【クリーンディーゼル車】ヨーロッパ市場では縮小傾向にあるのか?

この記事は2分で読めます

【クリーンディーゼル車】ヨーロッパ市場では縮小傾向にあるのか?

あわせて読みたい記事:【ゼネラル モーターズ(GM)】アメ車の躍進に繋げる技術とは?

あわせて読みたい記事:【プロテラ(Proterra)】電気自動車「E2」はバスモデル

あわせて読みたい記事:【ヘイオイラーズ 甦るスカイライン神話】登場人物・車種 まとめ

最近は、世界的に電気自動車の開発が急速に加速し、「安全性能」、「燃費向上」に加えて「環境保全」が大手自動車メーカーの注目点といえます。そのような中、ヨーロッパの自動車市場の一部で、「ディーゼルモデル」離れの傾向が見え始めています。自動車業界を専門とするイギリスの調査会社「LMCオートモーティブ」によると、「西欧で2016年9月に新車登録された自動車のうち、ディーゼル車が占める割合は47.9%となった。前年比では1.4パーセントポイント減少している。」ということです。2016年8月にも、「ディーゼル車」のシェアは同2.7パーセントポイント下げており、「LMCオートモーティブ」はこの傾向について、「今後も長期的に続く」との見通しを示しているようです。

ただし、域内では9月の統計について、「実際はもっと減っているはずだ」と指摘する声もあるようです。ヨーロッパの自動車関連の統計は、毎年3月と9月にひずみが生じるためです。イギリスでは、この2か月にナンバープレートの年式が切り替えられることから、販売が両月に集中することが理由です。9月のイギリスの販売台数は、フランスとイタリア、スペイン、ベルギー、ルクセンブルグの合計を上回っています。

では、「ディーゼル車」の需要についてみると、イギリスはその他各国の市場に比べ、好調を維持しているようです。9月の「ディーゼル車」の登録台数は、前年同月の45.9%から、46.5%に増加しています。そのほかイタリアでも、前年同月の54%から57.5%に増えています。

しかし、自動車業界に関するさまざまな情報を伝えるイギリスの「AIDニュースレター」の編集者である、「マティアス・シュミット」氏は、「現状からみれば、欧州各国の市場でディーゼル車の需要が減少する傾向は、今後も続くと見込まれる。シェアも縮小を続けるだろう。ディーゼル車のメーカー各社は、・・・ディーゼルの長所に対する消費者の信頼を回復するため、早急に対策を講じる必要がある」とコメントしています。つまり、「クリーン・ディーゼル」は本当にその名が示す通りのものであるということを、事実に基づき、自動車業界として明確に示す必要があるということを述べているのです。

ヨーロッパでは、「D、E、F」の「セグメント(ラージカー、エグゼクティブカー、ラグジュアリーカー)」に分類されるモデルでは、「ディーゼル車」の人気が最も高く、顧客の獲得率は80%以上となっています。ただし、小型の「A、B」の「セグメント(ミニカー、スモールカー)」では2011年以降、その割合を約30%減らしているのです。

今後、どのように開発が進んでいくかで「ディーゼル」は大きく増減することになりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。