【ルノー アルピーヌ ヴィジョン】 専用設計のスペック 画像 

この記事は2分で読めます

【ルノー アルピーヌ ヴィジョン】 専用設計のスペック 画像 

あわせて読みたい記事:【ロータス エキシージ 350スペシャルエディション】スペック

あわせて読みたい記事:【トヨタ セリカXX】A60系型は色褪せないデザインとエンジン 

あわせて読みたい記事:【カワサキ ニンジャ250】600台限定モデル スペック・価格

「アルピーヌA110」といえば、美しいシルエットとラリーでの活躍が印象に残るマシンです。

  • 20161012-20102996-carview-038-5-view 20161012-20102996-carview-039-5-view
  • (出典:yahoo.co.jp)

その面影を現在に復活させるべく「ルノー・ジャポン」は10月11日に、「アルピーヌ ヴィジョン」を日本初公開し、市販モデルの予約注文を2017年上期からスタートすることを正式に発表しました。最初の納車は2018年上期の予定ということです。ヨーロッパ以外の地域では日本がもっとも早いローンチとなる予定です。また、少数精鋭の専門ディーラーネットワークを構築するほか、日本語のウェブサイトもリリースされる予定となっています。

  • 20161012-20102996-carview-037-5-view
  • (出典:yahoo.co.jp)

「アルピーヌ社」は、1956年に設立され、伝説的なラリーカー「アルピーヌ A110」をはじめとした数々の名車をこの世に送りだし、「世界ラリー選手権」や「ル・マン24時間」といったモータースポーツシーンで活躍したブランドです。このブランドは、1990年代に一旦は生産が途絶えたものの、近年は「ルノー・日産アライアンス」によって復活し、さらに「ケータハム」との業務提携も模索されたこともありました。その後、最終的には「ルノー」単独での高性能スポーツカーブランド復活となったのが「アルピーヌ社」です。

  • 20161012-20102996-carview-002-5-view
  • (出典:yahoo.co.jp)

そして、今回披露された「アルピーヌ ヴィジョン」は、コンセプトカーながらも市販モデルにつながるパーツやデザインが多く取り入れられています。

  • 20161012-20102996-carview-000-5-view
  • (出典:yahoo.co.jp)

ボディシルエットのデザインは、流れるようなプロファイルや丸みのあるボンネット、4灯内側の丸目ライトなど、「アルピーヌ A110」のエッセンスが存分に盛り込まれているデザインとなっています。

  • 20161012-20102996-carview-001-5-view
  • (出典:yahoo.co.jp)

また「パワートレイン」は、駆動方式をRR方式を採用していた「アルピーヌ A110」に対し、エンジンをミッドに搭載したMR駆動方式を採用しているのが「アルピーヌ ヴィジョン」です。

  • 20161012-20102996-carview-014-5-view
  • (出典:yahoo.co.jp)

エンジンルームには、「ルノー・スポール社」の手による新開発の4気筒ターボが搭載され、デュアルクラッチ・トランスミッションが組み合わされています。詳細スペックも未公表になっていますが、0-100km/h加速は4.5秒以下をマークするということです。

  • 20161012-20102996-carview-034-5-view
  • (出典:yahoo.co.jp)

さらなるポイントはプラットフォームは他のモデルと共有せず、まったくの新開発となっているということです。レーシング仕様やラリー仕様といった別バージョンの構想に加え、将来的にはルノー車にこのプラットフォームを採用する可能性もあるようです。

  • 20161012-20102996-carview-021-5-view

2シータークーペ「アルピーヌ ヴィジョン」のインテリアのデザインはラリーカーを彷彿させるもので、ステアリングにはパドルシフトや「SPORT」ボタンが装備されています。

  • 20161012-20102996-carview-017-5-view20161012-20102996-carview-018-5-view20161012-20102996-carview-016-5-view
  • (出典:yahoo.co.jp)

またカバーを開けてからエンジンスタートするスイッチは、「ランボルギーニ」のようなギミックです。さらに、内装素材は「カーボン」や「アルミ」を組み合わせつつ必要最低限にとどめ、最大限の軽量化が施されています。

  • 20161012-20102996-carview-033-5-view
  • (出典:yahoo.co.jp)

ボディカラーには、アルプスの雪山をイメージした「ホワイト」、「アルピーヌ・ブルー」が用意されています。

  • 20161012-20102996-carview-030-5-view
  • (出典:yahoo.co.jp)

「アルピーヌ ヴィジョン」は、様々な専用設計やデザインが盛り込まれていることもあり、今後の詳細が発表されることを楽しみにしたいと思わせるモデルです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。