【カワサキ ZRX400】 現代に甦ったリトルローソンレプリカ

この記事は6分で読めます

【カワサキ ZRX400】 現代に甦ったリトルローソンレプリカ

あわせて読みたい記事:「Kawasaki・Z1000R」 エディ・ローソン レプリカ

あわせて読みたい記事:【旧車】 バイク:人気ランキング TOP10 70~90年代編

あわせて読みたい記事:【Kawasaki・ZEPHYR X】 「ミドル・Z」の集大成

  • 現代版「ローソンレプリカ」として「走り」のポテンシャルを向上させていた「カワサキ ZRX400」は、1994年の2月にデビューしています。当時、すでにベストセラーとなっていネイキッドモデルの「カワサキ ゼファー」と大きく差別化を図られていました。ネイキッドでレプリカモデルにどこまで「走り」で迫れるかという意気込みを感じるモデルでした。

「エクステリアデザイン」

  • bikebros-co-jp
  • (出典:bikebros)
  • 車体サイズは、全長:2,075mm、全幅:745mm、全高:1,135mmと大柄で名車「カワサキ Z1000R ローソンレプリカ」のような直線基調のタンクやサイド、テールカバーに角目のヘッドライトにビキニカウルを装着したデザインの「ZRX400」は、カワサキらしい大柄で角張ったデザインで人気でした。マフラーはメガホンタイプの集合管マフラーを装備していました。タイヤサイズは、フロント:110/70R17 M/C 54H、リア:150/60R17 M/C 67Hで迫力ある足回りになっていました。
  • main
  • (出典:bikebros)
  • それとともに1995年1月には、「ローソンレプリカ」のベースモデルとなった「Z1000J」のようなマルチリフレクター丸型ヘッドライトに砲弾型メーターと砲弾型ウインカーを装備したカウルレスの「ZRX-II」が登場しています。

「パワートレイン」

  • zrx400zr400e%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%82%b9-%e3%83%a9%e3%82%b8%e3%82%a8%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%90%e3%83%bc%e4%bb%98%e3%81%8d-%e3%82%ab%e3%83%af%e3%82%b5
  • (出典:products-big-one-jp)
  • 空冷のネイキッド「ゼファー」と大きく異なり、「カワサキ ZZR400」のエンジンをベースとした総排気量:399cc 水冷4ストローク DOHC 4バルブ 並列4気筒エンジンが搭載され、圧縮比:11.2から最高出力:53ps / 11,500rpm、最大トルク:3.8kgf・m / 9,000rpmを発生していました。
  • zrx400zr400e%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%82%b9-%e3%83%a9%e3%82%b8%e3%82%a8%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%90%e3%83%bc%e4%bb%98%e3%81%8d-%e3%82%ab%e3%83%af%e3%82%b5
  • (出典:products-big-one-jp)
  • サスペンションは、フロント:テレスコピックサスペンション、リア:スイングアームを採用し、ブレーキシステムは、フロント:ダブルディスクブレーキ、リア:ディスクでトリプルディスクとなっていました。
  • zrx400zr400e%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%82%b9-%e3%83%a9%e3%82%b8%e3%82%a8%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%90%e3%83%bc%e4%bb%98%e3%81%8d-%e3%82%ab%e3%83%af%e3%82%b5
  • (出典:products-big-one-jp)
  • またブレーキシステムは1998年2月のマイナーチェンジでフロントブレーキキャリパーに400ccのミドルクラスで唯一の「TOKICO製」の6ポッドキャリパーを装備しました。

「ZRX400」:スペック

  • 1994k9
  • 型式:BC-ZR400E
  • 全長 × 全幅 × 全高:2,075 × 745 × 1,135(mm)
  • ホイールベース:1,450(mm)
  • シート高:770(mm)
  • 最低地上高:105(mm)
  • 乾燥重量:187(kg)
  • サスペンション(F/R):テレスコピック / スイングアーム
  • キャスター角:27°
  • トレール:105(mm)
  • ブレーキ(F/R):ダブルディスク / ディスク
  • タイヤサイズ:110/70R17 M/C 54H / 150/60R17 M/C 67H
  • エンジン形式:水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒
  • 総排気量:399cc
  • 圧縮比:11.2
  • ボア × ストローク:57.5 × 38.5(mm)
  • 燃料消費率:36.5km/L(60km/h)
  • 最高出力:53ps / 11,500rpm
  • 最大トルク:3.8kgf・m / 9,000rpm
  • 始動方式:セル
  • 点火方式:フルトランジスタ
  • クラッチ形式:湿式多板
  • トランスミッション:6速リターン
  • 燃料供給方式:キャブレター
  • 潤滑方式:ウエットサンプ
  • 燃料タンク容量:15L

