【日産 Z31 フェアレディZ】VG&RB搭載ナローシルエット

この記事は4分で読めます

【日産 Z31 フェアレディZ】VG&RB搭載ナローシルエット

あわせて読みたい記事:【日産・フェアレディ Z(S30)】 実在した悪魔のZ まとめ

あわせて読みたい記事:【日産 スカイライン(R31型)】 復活した直6 DOHC搭載

あわせて読みたい記事:【トヨタ スープラ】 「ワイルドスピード」仕様のスペック・価格

世界的な大ヒットモデルとなった「S30Z」、そして「S130Z」のロングノーズ・ショートデッキという「フェアレディZ」のコンセプトを引き継ぎながら、エアロダイナミクスを重視して、エクステリアデザインをシェイプアップしたのが3代目の「フェアレディZ(Z31型)」として1983年9月に登場しました。

1980年代らしいキャッチコピーは、「較べることの無意味さを教えてあげよう」、「ワルツ・ナイト」、「セラミック・レスポンス」、「SOUL SYNCHRO MACHINE」でした。コンセプトとして掲げられていたのは、開発当初からヨーロッパ製の名門スポーツカーを凌ぐ、ハイパフォーマンスの追求を目標に掲げていました。前期型のエクステリアデザインは社内によるもので、「高木一正」氏を中心としたチームによってまとめられたものでした。

搭載されていたエンジンは、それまでの直列6気筒の「L型」から新世代V型6気筒エンジンである、排気量:2,000cc V型6気筒SOHCターボの「VG20ET型」と3,000ccモデルの「VG30ET型」、日本国外向けにはNA(自然吸気)の「VG30E型」で全グレードにV型6気筒エンジンを搭載しました。1985年10月においては、直列6気筒の「RB20DET型」モデルが設定されました。実に排気量:3,000ccの「VG30ET型」エンジンは当時としては大パワーを誇り、ターボチャージャーは2.0 L/3.0Lモデルともにギャレットエアリサーチ製の「T03型」タービンを使用しています。最大出力:230ps/5,200rpm、最大トルク:34.0kgm/3,600rpmというスペックでライバルとされた「トヨタ スープラ」に搭載される「7M-GTEU型」エンジンが出るまではトップクラスの出力を誇り、Cd値:0.31というエアロダイナミクスに優れた欧州向けモデルでは、最高速度:250km/hオーバーのポテンシャルでした。

販売当初のラインナップは、国内外で異なっていました。

  • 日本国内仕様:全グレードターボ仕様
  • 2.0Lモデル:「Z / ZS / ZG(ZGはTバールーフが設定されている)」
  • 3.0Lモデル:「ZX」

排気量:3000ccの「300ZX」の5速MTは、ボルグ・ワーナー社製の「T5型」トランスミッションが搭載されました。またサスペンションシステムは、全車に減衰力3段階切り替え式の3ウェイアジャスタブルショックアブソーバーを採用しており、「ソフト / ミディアム / ハード」の3段階切り替えが可能となっていました。

さらにエクステリアデザインでは、通常の軸回転式リトラクタブル・ヘッドランプとは異なり、ランプが上下に平行移動するシステムを採用しており、消灯時にもレンズの一部が露出する「パラレルライズアップヘッドランプ」を採用しています。ボディの一部を削ったかのようにしてのヘッドランプを装備という、従来のデザインを踏襲するためではあるものの、別体のパッシングランプを省略するためという実用上の意味合いもあったということです。しかしながら先代モデルが大ヒットとなっていた当時のアメリカでは、ヘッドランプに連邦自動車安全基準に準じない異形レンズの使用を認めておらず、北米輸出仕様では連邦自動車安全基準規格の角型ヘッドランプにドライビングランプを組み合わせた状態のモデルとなりました。


「アニバーサリーバージョン」

1984/1985年に「日産自動車」の創立50周年を記念した「アニバーサリー」モデルを発売しています。アニバーサリーモデルは、デジタルメーターやブラックの本革内装、リアオーバーフェンダー、専用ホイール、左カウルの記念オーナメントなどを特徴となっていました。


「直列6気筒モデルが追加」

さらに日本国内モデルでは、直列6気筒エンジンとなる、排気量:2000cc 直列6気筒 DOHC IC セラミックターボの「RB20DET型」を搭載した「200ZR」モデルのが追加設定されました。実はセラミック製のターボチャージャーはこれが世界初でした。日産は「セラミック・レスポンス」というキャッチコピーでアピールしていました。

