【ルノー トレゾア(TREZOR)】スペックとルーフ開閉が凄い

この記事は2分で読めます

【ルノー トレゾア(TREZOR)】スペックとルーフ開閉が凄い

あわせて読みたい記事:【BMW i3】航続距離を大幅に伸ばした性能・グレード価格は?

あわせて読みたい記事:【EV自動車】 日本「FOMM(フォム)」開発の水陸両用のEV

あわせて読みたい記事:【エリオ】最新3輪自動車のデザインが秀逸で予約が殺到している!

近年は、世界の大手自動車メーカーが続々と「EVカー」に力を注ぎはじめ、様々なコンセプトカーが発表され話題となっています。今回、フランスの自動車大手の「ルノー」は9月29日、フランスで開幕した「パリモーターショー16」において、「EVコンセプトカー」である「トレゾア(TREZOR)」を初公開しました。


「エクステリアデザイン」

  • response-jp-8
  • (出典:response.jp)

曲線美のシルエットが美しいボディのサイズは、全長:4,700mm、全幅:2,180mm、全高:1,080mm、ホイールベース:2,776mmとなっており、いわば未来の「2シーターGTスポーツ」を提案した1台となります。

  • yahoo-co-jp-4
  • (出典:response.jp)

そして、最大の特徴となっているのがキャビンの開閉でしょう。ワンピースの「クラムシェルルーフ」と呼ばれるボンネットとルーフが一体で開閉するシステムは、圧巻です。この点について「ルノー」は、「サプライズなプロポーションが特徴」とコメントしています。

  • response-jp-6
  • (出典:response.jp)

シンプルかつレーシーなセンスの良いインテリアデザインもカッコいいです。

  • response-jp-4
  • (出典:response.jp)

メーターパネルは、さすが「EVカー」といった洗練された未来を感じさせるデザインとなっています。

  • response-jp-5
  • (出典:response.jp)

またフロントデザインを見てみると「Cシェイプ」のLEDライトは、最新ルノー車に共通するデザインとなっていることが分かります。そして、足元には、21インチと22インチの大径タイヤ&ホイールを装着して迫力あるフォルムとなっています。

  • response-jp-7
  • (出典:response.jp)

「パワートレイン」

  • yahoo-co-jp-3
  • (出典:response.jp)

さらに、パワートレインにも注目です。なんと「フォーミュラE」マシンに搭載されている「モーター」をベースとしているのです。ポテンシャルは、最大出力:350hp、最大トルク:38.7kgmを発生するセッティングとなっています。

  • response-jp-3
  • (出典:response.jp)

このパワートレインで「トレゾア(TREZOR)」の車両重量:1,600kgの車体を0-100km/h加速:4秒以下で加速させるポテンシャルを秘めています。そして、「トレゾア(TREZOR)」は、走行モード設定として「ノーマル」、「スポーツ」、「自動運転」の3種類を選択し走行することができる設定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。