【スバル STI WRX S4 tS】特別仕様のスペックと価格

この記事は4分で読めます

【スバル STI WRX S4 tS】特別仕様のスペックと価格

あわせて読みたい記事:【スバル レヴォーグ】 遂にデビューする「STI」の価格・仕様

あわせて読みたい記事:【スバル】 「インプレッサ」:グッドウッド2016 最速記録!

あわせて読みたい記事:【ホンダ シビック タイプR】次期型モデルのスペック 最新画像

「スバルテクニカインターナショナル(STI)」は、特別仕様モデルの「スバル WRX S4 tS」を10月4日より発売することを発表しました。このモデルの受注は、2017年3月12日までの期間限定となるということです。

この「スバル WRX S4 tS」は、最高出力:300psを発生する「2リットル 水平対向4気筒 ターボ」と「スポーツリニアトロニックAWD」を搭載する「WRX S4」をベースに、走行性能を高めるとともに、外装・内装に専用装備を追加した「STIコンプリートカー」となっています。


「パワーユニット」

パワーユニットは、通気抵抗を低減した吸排気系パーツの採用により、加速中の過渡エンジントルクを最大で約10%向上し、レスポンスを高めた仕様となています。

  • 20161004201634

また、「スポーツリニアトロニックAWD」は、オイルクーラーの追加などで冷却性能を強化し、耐力を向上させています。運動性能を存分に引き出すことができるパワーユニットになっています。


「サスペンション」

  • 20161004201446

足回りでは、「S207」に採用した「ビルシュタイン製」の可変減衰力サスペンション「DampMatic II」を装備しており、快適な乗り心地と、コーナリングにおける操縦安定性を両立させています。フロントブレーキには「ブレンボ製」の4ポット対向ブレーキキャリパーを採用して制動能力を向上させたほか、「VDC」と「アクティブトルクベクタリング」は、前後二輪の専用制御とすることで、旋回時のライントレース性能を高めています。さらに、「STI製」の「フレキシブルタワーバー(フロント)」、「フレキシブルドロースティフナー(フロント)」、「ピロポールブッシュ・リヤサスリンク」、「フレキシブルサポートサブフレームリヤ」を装備しており、ステアリングを切った瞬間にクルマが反応する応答性の良さを実現していることもポイントです。


「セーフティー」

安全性能については、最新の「EyeSight(ver.3)」と「スバルリヤビークルディテクション」と「ハイビームアシスト」などで構成するアドバンスドセイフティパッケージを搭載しています。


「エクステリアデザイン」

20161004201445

エクステリアには、「STI製」のBBS19インチ鍛造アルミホイールをはじめ、「メッシュタイプフロントグリル」、「大型フロントアンダースポイラー」、「ブラックルーフアンテナ」、「STIオーナメント付サイドガーニッシュ」、「チェリーレッドストライプ入りリヤバンパー」などを専用装備しています。


「インテリア」

  • 20161004201659

インテリアにも、「セミアニリンレザー」を使用した「STI製」の「レカロバケットタイプフロントシート」や「STI」の「ロゴ入りルミネセントメーター」をはじめ、専用装備を随所に採用しています。

  • 20161004201702

上質感と機能性を融合させたスポーティな室内空間を実現しています。

  • 2016100420170320161004201704

なお、「WRX STI」がニュルブルクリンク24時間レースで2015年・2016年にクラス優勝したことを記念し、さらに特別な装備を追加した「NBRチャレンジパッケージ」も用意しています。


「専用装備」

  • STI製低背圧パフォーマンスマフラー(STIロゴ入り)&エキゾーストパイプリヤ
  • STI製低圧損エアクリーナーエレメント
  • CVTオイルクーラー&ラジエーターファン強化タイプ
  • STI製ビルシュタイン フロントストラット(DampMatic(R)II、倒立式)&コイルスプリング
  • STI製ビルシュタイン リヤダンパー&コイルスプリング
  • STI製255/35R19 92Yタイヤ(ダンロップSPORT MAXX RT、特殊吸音スポンジ付)
  • brembo製17インチ対向4ポット フロントベンチレーテッドディスクブレーキ(STIロゴ入り)
  • STI製フレキシブルタワーバー(フロント)
  • STI製フレキシブルドロースティフナー(フロント)
  • STI製ピロポールブッシュリヤサスリンク(ラテラルリンクフロント内側、ラテラルリンクリヤ内側)
  • STI製フレキシブルサポートサブフレームリヤ

