【Shop the Look】グーグルのファッションサービス!

この記事は3分で読めます

【Shop the Look】グーグルのファッションサービス!

あわせて読みたい記事:【ランキング】ミランダ・カー、モデル年収TOP20に 1位は?

あわせて読みたい記事:【旧車】 鈴鹿 サウンド オブ エンジン 2016 車 まとめ

あわせて読みたい記事:【ロボット・ドローン】世界で活躍が期待される最新型の使用とは?

「LIKEtoKNOW.it」というサービスが「グーグル」によって新たにスタートするようです。これは、「インスタグラム」で「LIKE」した写真のファッションアイテムを教えてくれ、さらに購入もできるというサービスなのです。なんと、このプラットフォームは、1万人を超えるインフルエンサーたちから、毎日「1,000件以上」のファッションスナップが投稿されているというから驚きです。中にはファッション界で多大な影響力を誇っているブロガーもいるようで、そのコンテンツの重要性は高いといわれています。しかし、「インスタグラム」や「スナップチャット」、「ピンタレスト」の画像やそれに伴う情報はインデックス化されていないために、それぞれの世界にとどまっているのが現状でした。そして、そこに目を付けたのが「グーグル」なのです。

「グーグル」は、「LIKEtoKNOW.it」を運営する「rewardStyle」とパートナーシップを結んで、購入可能なインフルエンサーのアイテムを表示する新しいツール「Shop the Look」の運用を開始することになりました。「rewardStyle」の社長で共同創業者の「Amber Venz-Box」氏は、「グーグルからは今年の春に話がありました。競合サービスに対し有利に立つためには、こういったコンテンツを利用しなくてはならないと理解しています」とコメントしています。

この仕組みが導入されることになれば、例えば「グーグル」で「ウェディング用の衣装」と検索すると、「LIKEtoKNOW.it」のデータベースにある関連コンテンツやメタデータをもとに「ドレスを着ている女性の画像がギャラリー形式で表示」されるようになるという便利さです。

検索結果で表示されるソーシャルメディア上の画像をクリックしてアイテムを購入できるサービスというのは、実は業界初なのです。「LIKEtoKNOW.it」では、アップロードしたコンテンツに提携する「4,000の小売り業者」から選んでアフィリエイトのリンクを張ることができる設定にしているために、ユーザーは気に入ったアイテムを購入できるし、インフルエンサーはコンテンツを収益化できる仕組みになっているということです。そして、「rewardStyle」は売上の一部をマージンとして受け取る仕組みのようです。「グーグル」の新サービスに必要な情報やタグは既に存在しているということです。

「Amber Venz-Box」氏は、「このようなデータを保持しているサービスは多くありません。グーグルの検索結果として表示するからにはそれなりの量も必要です。私たちのサービスを利用してインフルエンサーが毎日1,000件のコンテンツをアップロードしているのです」とコメントしています。

「rewardStyle」の2016年の小売の売上は、「7億ドル(約713億円)」を超えると推測されています。

今回のパートナーシップというは、まだパイロット段階にあるために、ギャラリーに表示されるのは全体の検索の「わずか1%(もしくは約2億件)程度」のみのようです。

「グーグル」は、ニューヨークに始まり、ロンドン、ミラノ、パリで行われる「ファッションウィーク」に合わせた企画を行っており、「fashion week(ファッションウィーク)」というキーワードで検索してもギャラリーが出現するということです。

「ファッションウィーク」のイベントについて検索すると、「ランウェイのコレクション」だけでなくショーを見に来ている「インフルエンサーのストリートスタイル」もギャラリーに表示されるようです。このストリートスタイルに「LIKEtoKNOW.it」が協力しており、もちろんすべて購入可能ということです。

「LIKEtoKNOW.it」の強みというのは、「ブログでコンテンツを作ればインスタグラムからグーグルにまでその内容が反映されること」です。そして、インフルエンサーは、コンテンツにファッションウィーク関連だと示すタグをつけるだけという手軽さです。「Amber Venz-Box」氏は、「その手軽さがカギであり、人気を保つには大量のコンテンツを常に投稿し続けなくてはならないというプレッシャーがインフルエンサーにはあります。インスタグラムでは1日3回の投稿が求められますが、これは大変なことです。それを受けて簡単に様々な場所に投稿できる機能を考えたわけです」とコメントしています。

「Shop the Look」プロジェクトは、「閲覧件数」や「小売業者の売上(ひいてはインフルエンサーとrewardStyleの売上)」への影響や「グーグル」にとってのメリットを検証するために数か月間はパイロット版として展開するということです。

  • fobesjapan-5
  • (出典:fobesjapan)

「グーグル」と「rewardStyle」は、現段階では金銭的な契約を結んでいませんが、「Amber Venz-Box」氏によると、「うまくいけば将来的に収益の分配に基づいた正式な契約が交わされる可能性が高い。」ということです。

さらに「Amber Venz-Box」氏は、「長期的には、グーグル以外のプラットフォームとも提携する可能性がある。今ではどのプラットフォームもユーザーの興味を引こうと競争しあっています。私たちのコンテンツを利用したいと言ってきたのはグーグルが初めてではありません」 ともコメントしています。

今後どのように活用方法や利用価格が明らかになるのか楽しみなサービスです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。