【マリファナ合法化】アメリカで57%が支持しビジネスチャンス?

この記事は3分で読めます

【マリファナ合法化】アメリカで57%が支持しビジネスチャンス?

あわせて読みたい記事:【大麻】合法薬物で医療は巨額の節約になる?その額、驚きの○○円

あわせて読みたい記事:【大麻】世界の多くの投資家が魅力を感じている「大麻業界」とは?

あわせて読みたい記事:【豪邸】 ビルゲイツなど世界の大富豪の豪邸はどんな家なのか?

世界的に薬物に関する見方が変化しており、それはアメリカにおいて顕著に表れているようです。アメリカの調査機関である「ピュー・リサーチ・センター」の調査によれば、「マリフアナの合法化」について、10年前はアメリカの成人の32%が賛成、60%が反対していました。しかし、今ではこの数字がほぼ逆転しているということが明らかになりました。「ピュー・リサーチ・センター」が2016年8月に、アメリカの成人1,201人を対象に実施した調査では、賛成が57%、反対は37%だったというのです。

アメリカでは1970年代に「マリフアナ合法化」の支持が高まったものの、1980年代になると、「ロナルド・レーガン」大統領(当時)の下で政府が娯楽用ドラッグの取り締まりを強化しました。そして、ファーストレディーだった「ナンシー・レーガン」氏は、ドラッグ反対運動に重点的に取り組み、「ジャスト・セイ・ノー(ただノーと言おう)」というスローガンを掲げて運動を展開しました。さらに、レーガン政権が政策変更によって、この取り組みを支援したのです。また1986年に「ロナルド・レーガン」大統領は、「ドラッグに反対する全国規模の撲滅運動」「アメリカからこの問題をなくすための持続的かつ容赦のない取り組み」を呼びかけました。これを受けて、まず連邦議会下院が、その後上院がドラッグ関連法案を可決することになりました。これによって取り締まりの強化、教育と治療プログラムのために「17億ドル(約1,172億円)」の追加支出が行われましたし、「ロナルド・レーガン」大統領の次に大統領に就任した「ジョージ・ブッシュ」氏も「ドラッグとの戦争」を宣言し、ドラッグ対策に重点的に取り組んでいきました。

しかし、「ジョージ・ブッシュ」氏が1990年代前半に退任した後、政府の優先順位は変化していくことになります。その上、国民も異なる複数のタイプの娯楽用ドラッグを区別するようになっていきました。「マリファナ」が健康に及ぼす影響についての研究が増えたことも含め、「医療目的」での「マリファナ」利用に対する注目が高まったことが、人々がコカインやヘロインなど「よりハードな」薬物と「マリファナ」を区別して考えるようになりました。このような流れによって2016年11月には、9つの州で、「マリファナ」に関する規制緩和措置の賛否を問う投票が行われる予定ということです。

さらにアリゾナ、カリフォルニア、メイン、マサチューセッツとネバダの5州では、「娯楽用マリファナの合法化」について賛否を問う投票が行われ、フロリダ、アーカンソー、ノースダコタの3州では「医療目的でのマリファナ利用許可」の是非を問う投票が実施される予定です。またモンタナ州では、「医療目的でのマリフアナ利用」について、規制緩和が検討される予定なのです。

では、現在において合法化に反対しているのは、どのような人々なのか、ということを考慮するために「ピュー・リサーチ・センター」では、調査結果をさらに「サブグループ(下位集団)」ごとに分析しました。すると「マリファナ合法化」への反対が過半数を超えたサブグループは、「共和党保守派」といわゆる「サイレント・ジェネレーション(71歳から88歳までの世代)」だけだったということが明らかになりました。

それでも、1,201人を対象に実施した調査は、1,201人を対象とした調査にすぎません。各機関は調査を実施する際、回答者には「代表的な」人々(一般的・総合的な人々と同じような考え方を持つグループ)を選ぶようにしています。それは、全ての人を対象に調査をするのは時間やコストがかかりすぎて、実質的に不可能だからです。しかし、こうして選ばれた人々が、全人口の見解を反映するとは限らないし、常に正確に、あるいは正直に調査に回答するとも限りません。

  • drugs-908533_640

とはいっても、調査結果を見ると「マリファナ合法化」への支持は高まっていることは明らかです。アメリカは近い将来、オランダやウルグアイに続いて、より広く「マリファナ利用を合法化」するのか注目されています。

1970年代にもその機運は高まりましたが、その後の取り締まりで合法化はなくなってしまった事実があります。それでも今は、当時とは事情が違うことを調査結果は明らかにしています。世論調査で合法化を支持する人が過半数を超えたのは、今回が初めてのことです。「マリファナ」に関する議論も、以前より主流になっているようです。

「医療用マリファナ産業」は、急速に成長を遂げています。「マリファナ」がより広く合法化されれば、さらに多くのビジネスチャンスが生まれることになるでしょう。「ナップスター(音楽ファイル共有サービス)」を創業し「フェイスブック」の初代CEOを務めた「ショーン・パーカー」氏など、合法化の動きを支持するシリコンバレーの投資家や起業家は増えている事実があります。

2016年11月の選挙で、合法化の機運がさらに高まることになるのか、注目が集まっているのがアメリカの「マリファナ」事情です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。