【テスラモーターズ】オートパイロット機能が各国で懸念されている

この記事は2分で読めます

【テスラモーターズ】オートパイロット機能が各国で懸念されている

あわせて読みたい記事:【ベスト グローバル ブランド 2016】 自動車ブランド編

あわせて読みたい記事:【Udacity】自動運転技術の育成が始まる! 卒業後も凄い?

あわせて読みたい記事:【ジェネレーションEQ】遂に電気自動車をベンツが開発 スペック

電気自動車といえば、次世代の自動車として世界的に注目が集まっているカテゴリーであり、急速に自動車業界が開発に力を入れているカテゴリーでもあります。その電気自動車のトップブランドともいえるのが「テスラモーターズ社」でしょう。実は、「テスラモーターズ社」が窮地に立たされるかもしれないのです。電気自動車大手のアメリカの「テスラモーターズ社」に対して、ドイツ当局が異例の行動に出ているということです。国内に約2,500人いる「テスラモーターズ社」のオーナーに対して、「テスラモーターズ社」のモデルに搭載された「オートパイロットは自動運転を意味しない」と通知したのです。つまり注意を喚起しているのです。これは、所有者たちよりも「テスラモーターズ社」にとって、大きな痛手といえるでしょう。ドイツ紙の「ビルト」は、「当局はテスラ側に対し、『オートパイロット』の名称変更を要請した」と報じています。

また「ロイター」によれば、「連邦自動車庁(KBA)」は所有者らに宛てた書簡の中で、「自動運転機能は完全に運転支援システムであり、運転者が常時注意を向けておく必要がないほどに高度に自動化されたものではない」と指摘しました。書面には他にも、以下のような内容が記されているということです。「マニュアルの運転に関する注意の項目は必ずよく読むこと。『運転支援』の章に挙げられている『(機能の)制約』の内容については特に注意すること」や「常に注意を怠らず、注意深く運転し、車のコントロールを維持した状態でいることは、運転者の責任である」、また「所有していたテスラ車をすでに他者に譲渡している場合はその旨を、あるいは新たな所有者の住所と氏名を、KBAに通知するよう要請する」などです。

  • ev-gogo-gs-1
  • (出典:ev.gogo.gs)

実は、これらのことは事故発生で強まっている警戒なのです。「テスラモーターズ社」の「オートパイロット機能」については、中国とアメリカのカリフォルニアで「モデルS」のドライバーが死亡する事故が発生して以来、詳しい調査が行われています。ドイツ国内でも、2016年9月に同じタイプの「モデルS」がバスに追突する事故が起きて以降、議論が巻き起こっているのです。同様の事故は、ヨーロッパのその他の地域でも報告されているようです。それゆえにドイツの「デア・シュピーゲル誌」は、10月上旬にドイツ運輸省の専門家たちは「テスラモーターズ社」の「オートパイロット」について、「重大な交通障害」であるとの見方だと報じました。もし、これらの見方が強まっていくとなれば、「テスラモーターズ社」の販売業績やブランドの価値にまで影響を及ぼしていくことが懸念されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。