【日産 スカイライン 60thリミテッド】スペック・価格・画像

この記事は2分で読めます

【日産 スカイライン 60thリミテッド】スペック・価格・画像

あわせて読みたい記事:【ヘイオイラーズ 甦るスカイライン神話】登場人物・車種 まとめ

あわせて読みたい記事:「R30・スカイライン」 レース・西部警察・ストリート まとめ

あわせて読みたい記事:【メルセデスAMG GT Sの20台限定モデル】スペック 価格

このほど「日産自動車」は、「スカイライン」シリーズの一部仕様を向上するとともに、誕生60周年記念の特別仕様車として「60thリミテッド」を設定し、11月7日より販売を開始しました。

今回、発売する「スカイライン 60thリミテッド」は、「350GT ハイブリッド タイプSP」、「350GT FOUR ハイブリッド タイプSP」、「200GT-t タイプSP」をベースとしており、上質な室内空間を実現するアイテムを標準装備したモデルとなっています。

  • 20161107161258

従来よりも柔らかな本革にセミアニリン加工を施した高級本革シートを全席に採用するとともに、フロントシートはホールド性が高いスポーツシート形状を採用しています。

  • 20161107161259

また、内装のトリムに木目の風合いをそのまま生かしたオープンポアウッドを採用することによって高級感を演出しています。

  • 20161107161302

また、今回の一部仕様向上では、国産車初となる「BOSE パフォーマンスシリーズ サウンドシステム」をオプション設定しています。

  • 20161107161304

左右のリアドアに新規でツイーターを設定し16スピーカーとしたほか、フロントドアのツイーターを刷新、フロントドアのスピーカーグリルに音響特性がよいメタル素材を採用し、上質で豊かな音響空間を実現しました。

ボディカラーには、過去のスカイラインで採用したヘリテージカラーを受け継いだ特別色「オーロラフレアブルーパール」を追加しており、合計9色の設定としました。

  • 20161107162147

価格は「350GTハイブリッド」が、581万0400円~、「350GT FOUR ハイブリッド」が609万1200円~、「200GT-t」が496万3680円~の設定となっています。なお同モデルは、2017年9月末日受注分までの期間限定販売となっています。また、11月8日より日産グローバル本社ギャラリーにて「60thリミテッド」を特別展示しています。歴代スカイラインのパネル展示に加え、第1弾のヘリテージカーの展示として初代スカイラインも展示しています。


「日産 スカイライン 特別仕様車 60th リミテッド」:スペック・価格

  • 国産車初となる「BOSE Performance Seriesサウンドシステム」をオプション設定しています。左右リアドアにツイーターを追加し16スピーカーとし、さらに、フロントドアのツイーターを改良しました。また、フロントドアのスピーカーグリルをより薄く、洗練されたデザインにし、音響特性がよいメタル素材を採用し上質な音響空間を実現しています。
  • ボディカラーに、過去のスカイラインで採用したカラーを受け継いだ「オーロラフレアブルーパール」を追加し、計9色をラインナップしています。
  • 2017年4月に迎える、「スカイライン」誕生60周年を記念する特別仕様車「60th リミテッド」を2017年9月末までの期間限定で販売です。ベースモデルは「350GT ハイブリッド タイプSP」、「350GT FOUR ハイブリッド タイプSP」、「200GT-t タイプSP」となっています。
  • 上質な室内空間を実現する本革やパネルを標準装備しています。

「60th リミテッド」特別装備

  • 従来より柔らかな本革にセミアニリン加工を施した高級本革シートを全席に採用しました。前席はホールド性が高いスポーツシートデザインに変更しています。
  • 内装のトリムに木目の風合いをそのまま生かす塗装仕上げを用いたオープンポアウッドを採用しました。

スカイライン 60th リミテッド 価格

  • 「200GT-t」:496万3680円~ 
  • 「350GTハイブリッド」:581万0400円~
  • 「350GT FOUR ハイブリッド」:609万1200円~
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。