【フェイスブックとグーグルが提携】太平洋に巨大通信ケーブル開発

この記事は2分で読めます

【フェイスブックとグーグルが提携】太平洋に巨大通信ケーブル開発

あわせて読みたい記事:【ベスト グローバル ブランド 2016】 自動車ブランド編

あわせて読みたい記事:【エルスウェアElsewhere】VRヘッドセットの性能が凄い

あわせて読みたい記事:【WeChat】7億人を超えるユーザーが使用するアプリ機能とは

アメリカのIT企業大手の「フェイスブック(Facebook)」と「グーグル(Google)」は10月14日までに、太平洋を突っ切り香港にまで至る巨大海底ケーブルを敷設する計画を発表しました。運用開始は、2018年になる見通しということです。この計画では、アメリカの西海岸のロサンゼルスから香港までの「8,000マイル(約1万2,800キロ)」を超高速ケーブルで結ぶというものです。「フェイスブック(Facebook)」と「グーグル(Google)」両社とも中国本土での営業は認められていませんが、特別行政区である香港では両社のサービスを利用でき、アジアのネットワークの結節点となっています。

この両社は毎日、膨大な量のデータを取り扱っています。こうしたIT企業は、通信会社に頼るよりも、世界中に情報を伝送するためのインフラ敷設を自社で行うことが増えているのが実情です。

「フェイスブック(Facebook)」は既に、アメリカの「マイクロソフト(Microsoft)」と共同で大西洋に巨大な海底ケーブルを敷設する計画を進めています。「グーグル(Google)」にとっても、今回の太平洋ケーブルは同社が関与する6つ目の海底ケーブルとなります。

また「グーグル(Google)」によれば、今回のプロジェクトで敷設する海底ケーブルは、アメリカ大陸とアジアを結ぶ他のどのケーブルよりも通信容量が大きいということです。そして、高解像度での大陸間ビデオ会議を同時に8,000万件開催した場合にも対応できるだけの容量を備える見通しだということです。両社は今回のプロジェクトで、ほとんど知られていない香港企業「パシフィック・ライト・データ・コミュニケーション」と協力することも発表しています。同社の会長は「グーグルやフェイスブックといった世界的なテクノロジー企業が共同出資者になったのは本当にうれしいことだ」とコメントしています。

今後どのように通信環境が変化していくのか、そしてIT企業の進展にも注目したいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。