【R30 スカイライン】奇跡の極上車:L6のGTグレードの価格

この記事は2分で読めます

【R30 スカイライン】奇跡の極上車:L6のGTグレードの価格

あわせて読みたい記事:【1980年代スポーツモデル】 インパクトを残した名車5モデル

あわせて読みたい記事:【ノスタルジック2デイズ】ジャパンプレミアム選ばれし9台の価格

あわせて読みたい記事:【トヨタ スポーツ800 GRコンセプト】ヨタハチのレース車両

1981年に発売された6代目スカイラインとなる「R30」型は、名車:スカイラインの長い歴史の中で、通称:ハコスカと呼ばれる「C10」型、16年ぶりにGT-Rが復活するきっかけとなった「R32」型と並んで、重要な位置付けと言えるモデルです。この記事で取り上げている1982年式の「スカイラインクーペ GT-ESターボ(HR30型)」は、「R30型:スカイライン」の中でも、シングルカムのターボエンジンである「L20ET」型という伝統の直列6気筒の「L型エンジン」を搭載しています。実に「R30型:スカイライン」は、直列4気筒DOHCの「FJ20E型エンジン」を搭載する「2000RS(DR30型)」がメジャーな存在ですが、直6ターボ、直4ツインカムという二つのスポーツエンジンが存在する珍しいモデルなのです。「R30型:スカイライン」はのちに、「FJ20E型エンジン」にターボを装着した「2000ターボRS」が登場し、「史上最強のスカイライン」というキャッチコピーが用いられ、さらに、「日産」はその「2000ターボRS」で「ハコスカGT-R」以来となるワークスとしてレースに復帰をすることになるのでした。そのために、「R30型:スカイライン」と言えば「2000ターボRS」という印象が強く残ることとなり、「HR30型:スカイライン(L型エンジン搭載)」は伝統のストレート6を持ちながらも、「DR30」の陰に隠れた希少な存在となってしまうのでした。

この記事で掲載されている「HR30型:スカイライン」は奇跡の一台と呼ばれ様々な車雑誌に登場しているこたいですが、美しい状態を保っているのは「ユーティリタス」社のボディーワークによって、エンジンルームとタイヤハウスを含むレストアを施しているからなのです。さらに、外装を塗り直しただけではなく、エンジンやクロスメンバー、足廻りなどを脱着した上で、純正色にオールペイントされているという仕上がりなのです。そして、「L20ET型エンジン」も純正部品を極力多用しながらオーバーホールし、見た目だけではなく、走りやサウンドまでも見事に蘇らせています。

エンジンなどの機械廻りは純正部品やリビルト部品を活用することで、見事に復活を果たしたものの、この車両の見た目の肝となる、サイドのストライプや「2000GT TURBO」などのデカール類は、当然新品など販売されているわけもなく、専門業者によりユーティリタスオリジナルのレプリカ品を作成したとのことです。また、この車両は、ここまで全くと言って良いほど改造をされず、オリジナルの状態を保っているというだけでも十分価値があるのだが、さらに注目して貰いたいのは、前オーナーがこだわって装着したという純正オプションの数々で、今では希少な絶版パーツも満載なのです。

そして、純正オリジナル「AD Three」のフロントスポイラーなどもきっちり再生され、納車された当時のままのスタイルを維持しています。国内最大級の旧車イベントで注目される「ノスタルジック2デイズ」にも登場したこの個体は昭和57年式、走行距離:94,000kmで気になる「ユーティリタス」社での販売価格は、「333万円」となっています。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。