また「RB20DET型」エンジンは、「R31型 スカイライン」用として開発されたもので、インタークーラーが上置き形に変更されたため、ボンネット中央に設けられた大型エアスクープがエクステリアの特徴となりました。そして、ノーマルルーフの「200ZR-I」とTバールーフの「200ZR-II」の2タイプのモデルがありました。


「日産 フェアレディZ(Z31)」:スペック

  • 型式:E-Z31型
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,335 × 1,690 × 1,295(mm)
  • 室内全長 x 室内全幅 x 室内全高:860 x 1,440 x 1,075 (mm) 
  • ホイールベース:2,320(mm)
  • 最低地上高:150(mm)
  • トレッド(F/R):1,415 × 1,435(mm)
  • 車両重量:1,215~1,365(kg)
  • エンジン型式:VG20ET型 / VG30DE / VG30ET / RB20DET
  • エンジン形式:水冷V型6気筒 SOHC 12バルブ ターボ(VG型)
  • 排気量:1,998(2,960・VG30ET)(cc)
  • ボア × ストローク:78.0 × 69.7(87.0 × 83.0・VG30ET)(mm)
  • 圧縮比:8.0:1(7.8:1・VG30ET)
  • 最大出力:170ps / 6,000rpm(230ps / 5,200rpm・VG30ET)
  • 最大トルク:22.0kgm / 4,000rpm(34.0kgm / 3,600rpm・VG30ET)
  • トランスミッション:5MT
  • 駆動方式:FR
  • サスペンション(F/R):マクファーソンストラット / セミトレーリングアーム
  • ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク
  • タイヤサイズ(F/R):215/60R15
  • 0-400m加速:14.2秒(300ZX)
  • 最高速度:234.91km/h(300ZX)

「後期型(1986年10月~1989年7月)」

1986年に行なわれたエクステリアの大幅なマイナーチェンジが施されています。このマイナーチェンジにおいてアメリカにおいても異形レンズの使用が認可されるようになり、日本仕様と同様の状態が輸出モデルとなりました。また輸出モデルでは、「ダットサン240Z/ZX~280Z/ZX(S130Z後期型まではダットサンプロダクテッド・バイ・日産のサブタイトルがあった)」から全世界へ正式に「日産(NISSAN) 300ZX」となりました。

そして、特筆すべきことは、1986年日産の北米でのデザイン拠点である「日産デザインインターナショナル」が提案したエクステリアデザインを採用することとなり、3000ccモデルはキャビン部(含むリアゲート)と左右ドア以外のパネルを全てデザインを変更するという大幅なマイナーチェンジが施されたことです。北米輸出仕様と同様のワイドフレアーフェンダーの3ナンバー専用ボディが与えられたのでした。

しかし、2000ccモデルについては、前後のスキンチェンジのみでフロントとリアフェンダーは変わっていません。エンジンは、2000ccモデルのV型6気筒の「VG20ET型」が廃止され、直列6気筒の「RB20DET型」のみとなり、3000ccモデルは前期型から「VG30ET型」を継続する「300ZX」に加えて、NA仕様の「VG30DE型」とゲトラグ製5速MTが組み合わされた「300ZR」が追加されました。この「300ZR」モデルは、締め上げられた足回りと、「Z31型」系で唯一の自然吸気エンジンなどから、古典的でスパルタンな味わいを持つマニアックなモデルとなりました。なお、このマイナーチェンジで、日本仕様の「300ZX」はATのみとなりました。


「中古車相場」

中古車相場:50万円~590万円

  • 200ZR:50万円~
  • 200ZG:50万円~
  • 300ZX:108万円~
  • 300ZR:68万円~
  • 50thアニバーサリーバージョン:568万円~ASK

これから中古価格が高騰しそうな「フェアレディZ(Z31型)」、タマ数も少なくなっていますし程度が良い個体は注目です。


まとめ

V型6気筒エンジンの「VG型」、直列6気筒エンジンの「RB型」という2タイプのエンジンとヘッドライトが特徴的な「フェアレディZ(Z31型)」は、直線的なエクステリアデザインとナローなボディで最高速度や最大出力で当時のスポーツモデルにおいてインパクトを与えた日産の名車です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。