【トヨタ・カローラレビン】TE27初代レビトレWRC勝利の軌跡

この記事は3分で読めます

【トヨタ・カローラレビン】TE27初代レビトレWRC勝利の軌跡

あわせて読みたい記事:【スターレット ワークス】KP47トムス137E搭載:スペック

あわせて読みたい記事:【B110型:サニー】 TOMEIレーシングTS仕様のスペック

あわせて読みたい記事:【DR30 スカイラインRS】 RESTOREDのカーボン仕様

ラリー好きであった「久保地理介」氏(後のトヨタ副社長)が「セリカの2T-Gエンジンをカローラに積みたい」と言ったことから開発がスタートしたというTE27型の初代レビン/トレノのヒストリー。

  • (出典:bingosports.co.jp)

1970年に登場した2代目のカローラとその双子車のスプリンターのクーペモデルに、1972年に追加されたモデルが、「TE27」の型式名で呼ばれる「カローラ レビン/スプリンター トレノ」として1972年3月にデビューしました。「レビン/トレノ」は、カローラクーペの「SL」や「SR」よりスポーティな「ホットモデル」として登場しており、当時としては、エクステリアも大きく変更していました。

  • (出典:bingosports.co.jp)

「FRP製オーバーフェンダー(生産時期によっては金属製のものもある)」が装着され競技参戦できるっ仕様となっています。しかも、エンジンは上位モデルではあるものの成り立ちはカローラ派生の、セリカ1600GTから移植された2T-G型エンジンが搭載されていました。このエンジンは、排気量:1,600cc DOHCにソレックス製のエンジンが搭載された。レギュラーガソリン仕様の「2T-GR型 (最高出力:110ps)」 と有鉛ハイオクガソリン仕様の「2T-G型(最高出力:115ps:グロス値)」が設定されていました。

  • (出典:bingosports.co.jp)

さらに、1973年4月のマイナーチェンジの際に追加された「レビンJ」には、ツインキャブの「2T-B型:排気量:1,600cc OHVエンジン(最高出力:105ps:グロス値)」、そのレギュラーガソリン仕様にあたる「2T-BR型:1,600cc OHVエンジン(最高出力:100ps:グロス値)」がそれぞれ搭載されていました。「J」は「ジュニア」の頭文字で、アルファロメオ・ジュリアなどにならったものでしたが、この追加モデルは、スプリンタートレノにも同様のモデルが設定されました。

  • (出典:bingosports.co.jp)

このようなコンポーネントから「和製フォード・エスコートRS1600」などとも呼ばれていましたが、そのポテンシャルは高く、本家と同様にレースやラリーなどモータースポーツでも活躍することになりました。実際にWRCにはトヨタのワークスラリー活動を統括し、後のトヨタF1の初代代表も務めた故「オベ・アンダーソン」氏が率いる「トヨタ・チーム・ヨーロッパ(TTE)」から参戦していました。

  • (出典:bingosports.co.jp)

1974年後半からは、ハイスペックエンジンの16バルブの特製ヘッドを持つ2T-G型エンジンを搭載し、翌75年の1000湖ラリー(現ラリー・フィンランド)で優勝を飾りました。実はこれより前には、1973年のプレス・オン・リガードレス・ラリー(アメリカ)において、トヨタは「カローラ クーペ1600SR(TE25)」でWRC初優勝を飾っていました。だが、これはヨーロッパのチームが参加しない、地元アメリカ勢だけが相手の勝利だったのに対し、1000湖ラリーでの「レビン」はフォードとサーブのワークスを抑えての優勝という素晴らしい結果を残したのでした。


「TE27型:カローラレビン」:スペック

  • (出典:bingosports.co.jp)
  • 型式:TE27
  • 全長:3,945mm
  • 全幅:1,595mm
  • 全高:1,335mm
  • ホイールベース:2,335mm
  • トレッド(F/R):1,270mm / 1,295mm
  • 車両重量:855kg
  • エンジン型式:2T-G
  • エンジン形式:直列4気筒 DOHC 8バルブ
  • 排気量:1,588cc
  • ボア × ストローク:85.0mm × 70.0mm
  • 圧縮比:9.8
  • 最高出力:115ps / 8,400rpm
  • 最大トルク:14.5kgf-m / 5,400rpm
  • 燃料供給装置:ミクニ製ソレックス 40PHHキャブレター ×2
  • トランスミッション:5MT
  • 駆動方式:FR
  • サスペンションシステム:F ストラット / R リーフスプリング
  • ブレーキシステム:F ディスク / リーディングトレーディング
  • 最高速度:190km/h
  • 0-400m加速:16.3秒

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。