mm
  • ホイールベース:2,330mm
  • エンジン型式:3M型
  • エンジン形式:水冷直列6気筒 DOHC
  • 排気量:1,988cc
  • 最高出力:150PS/6,600rpm
  • 最大トルク:18.0kg·m/5,000rpm
  • トランスミッション:フロア5速MT
  • 駆動方式:FR
  • サスペンション(F/R):ダブルウィッシュボーン / コイル
  • ブレーキ(F/R):ディスクブレーキ
  • 車両重量:1,120kg
  • 新車価格(当時):237万円
  • 現在(中古車):6,000万~1億円オーバー

その「トヨタ 2000GT」という貴重な名車をカスタムしたチューニングカーをご紹介いたします。

  • cars-in-my-life-03-toyota-2000gt_17

オーナーは、「諸井猛」さんというエンジニアの方の「トヨタ 2000GT改」です。金属加工を行うファクトリーの経営者にして、自身もエンジニアとして働く、「諸井猛」さんが、初めて趣味のクルマを手に入れたのは、いまから23年前のことで、その車は、「ポルシェ 964」シリーズ時代の「ポルシェ 911 カレラ2」でした。この車を手に入れてしまったことで「クルマ好きの虫」が覚醒してしまったそうです。いまでは街乗り用からレーシングモデルまで、空冷水冷問わず各世代の「ポルシェ 911」を愛用するまでになったということです。

  • cars-in-my-life-03-toyota-2000gt_14-2

50歳を少し超えた「諸井猛」さんは、1970年代後半に吹き荒れたスーパーカーブーム世代の方です。それゆえに「トヨタ 2000GT」には当時から単なる憧れ以上のクルマ愛があったそうですが、「ポルシェ 964カレラ2」を購入した翌年、リーズナブルな車両があると聞きつけ思い切って手に入れたということです。

  • cars-in-my-life-03-toyota-2000gt_04

当時のことを「いまのようにマーケットが高騰していない20余年前だったとはいえ、それでも安かった」と、「諸井猛」さんは振り返っています。

  • cars-in-my-life-03-toyota-2000gt_16

しかし、リーズナブルな「トヨタ 2000GT」というだけあってコンディションはイマイチだったそうです。

  • cars-in-my-life-03-toyota-2000gt_04

購入した「トヨタ 2000GT」は、かつては「トヨタ自動車」の広報車として使われ、サイケな花柄のプリント生地を車体全面に貼られたり、はたまた映画の撮影でも酷使されたりするなど、ボディの状態は特に酷かったということです。

  • cars-in-my-life-03-toyota-2000gt_06

それで、「諸井猛」は一度、オリジナルコンディションにレストアするものの、その頃からハマりはじめていたサーキット走行に「トヨタ 2000GT」を出走させることになり、1960年代のアメリカで、かの「キャロル・シェルビー」氏とともに「SCCA選手権」に出場していた「トヨタ 2000GTレーシング」のスタイルを再現しようと考えたそうです。

  • cars-in-my-life-03-toyota-2000gt_08

その当時、「諸井猛」は実は、もう一台オリジナルの「トヨタ 2000GT」も入手したことから、さらに速い「トヨタ 2000GT」へとモディファイしてしまおうと決意しカスタムモデルの製作がはじまったということです。

  • gqjapan

エクステリアデザイン、はレーシングマシンのカラーリングへペイントし、パワーユニットを、1980-90年代の「トヨタ ソアラ」などに搭載されていた3000ccの直列6気筒DOHC24バルブエンジンの「7M-GTEU型」に換装したそうです。

  • cars-in-my-life-03-toyota-2000gt_03

エキゾーストも変更し、足回りもブレンボ製キャリパーやローダウン化されたサスペンションなど、レースに耐えうるセットアップを施し、(おそらく)世界一速い「トヨタ 2000GT改」となっているようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。