【ゴッホの名画が見つかる】 見つかった経緯や評価価値が凄い!

この記事は2分で読めます

【ゴッホの名画が見つかる】 見つかった経緯や評価価値が凄い!

あわせて読みたい記事:【ピカソの絵画】  Femme Assise(座る女)の落札価格

あわせて読みたい記事:【ナチス】幹部が所有していた「銃」が競売に出品される 価格は?

あわせて読みたい記事:【ランキング】 世界国別億万長者ランキング TOP20 日本は?

「名画」と呼ばれているアート作品ともなれば、評価価値は年々増していくばかりです。このほど、名画を残し多くアーティストに多大な影響を与え続けている「ゴッホ」の作品についての朗報です。なんと、これまで盗まれていた作品が発見されたというのです。このことは、イタリアの検察当局が10月1日までに、オランダ・アムステルダムのゴッホ美術館から2002年12月に強奪されていた絵画2点が、イタリアのナポリ近郊の村落にあるマフィア関係者所有のアパート内で発見されたと発表したのです。

どの作品が発見されたのか?

見付かったのは「スヘフェニンゲンの海の眺め」(1882年作)と「ヌエネンの教会から出る人々」(1884~1885年作)のものです。この作品は油絵であり、2作品を「世界の盗難芸術品10選」に含められていました。

「価値」は?

見付かった「スヘフェニンゲンの海の眺め」(1882年作)と「ヌエネンの教会から出る人々」(1884~1885年作)の気になる評価価値について「アメリカ連邦捜査局(FBI)」は、2005年の時点で、その評価額は総額で「計:3,000万ドル」としていました。

「どのように見つかったのか?」

イタリアの検察当局によると、イタリアの南部に根城がある集団犯罪組織「カモッラ」に属する国際麻薬密輸組織への大規模捜査を進めている際に、アパート地下で布地に包まれている2点を見付けたということです。このアパートの持ち主は、富豪で麻薬取引の元締めともされる「ラファエル・インペリアル」容疑者です。この容疑者は、「中東アラブ首長国連邦(UAE)」に逃亡中とされ、イタリア当局は身柄送還を要請しました。イタリア国内での捜査の一環としてアパート、別荘や航空機など推定で2,230万ドル相当の物件を押収したということです。

また「ゴッホ関」連の800作品を保管する「ゴッホ美術館」は、今回の発見を強く歓迎しています。鑑定家の調べで、本物であることを確認したということでした。2作品には、軽微な損傷が見付かったが、保存状態は良好だということです。

  • www-cnn-co-jp-1
  • (出典:www.cnn.co.jp)

「スヘフェニンゲンの海の眺め」などが「ゴッホ美術館」に返還される時期は伝えられていません。2作品が強奪された後、どのような経緯でマフィア関係者のアパートに隠されていたのかは不明ということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。