「年代別モデル」

「ZRX(BC-ZR400E)」

1994年:「ZR400-E1」型

  • 1994k41994k21994k61994k9
  • カラーバリエーション
  • キャンディーサファイヤブルー:K4-422
  • メタリックグレーストーン:K6-974-2
  • キャンディカーディナルレッド:K2-932
  • ブラックパール:K9-124-2
  • 特徴:メガホンマフラーの色はブラック塗装。

1995年:「ZR400-E2」型

  • 1995k21995k41995k9
  • カラーバリエーション
  • ファイアークラッカーレッド:K2-220
  • キャンディーサファイヤブルー:K4-422
  • ブラックパール:K9-124-2
  • 特徴:ジェネレータカバーとポイントカバーが「シルバー」→「ブラック」へ変更。車体色に「GPz」シリーズの「ファイヤークラッカーレッド(単色)」を初採用。

1996年:「ZR400-E3」型

  • 1996k61996k9
  • カラーバリエーション
  • メタリックセレストシルバー:K6-841
  • ブラックパール:K9-124-2
  • 特徴:熱対策としてラジエター位置が若干さげられている。車体色に「Z1000R」風のストライプグラフィックを初採用。

1998年:「ZR400-E4」型

  • 1998k61998k5
  • カラーバリエーション
  • メタリックセレストシルバー:K6-841
  • ライムグリーン:K5-604
  • 特徴:マフラーが「メガホンタイプ」→「スポーツタイプ」に変更。車体色に「ライムグリーン(ストライプ)」を初採用。

1999年:「ZR400-E5」型

  • 1999k51999k2
  • カラーバリエーション
  • ライムグリーン:K5-604
  • ファイアークラッカーレッド:K2-220
  • 特徴:ウィンカーインジケーターランプが「イエロー」→「グリーン」に変更。

2000年:「ZR400-E6」

  • 00k500k9
  • カラーバリエーション
  • ライムグリーン:K5-604
  • エボニーブラック:K9-516

2001年:「ZR400-E7」型

  • 01k501k4
  • カラーバリエーション
  • ライムグリーン:K5-604
  • キャンディーライトニングブルー:K4-445-2
  • 特徴:排ガス規制対応のため「KLEEN」搭載。

2003年:「ZR400-E8」型

  • 03k903k5
  • カラーバリエーション
  • パールミスティックブラック:K9-136-1
  • キャンディーライムグリーン:K5-606
  • 特徴:騒音規制対応のため4速ギア比を「1.380」→「1.375」に変更。

2004年:「ZR400-E9」型

  • 04k104k51
  • 04k5
  • カラーバリエーション
  • パールクリスタルホワイト:K1-046
  • キャンディーライムグリーン:K5-606
  • ライムグリーン:K5-604
  • 特徴:イモビライザー搭載。「ARK」特別仕様車発売。

2005年:「ZR400-E10」型

  • 05k505k9
  • カラーバリエーション
  • ニューライムグリーン:K5-669
  • エボニーブラック:K9-516
  • 特徴:フロントカウルがエアスクープ入りに変更。エンジンカバー類が「ブラック」→「ブロンズ」に変更。フロントフォークアウターチューブが「ブラック」」→「シルバー」に変更。車体色に「Z400FX(E4型)」風のツートーングラフィックを採用。

2006年:「ZR400-E6」型

  • 06k506k4
  • カラーバリエーション
  • ニューライムグリーン:K5-669
  • キャンディープラズマブルー:K4-478

2007年:「ZR400-E7F」型

  • 07k507k9
  • カラーバリエーション
  • ニューライムグリーン:K5-669
  • メタリックディアブロブラック:K9-150
  • 特徴:エンジンカバー類が「ブロンズ」→「ブラック」に変更。フロントフォークアウターチューブとスイングアームが「シルバー」→「ブラック」に変更。車体色に「Z1000H」風のライン入りグラフィックを採用。

2008年:「ZR400-E8F / E8FA」型 最終モデル

  • 08k508k9
  • 08k5k9
  • カラーバリエーション
  • ニューライムグリーン:K5-669
  • パールソーラーイエロー:K3-357
  • キャンディーライムグリーン:K5-606(ラインカラー:メタリックディアブロブラック:K9-150)
  • 特徴:「E8FA」型の追加カラー「キャンディライムグリーン×メタリックディアブロブラック」のみ、フロントフォークアウターチューブとスイングアームが「シルバー」に変更。

「ZRX-II(BC-ZR400E)」

1995年:「ZR400-F1」型

  • 1995k21995k9
  • カラーバリエーション
  • キャンディーパーシモンレッド:K2-915
  • ブラックパール:K9-124-2
  • 特徴:メガホンマフラーの色はブラック。

