【コオロギスナック】アメリカで主流となりつつある食品!日本も?

この記事は2分で読めます

【コオロギスナック】アメリカで主流となりつつある食品!日本も?

あわせて読みたい記事:【ゴキブリ】 将来的にサプリメントに? ゴキブリミルクとは?

あわせて読みたい記事:【健康】運動すれば飲酒に伴うリスクは相殺される?どんな運動が必要?

あわせて読みたい記事:【大麻】薬物が合法化されてスイーツとして販売?子供も依存症に? 

健康食品といえば、世界セレブも注目する食品のカテゴリーです。本当に様々な食品が各社から登場していますが、「コオロギ」の粉を原材料とする食品が登場したようです。「チャプル社の」プロテイン食品「クリケットバー」は、同社ウェブサイトにある販売店リストに、健康食品店や上級者向けジムなど、いかにもといった名前が連なっていますが、その中に紛れて「パブリックス・スーパーマーケッツ」の名前があるのです。この「パブリックス・スーパーマーケッツ」は全米に1,100以上の店舗を展開しており、従業員所有企業としては米国最大の食料品チェーンでもあります。しかも、売上高は、アメリカのスーパーマーケットチェーンで上位10位に入る大手なのです。その「パブリックス・スーパーマーケッツ」が「チャプル社の」プロテイン食品「クリケットバー」を扱っているのです。また、「シアトル・タイムズ」誌の記事には、「コオロギのプロテインバーがシリコンバレーのIT企業従業員らの間で流行しており、シアトル周辺に店舗を展開する食料品チェーンのタウン&カントリー・マーケッツもコオロギ食品の販売を予定しているのだという。」との内容が載せられていました。

「コオロギ」食がブーム?

アメリカではここ数年、「昆虫食」が一種のブームとなっていました。

国連の「食糧農業機関(FAO)」は2013年、「昆虫食」が食糧難解消のカギとなる可能性があるとする報告書を発表しました。その中で、「コオロギは、牛の12分の1、羊の4分の1、豚や鶏の2分の1の飼料で同量のタンパク質を生産できる」とコメントしています。

「ウィメンズ・ヘルス」誌によると、「コオロギ」のタンパク質含有量は100グラム当たり約13グラムで、鶏卵およそ2個分に相当するということです。

「コオロギ」はこうして、「未来の昆虫食品(ブルームバーグ)」や「完璧なタンパク質(メンズ・ヘルス誌)」などと流行していったのです。「ポピュラーサイエンス」誌によると、「コオロギ」食品を手掛けるスタートアップは、2012~15年の間に30社以上も誕生しています。だが2015年4月、機を見計らったかのように、「コオロギ」の食品としての効率性を疑問視する研究結果が発表されたのでした。

科学誌の「プロスワン」に掲載された論文によると、「コオロギ」に対し一般的な鶏用飼料と似た餌を与えたところ、「タンパク質変換効率」は鶏とさほど変わらない結果となったのです。またスーパーの廃棄食品を餌にしたところ効率性は飛躍的に向上したものの、30社以上のスタートアップがこうした生産方法を採用することは難しいというコメントをしています。

メディアの間では、「コオロギはそこまで環境に優しくない」(タイム誌)という声や、「コオロギ食品」のブームを単なる一過性のはやりととらえる見方が広がっています。2015年11月には、「全米レストラン協会」が1,600人のシェフの声をまとめて2016年の流行を予測した調査「What’s Hot in 2016」で、「昆虫食」は概ね「過去のもの」との評価を得たのです。

しかし「ビジネス」としては?

  • forride-jp-5
  • (出典:forbes.com)

それでも結論を下すのにはまだ早いといえそうです。というのも「コオロギ食品」は今や、「ジム」や「大手スーパー」など、一般的な消費者の目に触れる場所に並び始めており、主流の食品へと変わろうとしているからです。そう思うとビジネスとしては「○」になります。実際、「コオロギ」はまだ主流のタンパク源とは言えないし、今後もそうなる可能性は低いとはいえ、今後、全米各地の大手食品店の店頭に並ぶことは確かだからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。