【RISE 駆除ロボット】掃除ロボ「ルンバ」の技術を応用し開発

この記事は2分で読めます

【RISE 駆除ロボット】掃除ロボ「ルンバ」の技術を応用し開発

あわせて読みたい記事:【ロボット】世界初の軟体型? 「タコ型ロボット」の開発に成功!

あわせて読みたい記事:【Udacity】自動運転技術の育成が始まる! 卒業後も凄い?

あわせて読みたい記事:【リリウム】 次期型交通手段となる家庭用超小型電気飛行機とは?

アメリカの沿岸で1980年代から繁殖するようになったいわれている外来魚の「ミノカサゴ」は、美しいサンゴ礁をわずか数週間で荒廃させ、在来魚も次々に餌にする危険な生物です。アメリカのロードアイランド州から南アメリカのベネズエラにかけての大西洋に面した一帯で被害を拡大させてきました。「ミノカサゴ」は、食物連鎖の頂点に位置していて天敵は存在せず、繁殖力が強く順応性も高いということです。それゆえにこれまでのところ、繁殖を食い止める手段は確立されていなかったという現状がありました。

  • www-cnn-co-jp-3
  • (出典:www.cnn.co.jp)

しかし、その対策の決め手となるかもしれない「駆除ロボット」の開発が進んでいるというのです。

きっかけとなったのは、アメリカのロボットメーカーである、「アイロボット」社の「コリン・アングル最高経営責任者(CEO)」が、バミューダ諸島で地元の保護団体から、「ミノカサゴ」の被害について伝え聞いたことにありました。

「駆除ロボット」の開発を持ちかけられ、資金提供の申し出も受けた「コリン・アングル」氏は、帰国するとすぐに「非営利組織(NGO)」の「RISE」を創設しました。なんとロボット掃除機の「ルンバ」のために開発した「遠隔操作技術」に「感電装置を」組み合わせ、「ミノカサゴ駆除ロボット」の設計が出来上がったそうです。「駆除ロボット」は水中でカメラを使って「ミノカサゴ」を探し、見付けると2枚の電極ではさんで感電死させるというシステムです。死骸は、ロボットの体内に吸い込んで回収する設計です。

実験では電極にはさまれても「ミノカサゴ」は、逃げることなく駆除されたようです。「ロボット駆除」の仕組みは簡単で効果的ではあるものの、実用化には課題もあるようです。

  • www-cnn-co-jp-4
  • (出典:www.cnn.co.jp)

それは、「ミノカサゴは何百万匹もいること」「何千台もの装置が必要で、安定性が高く安価で安全でなければならない」と「RISE」の幹部の「ジョン・リッツ」氏はコメントしています。

「RISE」は、「駆除ロボット」の値段を消費者にも買える程度にまで引き下げ、スキューバダイバーや漁師に使ってもらうことを目指す予定です。「うまくやれば我々の装置を買ってミノカサゴを殺し、売ったり食べたりしてもらえる。特定種を排除する最善の方法は、人間がそれを食べること。」と「ジョン・リッツ」氏はコメントしています。

また別の魚に対してこのロボットが使われることのないように、ソフトウェアで識別して「ミノカサゴ」のみを駆除する仕組みも開発中だということです。

バミューダ海洋科学研究所の専門家は、もしロボットが成功すれば「ミノカサゴ」駆除の決め手になるかもしれないとコメントし、「ミノカサゴの密集状態を管理できれば、生物多様性やサンゴ礁の生態系に与える悪影響を抑えられるかもしれない」と期待を寄せているようです。

  • www-cnn-co-jp-6
  • (出典:www.cnn.co.jp)

「米海洋大気局(NOAA)」の専門家も、ロボットを使った「ミノカサゴ」駆除に着目していたと述べ、「潜水作業」や「わな」などを使った対策の一環として利用すれば効率が高まると期待しています。「ミノカサゴ」を食卓に載せるための市場の創設も重要だと強調しています。外来種の駆除は、人道的な方法で行う限りは、倫理問題は生じないとの見方も示しているようです。「駆除ロボット」は現在、試作品を使って駆除できる魚の数や必要な電力などを調べる作業が進められています。それで、数年後には実用化され、「ミノカサゴ漁」に投入される見通しだということです。将来的には「ミノカサゴ」以外にも環境を破壊する種の駆除に利用する可能性もあるということで大きな期待が寄せられています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。