1996年:「ZR400-F2」型

  • 1996k21996k9
  • 1996k7
  • カラーバリエーション
  • キャンディーパーシモンレッド:K2-915
  • ブラックパール:K9-124-2
  • ビビットパープルマイカ:K7-408
  • 特徴:メガホンマフラーの色が「ブラック」→「メッキ」に変更。

1997年:「ZR400-F3」型

  • 1996k21996k9
  • 1997k6
  • カラーバリエーション
  • キャンディーパーシモンレッド:K2-915
  • ブラックパール:K9-124-2
  • メタリックセレストシルバー:K6-841

1998年:「ZR400-F4」型

  • 1999k21999k7
  • カラーバリエーション
  • キャンディーパーシモンレッド:K2-915
  • メタリックミッドナイトパープル:K7-411
  • 特徴:マフラーが「メガホンタイプ」から「スポーツタイプ」に変更。フロントフォークアウターチューブが「シルバー」→「ブラック」に変更。ジェネレータカバーとポイントカバーが「シルバー」→「ブラック」に変更。ホイールがリム切削仕上げから単色塗装に変更。

1999年:「ZR400-F5」型

  • 1999k21999k7
  • カラーバリエーション
  • キャンディーパーシモンレッド:K2-915
  • メタリックミッドナイトパープル:K7-411

 


2000年:「ZR400-F6」型

  • 00k4
  • カラーバリエーション
  • メタリックノクタンブルー:K4-442
  • 特徴:車体色に「Z1000MkII」風のライン入りグラフィックを初採用。

2001年:「ZR400-F7」型

  • 00k401k6
  • カラーバリエーション
  • メタリックノクタンブルー:K4-442
  • メタリックセレストシルバー:K6-841

 


2003年:「ZR400-F8」型

  • 03k403k9
  • カラーバリエーション
  • メタリックノクタンブルー:K4-442
  • パールミスティックブラック:K9-136-1

 


2004年:「ZR400-F9」型

  • 04k404k9
  • カラーバリエーション
  • メタリックノクタンブルー:K4-442
  • エボニーブラック:K9-516

2005年:「ZR400-F10」型

  • 05k405k9
  • カラーバリエーション
  • メタリックノクタンブルー:K4-442
  • エボニーブラック:K9-516
  • 特徴:エンジンカバー類が「ブラック」→「ブロンズ」に変更。フロントフォークアウターチューブが「ブラック」→「シルバー」に変更。車体色に「Z400FX(E4型)」風のツートーングラフィックを採用。

2006年:「ZR400-F6」型

  • 05k906k4
  • カラーバリエーション
  • エボニーブラック:K9-516
  • メタリックオーシャンブルー:K4-432
  • 特徴:車体色に「Z400FX(E3型)」風のストライプグラフィックを採用。

2007年:「ZR400-F7F」型

  • 07k2
  • カラーバリエーション
  • キャンディーカーディナルレッド:K2-932
  • キャンディーサンダーブルー:K4-461
  • エンジンカバー類が「ブロンズ」から「ブラック」に変更。フロントフォークアウターチューブとスイングアームが「シルバー」→「ブラック」に変更。車体色に「Z1000J」風のストライプグラフィックを採用。

2008年:「ZR400-F8F / F8FA」型 最終モデル

  • 08k908k1
  • カラーバリエーション
  • エボニーブラック:K9-516
  • パールクリスタルホワイト:K1-046(ラインカラー:エボニーブラック:K9-516)
  • 特徴:車体色に「Z1000H」風のライン入りグラフィックを採用。「F8FA」型の追加カラー「パールクリスタルホワイト×エボニー」のみ、ホイールが「ゴールド」に変更。

「現在の中古車市場」

  • products-big-one-jp
  • (出典:products-big-one-jp)
  • 平均中古車相場:45万円前後
  • 最安:25万円~
  • 最高:96万円 

デビュー当時からの人気車種として現在でも安定した価格帯を維持している「ZRX / ZRX-II」ですが、生産終了となり、さらに4気筒400ccモデルの希少性から今後は値上がりしていくことでしょう。


まとめ

  • 10年以上生産され現代版「ローソンレプリカ」として人気を博した「ZRX400」、「ZRX-II 400」は、「走り」に重きを置き、エンジンは信頼性の高い「ZZR400」の水冷エンジン、スイングアームもトラス形状と「ゼファー」との差別化、さらにフロントブレーキはクラス唯一の「TOKICO製:6ポッドキャリパー」を採用するなど、豪華な装備が奢られていました。今後、カワサキのミドルクラスの名車として存在を残していくことでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。