【世界の超高層ビル】ビルに設置されているエレベーターの速度は?

この記事は2分で読めます

【世界の超高層ビル】ビルに設置されているエレベーターの速度は?

あわせて読みたい記事:【木造建築】世界的に木造高層ビルが流行!注目されているのは竹?

あわせて読みたい記事:【ランキング】 最も高額な住宅:TOP 10 「孫正義」氏も?

あわせて読みたい記事:【スカイスライド】 地上300mのビルの壁に滑り台? アメリカ 

世界において高層ビル建設ラッシュが続いています。そのような中で高層ビルに必須な「エレベーター」の性能の競争も激化しているようです。世界で2番目の高さを誇る、超高層ビル:「上海中心大厦(上海タワー、高さ632メートル)」に、「三菱電機社」製の超高速エレベーターが導入されたということです。このエレベーター、実はエレベーターとしては世界一の速度で来場者を展望台へと運ぶ性能を持っています。

この「三菱電機社」製の超高速エレベーターですが、最高速度は秒速:20.5メートルということです。これを人類最速のスプリンターで比較すると「ウサイン・ボルト」選手を上回る速度となります。動物界でいうならば「チーター」の走る速度に近いスピードです。

しかし、速度を追求する超高層ビルは「上海タワー」だけにとどまることではありません。「日立製作所」は、この夏、中国南部の広州市で最も高い超高層ビル:「CTF(高さ:530メートル)」で、秒速:20メートルの超高速エレベーターを披露しました。このエレベーターは、地上階から95階まで、わずか45秒で到達する性能を誇っています。この超高層ビル:「CTF(高さ:530メートル)」の開発にかかわった設計責任者は、「速さを望んではいたが、これほどの速度は予想していなかった」と振り返る。ただし「『最速』のタイトルはすぐに失うだろう」とも予想していました。

「CTF」のエレベーター内では速度が表示されるようになっています。ハイテク技術を駆使した気圧調整システムで耳を守り、重力の影響で感じる耳詰まりなどの不快感を防ぐ仕組みも装備しています。

さらにサウジアラビアに建設中の「ジッダ・タワー」にも注目してみましょう。このビルは、2019年に完成すれば高さ:1キロの世界最高層ビルになる予定です。もちろん必然的に高速エレベーターは必須となります。この課題に取り組むフィンランドの「コネ」は、「ウルトラロープ」エレベーターを開発しました。特筆すべきは、ケーブルの素材です。炭素繊維製のケーブルを使って1キロ以上の長さをつり上げられる強度を実現しています。そのため「コネ」によると、「ウルトラロープの重さは従来のロープのわずか1/3となっており、速度は秒速:10メートルを上回り、52秒で最高層階に到達する。完成時には日立製のエレベーターを上回る可能性もある。」ということです。

skyscraper-shanghai

ただし専門家は、エレベーターでは気圧が問題になることから、速度は秒速約:24メートルが限界になると予測しているようです。

このように超高層ビルの開発、建設が進む中で「エレベーター」も急速な進歩を遂げているのです。それにしても、高さが1キロの超高層ビルの眺めはどのようなものとなるのでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。