【GRC選手権】新井敏弘仕様「スバル WRX STI」スペック

この記事は2分で読めます

【GRC選手権】新井敏弘仕様「スバル WRX STI」スペック

あわせて読みたい記事:【スバル STI WRX S4 tS】特別仕様のスペックと価格

あわせて読みたい記事:【スバル】 「インプレッサ」:グッドウッド2016 最速記録!

あわせて読みたい記事:「SUBARU WRX STI」 世界に通用するほど速いのか?

日本人で唯一の「FIA世界選手権」のチャンピオンに輝いたことのある世界的なラリードライバーである「新井敏弘」氏ですが、今回、北米を中心に開催されている「レッドブル・グローバルラリー選手権」のLA大会にスポット参戦することになったということです。「レッドブル・グローバルラリークロス」は、サーキットのレースやオフロードのレース、ラリーの特性を合わせもったモータースポーツです。今回、参戦するために用意されたベースモデルは、「スバル WRX STI」モデルです。


「新井敏弘」選手が乗る「SRTUSA(スバル・ラリー・チームUSA)」の2016年式「スバル WRX STI」はどのような仕様スペックとなっているのでしょうか。

  • 20161008-10253002-carview-000-1-view
  • (出典:yahoo.co.jp)

「レッドブル・グローバルラリー選手権」の車両の最低重量はレギュレーションにより「2,860lbs(約1,300kg)」と決まっています。また外装は通常は軽量化を考えて「カーボン素材」を使用するところだが、マシンの接触も多いことから、少し粘性のある「樹脂製パネル」が使用されているのも特徴です。

  • 20161008-10253002-carview-001-1-view

エクステリアのリア周りは、リヤドアの中央部に巨大なエアインテークが設けられ、そこからリヤトランク部に設置したラジエターに外気が導入されるように設計されています。また、トランクフードの車両後端部には大きくエア抜きの穴が設けられています。パワートレインについてみると、エンジンは排気量:2,000ccながら水平対向4気筒DOHCターボエンジンで最大出力:580ps、最大トルク:92N・mを発揮するモンスターユニットとなっています。そして組み合わされているのが「カーボン・トリプル・プレート・クラッチ」に「6速ドグ・ミッションを」といったパワートレインを採用しています。

  • 20161008-10253002-carview-002-1-view

サスペンションシステムは、「オーリンズ社」製のサスペンションで非常に長いストロークにセッティングされているようです。「新井敏弘」選手によれば、「(ロールすることでよく知られている)WTCCのマシンよりも柔らかいのでは?」とコメントしています。またストッピングパワーのベースとなるブレーキシステムは、ブレーキディスクに「アルコン社」製を採用し、ディスクパッドは「エンドレス社」製のものを使用しています。そして、17×8のホイールに「BFグッドリッチ社」製のRC02というGRCスペックのタイヤを装着しています。

  • 20161008-10253002-carview-003-1-view

 室内には、「FIAラリークロス・スペック」のロールバーが張り巡らされ安全性とボディの剛性を確保しています。「RECARO社」製のドライバーシートの後ろ側には透明なアクリル板で仕切りが設けられています。

  • 20161008-10253002-carview-004-1-view

それは、フロント部では泥などが入り込み十分な冷却性能が期待できないため、この車両はリヤにラジエターを搭載しているためです。


「SRTUSA(スバル・ラリー・チームUSA)」は、「デビッド・ヒギンズ」選手、「クリス・アトキンソン」選手を擁しており、今回のLA大会では「新井敏弘」選手を入れた3台体制で「GRC最終戦」に臨むこととなっています。その「デビッド・ヒギンズ」選手は「新井敏弘」選手と同じマシンであるものの、「クリス・アトキンソン」選手のマシンはちょっと仕様が異なるようです。「デビッド・ヒギンズ」選手は「新井敏弘」選手のマシンは、「SRTUSA(スバル・ラリー・チームUSA)」が独自に製作したマシンですが、この車両は「STI」が分析を行ない、「STI」の技術協力の下、「SRTUSA(スバル・ラリー・チームUSA)」が製作した車両となっているのです(吸排気のみ現行のまま)。2017シーズンを見据え、先行開発車両といえるマシンの仕様となっているのです。「STI」は、この最終戦のデータを持ち帰り、残り半年弱で、さらにフィードバックを加えた2017モデルを作るという考えのようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。