【ジェネレーションEQ】遂に電気自動車をベンツが開発 スペック

この記事は2分で読めます

【ジェネレーションEQ】遂に電気自動車をベンツが開発 スペック

あわせて読みたい記事:【BMW i3】航続距離を大幅に伸ばした性能・グレード価格は?

あわせて読みたい記事:【スマート エレクトリックドライブ】 スペック 旧モデル比較!

あわせて読みたい記事:【リリウム】 次期型交通手段となる家庭用超小型電気飛行機とは?

これからは、「EVカー」市場が盛り上がるということで、世界の名だたる自動車メーカーがこぞって氏からを入れている「EVカー」ですが、「メルセデス・ベンツ」も遂に大きな動きを始めました。「メルセデス・ベンツ」が新しく立ち上げる電気自動車ブランドの「EQ」が初のコンセプトカーとして、「ジェネレーションEQ」を公開したのです。そして、「メルセデス・ベンツ」といえば、高級セダンをイメージする方も多いですが、「メルセデス・ベンツ」の「EQ」ブランドがコンセプトしたのは、「クーペSUV」でした。


「エクステリアデザイン」

  • hatenablog-com-7
  • (出典:hatenablog.com)

「EQ」の名前の由来になった「エレクトリック・インテリジェンス」、「エモーション&インテリジェンス」を表現したとされる、「ジェネレーションEQ」のデザインは、SUVのカテゴリーながら非常にスポーティなクーペスタイルが特徴となっています。

  • hatenablog-com-10
  • (出典:hatenablog.com)

SUVながらボリューム感を抑え、シャープな印象を与えるリア周りのデザインです。


「インテリアデザイン」

  • hatenablog-com-13hatenablog-com-14
  • (出典:hatenablog.com)
  • インテリアデザインもシンプルなものにし24インチと大型のタッチ操作可能のディスプレイがポイントとなるインテリアです。

「ポテンシャル」

  • hatenablog-com-6
  • (出典:hatenablog.com)

「ジェネレーションEQ」のパワートレインは、電気モーターを2つ搭載しており、最大出力:408ps、最大トルク:71.4kgmを発生させます。このパワーに対して、「アルミニウム合金」や「カーボン」を使用したプラットフォームを採用し軽量化を図り、航続距離:500kmとしています。

  • hatenablog-com-12
  • (出典:hatenablog.com)

この航続距離:500kmというポテンシャルを発揮させるために容量70kWhのリチウムイオンバッテリーが採用されています。

  • hatenablog-com-11
  • (出典:hatenablog.com)

そして、急速充電器により、5分で100kmの距離を走行する充電が可能となっています。


「メルセデス・ベンツ(Generation EQ Concept)」:スペック

  • hatenablog-com-5
  • (出典:hatenablog.com)
  • 「メルセデス・ベンツ」が新しく立ち上げる電気自動車ブランド「EQ」の初のコンセプトモデルです。
  • SUVながらクーペルックのスポーティなデザインを採用しています。

「ジェネレーションEQ」:スペック

  • パワートレイン:電気モーター×2
  • 最大出力:408ps
  • 最大トルク:71.4kgm
  • ボディ:アルミ素材やカーボン素材を使用したプラットフォームを採用し軽量化しています。
  • 航続距離:500km
  • バッテリー:容量70kWhのリチウムイオンバッテリー
  • 走行距離:急速充電器により、5分で100kmの距離を走行する充電が可能です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。