【ゼネラル モーターズ(GM)】アメ車の躍進に繋げる技術とは?

この記事は2分で読めます

【ゼネラル モーターズ(GM)】アメ車の躍進に繋げる技術とは?

あわせて読みたい記事:【ダッジ バイパー(Viper)】 アメリカンスポーツ生産終了

あわせて読みたい記事:【BMW i3】航続距離を大幅に伸ばした性能・グレード価格は?

あわせて読みたい記事:【リリウム】 次期型交通手段となる家庭用超小型電気飛行機とは?

「ゼネラル・モーターズ(GM)」は、活気に満ちたテクノロジー企業であり、常にチャンスを生かし、そしてリスクを冒すだけでなく、闘う気概とイノベーションの結果が素晴らしいのです。「ゼネラル・モーターズ(GM)」は近く、航続距離およそ383kmの電気自動車、シボレー「ボルト(Bolt)」の販売を開始します。電気自動車大手の「テスラモーターズ」の新型車「モデル3」より1年以上も早く、市場に投入することになります。「モデル3」は、予定通り2017年後半から納車が開始できるか不安視されており、実際にその予定に遅れが生じれば、「ゼネラル・モーターズ(GM)」は、より長い期間にわたって早期投入の利点を享受できる可能性があります。

端正でスマートな4ドアセダンである「モデル3」とは対照的に、「ボルト」はその面白味のないハッチバックのスタイルが一部で不評を買っていました。だが、ハッチバックの人気が高まる一方で、4ドアセダンの人気は下り坂であることを忘れてはなりません。ボディタイプについては、「テスラ」と「GM」いずれの選択が吉と出るのかは時間の問題かもしれません。

「GM」は、2010年に初のプラグインハイブリッド車のシボレー「ヴォルト(Volt)」を発売しました。一度の充電で56~64km走行できるこのモデルは、バッテリーの残量が少なくなるとエンジンが始動します。これにより、燃料切れに対する不安を解消しました。第2世代の「ヴォルト」は、バッテリーによる走行距離を70km台に伸ばしています。そして、近く発売される「ボルト」は実質的に、初の量産モデルの「EV」となることになります。価格は「3万7,495ドル(約377万円)」で、連邦税控除後の価格はおよそ「3万ドル(約302万円)」です。州税控除が適用されるカリフォルニアやその他の州では、さらに低い価格となります。現在の自動車の平均取引価格が「3万3,000ドル」ほどであることを考えると、「ボルト」はガソリンを使わずに走る自動車としては、手頃な価格だと言えるかもしれません。

一方、「GM」は2017年に新たに、「エクイノックス」のクロスオーバーにディーゼルモデルを投入する発表しています。「フォルクスワーゲン(VW)」の排ガス不正スキャンダルを発端に「クリーンなディーゼル」に対するイメージは低下しています。それであるにもかかわらず、「GM」は今こそアメリカ市場にディーゼル車を投入することで、「VW」の顧客の一部を奪うことを狙っているのです。「シボレー」は、ディーゼル車の人気が高いヨーロッパ市場などに向けて、ディーゼル・エンジンの開発を行ってきました。「エクイノックス」は、シボレーの「クルーズ」に続き同社がディーゼル・エンジンを搭載する二つ目のモデルなのです。

そして、新型の「エクイノックス」のエクステリアデザインは、現行モデルと大幅に異なるものではなく、それを進化させたものです。

最新の4G接続やさまざまな運転支援機能、安全機能を搭載しつつ、エンジンは低燃費の1.5リッターまたは2.0リッターの4気筒ガソリン・エンジン、1.6リッターのターボチャージャー付きディーゼル・エンジンから選択が可能です。

ロサンゼルスを拠点とするマーケティング・コンサルタントの「デニス・キーン」は、「米国ではディーゼル乗用車の人気はそれほど高くない」とコメントしています。それでも、「GMはヴォルトをボルトに変えたほか、これまでのクルーズに加え、新たにエクイノックスにもクリーン・ディーゼルを採用した。GMとシボレーは、これらについてうまく説明していく必要がある。いずれも数々のクールなイノベーションを進めているが、必ずしも広く知られてはいない。この点は問題ではあるが、解決が可能だ」ともコメントしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。