【日産 Z32 フェアレディZ】デザインをランボルギーニも流用

この記事は3分で読めます

【日産 Z32 フェアレディZ】デザインをランボルギーニも流用

あわせて読みたい記事:【日産・フェアレディ Z(S30)】 実在した悪魔のZ まとめ

あわせて読みたい記事:【日産 Z31 フェアレディZ】VG&RB搭載ナローシルエット

あわせて読みたい記事:【日産 フェアレディ240Z】ワイルドスピードのサン・カン仕様

「日産 フェアレディZ(Z32型)」の登場は、1989年7月10日でありコンセプトとして掲げられていたのは流麗なスタイル、スポーツパフォーマンスなど、完璧なスーパースポーツカーを目指した開発でした。イメージは獲物を狙う動物であり、静止した状態でも躍動感のあるフォルムを追求したモデルでワイド&ローというスポーツカーの基本的イメージを決定し、日本本来の良さを持ったアイデンティティーや、いつまでも沈まないカリフォルニアの太陽に映えるボディデザインを検討したというということです。

そして、ワイド&ローの迫力のあるボディの設計にはCADが多用されており、これによりV型6気筒DOHCという全高が高い設計のエンジンを、初代のような盛り上がりなしで低いボンネットに収めることに成功しました。しかし、その結果エンジンルームが狭く整備性が大変悪いという欠点を作ってしまうこととなりました。なんと特にタービン交換はエンジンを降ろさなければならないほど整備性に欠点があるようです。

またヘッドライトは3代目のパラレルライジングタイプから、再び固定式ヘッドライトに戻されています。しかし、欧州仕様のみフルリトラクタブル式が採用されています。ヘッドライトレンズの形状は当時の技術では、反射角度の問題などで実現が困難であったものの、リフレクターの設計やプロジェクターランプの採用でこの問題を解決しています。ボディの一部を削ったかのようにしてライトを搭載するというデザインを踏襲していますが、透明なガラスレンズによってボディは平坦を保っています。このライトは後年そのデザインの良さから「ランボルギーニ ディアブロ」にも流用されるほどデザイン性とエアロダイナミクスに優れたものでした。

さらに「Z32型」の特徴は、ボディサイズが「Z31型」の5ナンバーから3ナンバーに変更されたこと、2シーターおよび2by2と2つのシャシー、ボディがあり、それぞれホイールベースも異なるためシャシー別に設計、製造されています。このことは「フェアレディZ」の特徴ですが、「Z32型」は2シーターと2by2のエクステリアの違いは燃料給油口の位置が2シーターはドアとリヤタイヤハウスの間で2by2はリヤタイヤハウスの後ろに位置していることから容易に判別できるモデルできることも上げることができる特徴です。2by2はTバールーフが標準装備になっており、ノーマルルーフは設定されていません。

パワートレインは、「スカイライン(R32型)」と同じく電子制御式のスーパーHICASがツインターボモデルに装備されており、コントロール性能の向上が図られています。搭載されるエンジンは2種類で排気量:3,000cc V型6気筒 DOHCエンジンが採用されています。「Z31型」の「300ZR」モデルで採用された自然吸気の「VG30DE型(230ps)」と新開発のツインターボチャージャー搭載の「VG30DETT型」でツインターボモデルは日本の自動車メーカーで初めて最大出力280PSに達しました。

この最大出力に関しては当初は日産としては同時期の「スカイラインGT-R(R32型)」や「インフィニティQ45」とともに最大出力:300PSを出し、「300PSトリオ」として発売する目論見がありましたが、「運輸省(当時)」からの指導により3車種とも最大出力:280PSに抑えたという経緯があるそうです。実は日本の各自動車メーカーが実施していた自主規制値の280PSはここから生まれたのでした。なお輸出仕様については最大出力:300PSとなっています。そして、2000年9月に製造終了し、12月に販売終了となっています。


「日産 フェアレディZ(Z32型)」:スペック

  • 型式:GF-CZ32型
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,305 × 1,790 × 1,245(mm)
  • ホイールベース:2,450(mm)
  • トレッド(F/R):1,495 / 1,535(mm)
  • 車両重量:1,520(kg)
  • エンジン型式:VG30DETT型
  • エンジン形式:V型6気筒 DOHC ICツインターボ
  • 排気量:2,960cc
  • 圧縮比:8.5:1
  • 最大出力:280ps / 6,400rpm
  • 最大トルク:39.6kgm / 3,600rpm
  • サスペンション(F/R):マルチリンク
  • ブレーキ(F/R):ベンチレーティッドディスク

「中古車相場」

中古車相場:30万円~ASK

平均相場:150万円


「日産 フェアレディZ32」は、エクステリアデザイン、パワートレイン、すべてにおいて一新されたモデルでワイド&ローボディのエアロダイナミクスを向上させたデザインにツインターボエンジンで高出力と高速走行時のコントロール性を向上させたモデルといえるパッケージでした。今でも古さを感じさせないデザイン、スポーツカーの主流となったV型エンジン搭載は魅力的な「Z」シリーズの一角を背負ったモデルといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。