 

「エクステリア」

  • STI製BBS19インチ×8 1/2J鍛造アルミホイール(シルバー)
  • メッシュタイプフロントグリル(チェリーレッドストライプ、STIオーナメント付)
  • 大型フロントアンダースポイラー
  • ブラックルーフアンテナ(シャークフィンタイプ)
  • STIエンブレム付サイドガーニッシュ
  • リヤバンパー(チェリーレッドストライプ)

「インテリア・その他」

  • ルミネセントメーター(マルチインフォメーションディスプレイ付、STIロゴ入り)
  • 本革巻ステアリングホイール(高触感革、メッキベゼル、金属調フィニッシャー、シルバーステッチ)
  • STI製本革巻シフトレバー(STIロゴ入り)+ピアノブラック調加飾パネル
  • STI製プッシュエンジンスイッチ(STIロゴ入り、レッドタイプ)
  • STI製RECAROバケットタイプフロントシート[本革(メイン:ブラックセミアニリン、サイド内側:ブラック)、シルバーステッチ+シルバーアクセント、シートヒーター付、STIロゴ型押し、SRSサイドエアバッグ]
  • リヤシート[本革(ブラック)、シルバーステッチ+シルバーアクセント]
  • インパネ加飾パネル(レッド)&オーナメント(tS LIMITED EDITION)
  • サイドシルプレート(STIロゴ入り)

「NBR CHALLENGE PACKAGE 専用装備」

  • 20161004201448
  • STI製BBS 19インチ×8 1/2J鍛造アルミホイール(ブラック)
  • STI製ドライカーボンリヤスポイラー(STIロゴ入り)
  • NBR CHALLENGE PACKAGE 専用エンブレム(リヤ)
  • ウルトラスエード巻ステアリングホイール(メッキベゼル、金属調フィニッシャー、シルバーステッチ、シルバーセンターマーク付)
  • 20161004201449

「WRX S4 tS」:スペック・価格

  • 型式:DBA-VAG
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,635 × 1,795 × 1,475(mm)
  • ホイールベース:2,650(mm)
  • トレッド(F/R):1,535 / 1,550(mm)
  • 最低地上高:135(mm)
  • 車両重量:1,550kg
  • 乗車定員:5名
  • 室内寸法(全長 × 全幅 × 全高):2,005 × 1.490 × 1.205(mm)
  • エンジン型式:FA20型
  • エンジン形式:水冷水平対向4気筒DOHC 16バルブ デュアルAVCS 直噴ターボ「DIT」
  • 排気量:1,998cc
  • ボア × ストローク:86.0 × 86.0(mm)
  • 圧縮比:10.5
  • 燃料供給装置形式:筒内直接燃料噴射装置
  • 使用燃料種類:無鉛プレミアムガソリン
  • タンク容量:60(L)
  • 最高出力(kW [PS] / rpm):221(300)/ 5,600
  • 最大トルク(N・m [kgf・m] / rpm):400 (40.8)/ 2,000 – 4,800
  • 最小回転半径(m):5.6
  • 駆動方式:4WD
  • トランスミッション:スポーツリニアトロニック(マニュアルモード付):前進無段 後退1速
  • 変速比 前進 / 後退:3.105~0.482[マニュアルモード時 1速3.105/2速1.983/3速 1.454/4速1.057/5速0.779/6速0.542] / 2.077
  • 減速比:4.111
  • ステアリング装置形式:ラック・ピニオン式
  • ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク
  • サスペンション(F/R):ストラット式独立懸架 / ダブルウィッシュボーン式独立懸架
  • ホイール:STI製BBS 19インチ×8 1/2J鍛造アルミホイール
  • タイヤ(F/R): STI製255/35R19 92Yタイヤ(ダンロップSPORT MAXX RT、特殊吸音スポンジ付)
  • 価格:
  • hatenablog-com-1
  • (出典:hatenablog.com)
  • 「WRX S4 tS」:496万8000円~
  • 「NBRチャレンジパッケージ」:529万2000円~
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。