【ボーイング】中国航空市場の今後20年における機体供給額に驚き

この記事は2分で読めます

【ボーイング】中国航空市場の今後20年における機体供給額に驚き

あわせて読みたい記事:【中国】 国営で航空エンジンを開発、生産する戦略の狙いとは?

あわせて読みたい記事:【ソーラー エクスプレス】「月」まで2時間?未来の高速鉄道とは

あわせて読みたい記事:【Udacity】自動運転技術の育成が始まる! 卒業後も凄い?

中国が航空機業界に参入し、航空機エンジンの自社開発・生産を行うことを発表したことが注目を集めていますが、他社の航空機の調達についても大きな関心を寄せています。このほど、アメリカの航空大手「ボーイング」社は9月13日までに、中国の航空会社が機体を購入する費用は今後20年間で計「1兆ドル(約102兆円)」を突破するとの見通しを示しました。「新たに計6,810機」が導入され、1兆ドルを超える規模の航空市場が初めて誕生するということです。

「ボーイング」社の民間機部門「ボーイング・コマーシャル・エアプレーンズ」の「ランディ・ティンセス」副社長は声明で、「中国の旅客数は今後20年間、年6,4%のペースで増えることが予想される。」とコメントしています。また「ランディ・ティンセス」氏は、「中国の長距離路線市場は非常に見通しが明るい」と語り、その理由として「中間所得層の拡大や新たなビザ政策」というのを挙げています。

「ボーイング」社によれば、導入される機体のうち3/4は、「ビジネス客」、「レジャー客」の両方に向けた単通路の90~230人乗りクラスになるとみられるようです。「ボーイング787型機」や「ボーイング777型機」など広胴機も計1,560機が導入され、中国全体の保有数は20年間で3倍に増えるということです。

  • www-cnn-co-jp-1
  • (出典:www.cnn.co.jp)

「ボーイング」社は、中国の航空業界、航空インフラの成長に大きな役割を果たしてきましたが、合弁事業や部品の発注により、中国経済に毎年約10億ドルの貢献を続けているとの見方を示しています。「ボーイング」社が2015年に示した見通しでは、中国の機体購入費は今後20年間で計9,500億ドルになると推定されていました。しかし、2016年に入り結果的には、それをはるかに上回る増額の計「1兆ドル(約102兆円)」ですから、今後の航空機業界のシェアとともに運航においても世界No.1になることでしょう。それにしても、中国経済が鈍化しているなどの経済的な見方が多々ある中で、世界経済に大きな影響を与えている中国市場の力強さを感じさせる「ボーイング」社の発表です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。