【ロゼワイン】セレブが注目し大人気!日本でも大ブレーク間近か?

この記事は3分で読めます

【ロゼワイン】セレブが注目し大人気!日本でも大ブレーク間近か?

あわせて読みたい記事:ビールは低カロリー、低価格 コスパ最高のおつまみ

あわせて読みたい記事:【セレブ】 世界の富豪の資産は? 最初の資産は? ランキング!

あわせて読みたい記事:【ランキング】ミランダ・カー、モデル年収TOP20に 1位は?

ヴィンテージワインは不動の人気で投資の対象ともなっているほどです。これまでは、ワインの「ロゼ」のカテゴリーは、あまり注目されていませんでしたが、アメリカでは「ロゼワイン」の人気が高まっているというのです。アルコールを販売する小売業者向けの専門誌、「ビバレッジダイナミクス」誌のウェブサイト:「beveragedynamics.com」によれば、2015年、アメリカの「ロゼワイン」の売り上げは、2015年比で「31.8%」増しなのです。1本:「11ドル(約1,126円)」以上するボトルについては、なんと「59.9%」と大幅に増加しているということです。

その大きな理由に、「ロゼワイン」を飲む男性が増えていることがあるそうです。パッケージも変化しており、たとえば、ドライでバランスの良い「セーブド(SAVED)」の「マジックメーカー(2014)」のラベルは、タトゥーアーティストの「スコット・キャンベル」氏がエチケットを手掛けており、女性受けも男性受けも良いということです。

人気の理由?

なんと言ってもセレブが注目しているという点があります。ハリウッドスターでセレブの「アンジェリーナ・ジョリー」&「ブラッド・ピット」夫妻が手掛けていたりするのです。というのも、「アンジェリーナ・ジョリー」&「ブラッド・ピット」夫妻とフランス南ローヌ地方を代表する家族経営ワイナリー、「ペラン・ファミリー」が手がける「ミラヴァル・ロゼ」は、世界中のワイン愛好家から絶賛されており、様々な賞の受賞やワインのチャートにランクインしている「ロゼワイン」なのです。

さらに、以前よりも質の高いドライな「ロゼワイン」が増え、ロゼといえば「ホワイト・ジンファンデル」のような甘いピンク色のワイン、というイメージが薄れてきたことも、人気急増の大きな理由のようです。これによって、より幅広い潜在的消費者が、「ロゼワイン」に対してよりオープンな考え方を持つようになり、購入者の裾野が広がったようです。

フィラデルフィアにあるワインバーおよびレストランチェーンの「トリア(Tria)」でワインディレクターを務める「マイケル・マッコーリー」氏は、「ロゼワイン」について「以前よりもずっと男性の間での人気が高まっている」とコメントしています。

さらに、「それには2つの理由がある。まず、本物のロゼを飲んでいると繊細な男であるとを示せること。もう1つは、女性にも人気のロゼを飲んでいると流行に敏感だと思われるからだ。」ともコメントしています。

さらに、ミレニアル世代も、「ロゼワイン」人気を押し上げているということです。彼らは、「ロゼワイン」をはじめ、これまで注目されてこなかった地域で生産されたワインにも、きわめてオープンということです。フルーティーな味わいと土っぽさがあり、食事によく合うギリシャ産の「キル・イアニ・ブランド」の「クシノマブロ・ロゼ(Akakies:2015年)」は、まさにそんなワインの代表です。

「同世代には冒険精神があり、さまざまなブドウで造られた新たなロゼを試してみようと考える。だがそれは、新品種のブドウから造られたワインを試してみたいという気持ちよりも、どのロゼも同じような(優れた)品質だという考え方によるものが大きいと思う」と、ライターでソムリエでもある「ローラ・バーゲス」氏はコメントしています。

ひときわ質のいい赤ワインを造るブドウ園やワインメーカーというのは、高品質な「ロゼワイン」も造ることができる可能性があるという理解が深まったことも、人気上昇の一役買っているということです。

また「ローラ・バーゲス」氏は、「ミレニアル世代がロゼワインとホワイト・ジンファンデルをまったく別物と見ている」ことも一因だ。「ホワイト・ジンファンデルのようなピンク色のワインは甘い、あるいは質が悪いに違いないという考え方は、ミレニアル世代の間にはない」とコメントしています。

ナパバレーの優れたワインメーカーである「スワンソン」では、サンジョベーゼ種のブドウに少量のメルローで味わいを加えた「ロゼワイン」に加え、同じくサンジョベーゼ種の素晴らしい赤ワインも造っています。

2013年のサンジョベーゼ・レッドはベリー系のフルーティーな甘みとスパイスが効いているのに対し、「ロゼワイン」はサンジョベーゼのまた別の顔を見せているようです。

2015年の「ロゼワイン」は、ワイルドストロベリー、スイカ、スパイスの風味をたたえ、後味にかすかに花の香りが感じられるように仕上がっているようです。

スタイルや産地とは関係なく、このドライな「ロゼワイン」人気の高まりは、年齢や性別に関係なく今後さらに広まっていく前兆のように思えます。

「ロゼワイン」は今後も、生産者、ソムリエ、小売業者、そして消費者に同等に恩恵をもたらし続けことでしょう。この人気が日本を席巻する時も近そうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。